こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ病の薬の辞め時

去年の12月に軽いうつ病と診断されて
・デパス1mg
・レンドルミン0.25mg
・パキシル20mg
を寝る前に飲んでいました。
2月の初旬に新薬の治験を勧められましたが、問診の結果、治験できないくらいにうつが回復していると言われました。

一度飲み始めたら急に飲むのをやめれないとのことでしたが全く減る気配が感じられません。
心療内科に通ってますが、本当に挨拶程度しか会話をしないのでお医者さんに不信感を抱きつつ通院し薬をもらってる状態でした。
何も言えない感じのお医者さんでした。
でも自分にあった心療内科を探すのが大変でつい通院してしまいました。

うつ病になった原因も回復されていたのですが最近やる気がでない、常に眠気がするとかの症状が出て、年齢的に考えて更年期かと思い婦人科に行きました。
今の状況を先生にお話すると「今の貴女からうつ病だの更年期だの考えられない。そういう症状が出るのはお薬が原因ではないのか?飲むのを辞めてみてそれでも調子が悪かったらいい病院を紹介する」と言われましたので勝手にお薬を飲むことを辞めてしまいました。

この判断は間違ってますでしょうか・・・
最近の自分は前向きに考えるようになっています。
もうお薬を飲みたくないです。
飲まないからといって不安はありません。

投稿日時 - 2007-04-08 05:00:38

QNo.2903650

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.2です。
次に病院に行くときのご参考に。

精神科・心療内科だけではなくて風邪などでもそうですが、
まず最初は合う薬を探すところから始まります。

風邪だと5日ぐらいで治っちゃうのでそういうことは少ないと思いますが、それでも、「なんかクラクラする」とか「手が震える」とかいう場合には、違う薬を処方してもらえるものなのです。

精神科や心療内科の薬は「うつの薬」と言っても種類がいろいろあり、「不安感を緩和する」といってもまた種類が複数あります。
人によってどれが合うか分かりません。
なので、1週間なら1週間飲んでみて、次の診察のときに「効いていない気がする」とか「気分が悪くなった」とか、あるいは「少し落ち着いた感じがする」などと、飲んだ様子を言って、その結果で医師が今後の方針をまた決めます。
いいお医者さんだと相談しながら決められますよ。
「これを飲むのは不安だ」とか言えばちゃんと説明してくれるお医者さんもいますし。
でもうつ症状が重い人だと細かい話をする余裕がないし、最初はなんだかわからないので、飲んだ様子だけ正直に伝えて、あとは先生にお任せということになると思いますが・・・・。
私も最初はさっぱり分かりませんでした。後で調べました。

心療内科は体に出る病気が主です。ストレス性の胃炎とか十二指腸潰瘍とかだと思いますが・・・・。
精神科・メンタルクリニックのほうが気分の症状を主に診ます。
でもまあ、そんなに変わらないといえば変わらないような気もします。
うつ症状ぐらいだとどちらでも診てくれますし、心療内科と言いつつ実は精神科医ということもあります。

「精神科・心療内科」という看板も多いですね。
話をしたいのなら、カウンセリングも治療に取り入れている病院が良いです。
丁寧な精神科医は10分15分話を聞いてくれますが、通常の診療とカウンセリングは別のものです。

心療内科・精神科・神経内科の違い
http://homepage3.nifty.com/BANBAN_MD/column/clm_distinction.htm

カウンセリングとは
http://2.csx.jp/~counselor/counseling
カウンセラーって何?
http://www.f5.dion.ne.jp/~with/kaunnseranani.htm

こんな風にhttp://www.ginza.jp/g-med/counseling.html
提携カウンセリングルームがある病院もあります。
また、病院にカウンセラーが来て、院内カウンセリングを受けられる病因もあります。
院内カウンセリングだと健康保険適用内で受けられると思いますが、回数に制限があります、たぶん。
院外にある提携カウンセリングルームだと保険適用外であることが多いです。
60分で8000円~1万円ぐらいが相場かな?と思います。
いずれにしても医師と提携しているカウンセラーには一定以上の水準は期待できるでしょうから、安心は安心です。
国家資格である医師と違って誰でもカウンセラーを名乗れるので、質や技術がいろいろなんです。

