こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ペンタックスK100と K10、キャノンEOS KissDX(+単焦点レンズ)

よろしくお願いします。
デジタル一眼レフの購入を考えています。
今まではフィルム一眼レフでPENTAX MZ-5と Canon EOS Kiss、
ネットで猫ブログを書き出してからはコンパクトデジカメの
富士フィルム FinePix F810を使っており、デジタル一眼レフの経験はありません。
用途・ポイントは、


・主な撮影は室内で自宅の猫の撮影(白ねこ・黒ねこ)。
・あまりフラッシュは使いたくない。
・時々、旅行等でスナップ撮影にも使いたい。
・プリントする時は普通のL判、PCで使う時もA4以下。
・今まであまり望遠側が必要な時は無かった。


といったところです。
購入に関してペンタックスK100と K10、キャノンEOS KissDXの3つで迷った末、
ペンタックスK100に心が固まりつつあるのですが
以下の点で不安がありアドバイスをお願いします。





●「ペンタックスは動くものに弱い、特にK100DのAFスピードやホワイトバランスは
 問題がある、室内等ではAFが迷い時間がかかる」という書き込みを見ました。
 そんなに高速で動く猫を撮るわけではありませんが、
 室内フラッシュ無の撮影だとそれほどキヤノンと差があるものなのでしょうか?


●フィルム一眼レフの時は、レンズは1本しかなく交換したことがありませんでした。
 今回購入しても頻繁にレンズ交換しないと思いますが(旅行に行く時交換するかも程度)
 何らかのゴミ対策をしているK10DやEOSと比べて、やはり問題があるでしょうか?
 私は無精な方で今まであまりメンテナンスをした事がありません。

 
● 3つのうちどのボディを購入してもフィルム時代のレンズが一本あります。
 (ペンタックスはsmc PENTAX-FA 1:4 28-70mm、
  キャノンはEF35-80mm 1:4-5.6 と記載されたレンズがあります。)
 そこで、一番たくさん使うのは室内の猫の撮影だろうという事を考えて
 レンズキットは買わずにボディのみ購入し、明るい単焦点レンズを購入して
 旅行等でズームレンズが欲しいと思った時はフィルム時代のレンズを
 使えばいいかなと考えています。
 このレンズの買い方はおかしいでしょうか?


●キャノン機を購入した場合のレンズはまだ考えていませんが、ペンッタクスの場合は
 smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited
 が気になっています。せっかくだからデジタル用レンズ、それで明るいレンズ、
 と思い選んだだけで深い意味はありません。薄くてかわいいな、ぐらいですが
 室内で40mm(換算で60mm位?)、またF2.8は厳しいでしょうか?



長々と申しわけありません。
カメラの知識はほとんどなく、勉強中ですので、
質問の内容におかしな所があるかもしれません。
どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2007-04-08 13:19:37

QNo.2904290

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 銀塩一眼レフからのキヤノンユーザーで、デジタル一眼は初代EOS Kiss→EOS 20Dを使っています。

 まず、AF速度についてですが、「暗いところで遅くなる」というのは、AFが迷ってピント位置を決めるのに時間がかかる、ということを意味します。従ってこれは「AF精度の問題」です。
 また「明るいところでは大差ない」というのは、純粋にAF速度の問題になります。
 このAF精度と速度についてですが、キヤノンの場合はかなりの部分レンズに依存します。特にAF速度についてはレンズ内のモーターでAFを駆動している関係上、完全にレンズに依存します。
 精度についてはボディ側のAFユニットの性能に依存するのですが、AFセンサー、例えばKiss DXの中央のセンサーはF2.8以上のレンズを使ったときにフル性能を発揮します。

 というわけで、単にAF精度、速度といっても、なかなか単純には比較できないです。ペンタックスはまたシステムが違いますから。
 ただ、単純にAF速度ということであれば、キヤノンの最速といわれるレンズ(例えばEF70-200mm F2.8L IS USM等)は、まさに"爆速"の速さです。こればかりは、ニコンも全て含めてダントツに速いですね。

 レンズ内モーターでAFを駆動しているレンズでは、超音波モーターを採用しているレンズが一般的にAF動作は速いです。
 ペンタックスはそのあたりははっきり遅れているので、AFの絶対的な速さでは、キヤノンと大差が付いていると考えて間違いないです。超音波駆動のレンズもほとんど展開してないし。