ただし、きちんとしたカウンセラーでも、相性が合わないとうまく行かないので、それはまたカウンセラーを変更してもらったり、適宜対処することになります。
カウンセラーの変更は失礼なことではないし、失敗でもないです。

中には精神科医でカウンセラーの資格を取っている医師もいますので、そういう先生は話を聞くのが上手かもしれません。
でも診療だと一人にあまり長い時間が取れないことが多いです。
1人1人丁寧に接してくれる先生だといいんですが、その代わり、待ち時間が長いです(^_^;

投稿日時 - 2007-04-09 09:46:18

お礼

追加でご回答してくださり、本当にありがとうございます。

私はこういう病気になったのが初めてで何からしていいのかわからずとにかく「心療内科」に行くことしか頭にありませんでした。
そして「話を聞いてもらいたい」と思うだけでした。
しかし実際は何となく通院して何となくお薬を飲んでいた状況でした。
もっと自分の病気のこと、自分の飲んでいるお薬のことを「知る」ことが大切だということを改めて気が付かされました。

症状が軽い=心療内科、重い=精神科
と、いう間違った考え方もしていました。
あまりにも無知でしたね(^-^;

結局のところお薬を飲んでいないのですが、頭がすっきりしてます。
飲みだしてからずっと眠い状態で常にやる気がない状態でした。
今、全くないとはいえないのですが眠い状態から脱出してます。
(やる気は何となくありますが)

教えてくださったサイトを参考にしてもっと病気のことを知ろうと思います。
本当に親切丁寧にありがどうございました。
また何かありましたらよろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-04-09 14:43:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

うつ病歴4年の者です。
厚生の障害年金3級です。

抗うつ剤の止め時ですが、
まず大前提に自分で判断する物ではありません。
判断するのはあくまでも医師です。
そこを誤っては行けません。

私の経験上、勝手に薬を止めると
あとで反動が必ず来ます。
それも前より酷くです。
最悪自殺願望が出るでしょう。
脅してる訳ではありません。
私の経験と知り合いのうつ患者を見て
お話しています。

でもどちらの先生も、
こう言っては失礼ですがちょっと”ヤブ”医者ですね。
精神科で会話が無いのは不思議です。
私は、精神科の先生の顔を見るだけで
安心します。
それと会話も当然します。
自分が不思議に思った事は必ず先生に聞きます。
薬も先生と相談して決めます。

婦人科の先生も自分の専門領域外を診断するのは
インチキですね。

たしかにうつと女性の場合、更年期と
症状が似ている所があります。
非常に判断は難しいと思います。
ですが、勝手に抗うつ剤を自分の
判断で止めるのは避けた方がいいでしょう。
うつは治癒する病気ですが
非常に波があります。
良くなったと思っても
ちょっとした事でうつの波がぶり返します。

あと重要な事は、
なぜあなたが始めに心療、精神科に行ったのでしょう?
この事を自問自答して下さい。
いくつも医者を回るのは賛成出来ません。

投稿日時 - 2007-04-08 09:05:45

お礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
私は先生の顔を見て安心することはありませんでした。
話をしたくてもなかなか話させてくれません。
だから「ヤブ」っぽいと思われても仕方ないですね(苦笑)
おっしゃる通り、勝手に判断するのはいけないとわかってます。

>あと重要な事は、
>なぜあなたが始めに心療、精神科に行ったのでしょう?
>この事を自問自答して下さい。

鋭すぎます・・・
もう一度初心に戻るというのはおかしいかもしれませんが、よく考えてみたいと思います。

投稿日時 - 2007-04-08 16:05:21

ANo.3

初めまして。
一度ストップしたらどうでしょうか?
私は過去トリプタノール・デパス、朝・昼・夜・寝る前に処方していました。
トリプタノールは中止しました。
デパスは今だ服用中です。
先生も素人に出す場合(患者さん)症状に応じた薬を処方しているはずなので、ストップすると悪くなる可能性もあると思います。
薬物ってインフルエンザで話題になった治療薬みたいに特効性のある場合と毒になる場合があります。
もしかして合ってないかもしれませんね。
私は飲まないと睡眠の面で寝つきが飲んだときと3時間くらい違うので飲んでいます。
人それぞれ違うと思います。
挨拶程度の診察ならもっとカウンセリングっぽい所に変わられた方がいいのでは・・?

投稿日時 - 2007-04-08 08:43:23

お礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
「心療内科」というところはそういうものだと思ってました。
もっと会話をしたいならもっとお金を払う、また「精神科」を薦める友人がいましたので、うつ初心者ということもありその通りに従ってました。
薬をやめてまだ2日ですが・・・今のところすっきりした感じです。
焦らずにもう少しじっくりと病院を探してみる方向でいきたいと思います。

投稿日時 - 2007-04-08 15:58:39

ANo.2

パキシルについて。
たしかに急にやめない薬ですが、少しずつ減らします。
10ミリをしばらく続けるとか。
ただし、症状が消えてすぐに減らしはじめないほうが良いと思います。
よくなったらそのまま何ヶ月か続けるのが最近の主流だと思います。
6ヵ月とか。。。。これは再発予防の意味があります。
早く切り上げすぎるとまた悪くなるかもしれないので。
http://nakaoclinic.ne.jp/disorders/dep2_2.html

それよりも、不信感があり何も話せない感じの医師であることのほうが問題だと思います。
他のお医者さんを探してみるのもいいかも。
新しい医師に以前の経過は話したほうが良いです。どういう薬をどのくらい飲んでいたか。どこまで治療していたのか分かっていないと適切な判断ができないので。ちゃんと理解してくれるお医者さんがどこかにいるはずですから。

婦人科の先生は親切そうですが、処方されている薬の内容をきちんと理解していらっしゃるのでしょうか。
同じ医師でも精神科治療のことをさっぱり分かっていない医師もいます。
個人的には、分かっていない人の言葉は信用しないことにしています。
かえって治療の妨げになるので。
これは医師より周囲の素人のほうが多いかもしれませんが・・・・薬は良くないとか、早くやめたほうがいいとかね。
「お薬辞典」で注意点や副作用を調べてみるのも良いですよ。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html

投稿日時 - 2007-04-08 08:11:01

お礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
お医者さんを信じれないということ事態が問題であるということは私自身もずっと思ってました。
しかしどこをどう探していいのかわから半信半疑で通院していた感じでした。
すぐに白黒をはっきりさせたくなるのでどうしても勝手にやめてしまうという最悪な結果を選んでしまって少し後悔してますので地道にまたお医者さんを探してみようと思います。

投稿日時 - 2007-04-08 15:52:55

ANo.1

私も、判断が正しいのかh分かりませんが・・・

2月に肝機能障害になり薬をやめるきっかけができました。
即入院で精神科併設の病院だったのもあり、安心して肝臓の治療に
専念しているうちに、必要ないような気がしてきました。
退院後1ヵ月半になりますが、頓服の(入院中も一応許可出ていた)
レキソタンを気になって寝れないなと思ったときにお守り代わりに
飲んでみますが、普段はもう支障はありません。

病気になっているうちに、何が自分にストレスになっているのかが
はっきり見えるようになったので、脳内での対処が可能になったと
勝手に思っているのですが。。。
退院後も、心療内科には通っていなくて、独断で止めましたが、
今後(戻る気はしないですが)最悪の頃のようになったら行こう、と
思っていますので、自立支援の方は更新はしています。

本来、勝手にやめるということは「治療の医師が無い」ということで
今後の治療は診ないというお医者さんもいます。
念のためにお話しはされてきた方がいいかも知れません。

私も、今はもう少し様子が診たいのですが、話しに行くつもりです。

投稿日時 - 2007-04-08 05:44:30

お礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
勝手にやめるということはいずれにしてもよくないということなのでお医者さんにはっきり言おうと思います。

投稿日時 - 2007-04-08 15:46:22

あなたにオススメの質問