 ゴミ対策については、やはりないよりあった方が良い装備だと思います。
 レンズ交換をしなくてもゴミは侵入しますし、一度付着したゴミは自然にはまず取れてくれません。
 マメにメンテをする人でしたら良いのですが(私も定期的にゴミ掃除をしてます)、無精な人でしたらなおさら有り難い装備かと思います。

 レンズですが、明るい単焦点のレンズ、というのは良いと思います。
 ただ、古いズームレンズは写りがかなり落ちるので、特に単焦点の良いレンズと比較してしまうと、そちらの早々に買い換えたくなること必至でしょうね。
 レンズキットですが、キヤノンでもペンタックスでも、キットに付いてくるレンズは非常に安価な割には写りが良く、なかなか重宝します。
 なので私はレンズキットを買っておいた方が無難、と思います。

 ペンタックスの一連のパンケーキシリーズは魅力的ですよね。
 21mmもあるのですが、F3.2とちょっと暗いので、室内撮影には少し辛いかと思います。
 撮る写真によっても違いますが、40mmという焦点距離は良いところを付いているのではないかと。
 私はEF50mmF1.8IIというレンズでよく遊びますが、室内にはやはりほんの少し長すぎるか、と思います。

 キヤノンユーザーですが、最近のペンタックスには非常に魅力を感じています。
 私なら1000万画素、ゴミ対策、手ブレ補正、防塵防滴構造のK10Dが良いですが、K100Dも魅力的なモデルだとは思います。
 実際、このボディ内手ブレ補正は魅力的すぎです。
 何を買うか迷っているうちが一番楽しいものですが、良い買い物ができると良いですね。

投稿日時 - 2007-04-09 01:38:12

お礼

とても詳しく有難うございます。
キャノンのレンズカタログを貰ってきました。
凄いですね....ラインナップの数が全然違いますね。
EF70-200mm F2.8L IS USMも見つけました。
天文学的値段なレンズかと思いきや、一般人でも手が届く価格なのですね。
(私には届きませんが.....)
これだけの性能をもっていて凄いですね。

カメラ屋さんにも「デジタル用と昔のレンズの差はそんなに気にしなくていい、
でも単焦点レンズはかなり違いますよ」と言われました。
ますます単焦点への思いがつのりました。
40mmレンズについて、良いところをついていると言ってもらえて嬉しいです。
距離がひっかかっていたので。

カメラ選び、楽しいですね。
フィルム一眼時代、最近ではほとんどauto機能ばかり使っていたのですが
また写真への想いが再燃してきました。
有難うございます!

投稿日時 - 2007-04-10 04:46:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

 No.3のJaga39です。ちょっと補足を。

 「防滴・防塵機構」と「ゴミ対策機構」は別のものです。
 防滴防塵機構は、カメラボディのあらゆるところに水滴や埃が入りにくいよう対策を施したもので、埃っぽい場所や雨の中でも、ある程度支障なくカメラを使えるようにする仕様のことです。
 雨の中剥き出しでカメラを使っていたりすると、レンズやボディに水が入り、内側から曇ってきたりします。防滴・防塵機構のカメラだと、ある程度は気にせずカメラを使える、というものです。
 決して「防水」ではないので、よほど酷い土砂降りの中などではやっぱり曇ったりしますが。当然、程度によっては電気系統がショートして壊れることも。
 そういうわけですので、防滴防塵機構のカメラの場合、レンズも同じ防滴防塵機構のものを使わないと、意味が半減します。ファインダーは曇らなくてもレンズが曇れば、やっぱりまともな写真は撮れませんから。

 これに対し、「ゴミ対策」というのは一般的に、ボディ内に入ってしまってセンサー(正確にはセンサーの前にあるローパスフィルタ)にゴミが付着してしまったものを、超音波や振動等によって除去する、という機構のことです。
 センサーにゴミが付着すると、そのゴミは(絞りにもよりますが)撮影した写真に写ってしまいますので、時に非常に、非常に鬱陶しいものです。
 ほとんどのデジタル一眼は、ミラーアップ状態にしてブロアでゴミを吹き飛ばすためのモードがありますが、ブロア程度ではなかなか綺麗には落ちず、酷くなるとサービスセンター入りすることになるでしょう。

 ボディ内にゴミが入るのは、もちろんレンズ交換時が最もハイリスクなのですが、一度もレンズ交換をしなくても入るときは入ります。
 ですから、ゴミ対策機構は非常にありがたい装備です。

 防滴防塵機構では、もちろんレンズ交換時のゴミ侵入は防ぐことができませんし、センサーに付着してしまったゴミを取ることもできません。
 これは雨や埃などの悪条件下でも故障しにくく、またそういう条件下でも「きちんと写真が撮れる」ためのシステムなので、一般的には「ゴミ対策」の方が遙かに有効です。

 まあ、写真歴がそれなりに長くなってくると、「防滴防塵構造のカメラが欲しいっ!」と思うようにはなりますけどね・・・
 雨の中でも撮りたいモノは見つかりますし、その時にカメラをラフに扱えるのはやはり魅力的です。

 なお、私もやはりレンズ交換の時はなるべくマウントを下に向けてするようにはしてますが、実際のところこれは「気休め」でしかありません。
 デジタル一眼レフユーザーが闘っている"ゴミ"とは、空中をふわふわと漂っている微粒子上の埃だったり、交換するレンズのマウント部に付着している埃だったりするので。
 「マウント部を下に向ける」ことで付着を防止することができるゴミは、空中を落下してくるような"巨大な"ゴミだけですから・・・そんなゴミなら、例え付着してもブロア一発で吹き飛ばせるので、たいして厄介でもないですし。
 なので「ゴミ対策機構」はやはりとてもとても魅力的な装備なのです。

投稿日時 - 2007-04-11 01:15:57

補足

>>●皆様へ●

補足から失礼します。

悩みに悩んだあげく
今の時点では室内猫の撮影が中心になるので
手振れ補正があること、防滴防塵機構のレンズが今は買えないこと、
そしてパンケーキレンズの魅力から
本日、ペンタックスK100Dボディを購入しました。
(単焦点レンズは取り寄せでした)


皆様のアドバイスがなければ、ただなんとなく買ってしまっていたと思います。
ここにきて得る知識は多く、よく考えた上で決断できました。
本当にここで相談してよかったです。


本来なら全員の方にポイントを差し上げたいのですが
やむなく申しわけありません。
今回、回答してくださった方は
皆とても親切で詳しく、とても助かりました。
本当に有難うございました!

投稿日時 - 2007-04-13 02:27:31

お礼

ゴミ対策の違いについて、有難うございます。
今まで全くメンテナンスをしてこなかったので非常に参考になりました。



デジタル一眼レフでペンタックスを選んだら
キャノンのレンズやボディは下取りに出そうと思っていたのですが
いつか2台目を買うことがあれば絶対キャノンにしたいと思うので
キャノンのレンズは大切にとっておこうと思います。

一度目カメラ屋さんに見に行った時は
それほどAFの差がわからなかったのですが
本日もう一度店にいって、色々な角度を変えてシャッターを半押しし、
ファインダーから目を離して外からレンズの動きをみていたら
他のカメラは少しジジジっと迷うけど
キャノンは一発でスッとAFが合う事が多いのを実感しました。

2回もとても詳しく回答、有難うございます!

投稿日時 - 2007-04-13 02:27:05

ANo.6

#4です。

>「FISHEYE」と記載されていないと魚眼にはならないという事なのでしょうか?
そうです。FISHEYE(魚眼)と書かれていないとあの独特な描写は得られません。
あの独特の歪みを「歪曲収差」といいますが、広角レンズほどこの収差が顕著になりますが通常は歪曲しないように補正しています。
歪曲収差を補正しないレンズが魚眼レンズです。
ほかにおもしろいレンズというと、トキナーが魚眼ズームを出しています。APS-C専用だったと思いますがトキナーの10-17mmF3.5-4.5「AT-X 107DX Fisheye」(Nikon,Canon用のみ)。
魚眼でズームはこれだけです。
http://kakaku.com/item/10506011793/


>ペンタックスは高感度機能が優れている、というのを見かけましたが
コンデジに比べればデジタル一眼のノイズ特性は優れています。
しかし各社のデジタル一眼を比較した場合キヤノンが高感度ノイズのざらざら感はほとんど感じられません。

投稿日時 - 2007-04-10 07:35:38

お礼

なるほど、よくわかりました。
動物を撮るのにも、風景を撮るのにも、
あのダイナミックな歪みは面白いですね。

魚眼レンズのこと、気になっていたので
今回の質問で教えてもらえて助かりました。

今回は魚眼レンズまでは買えませんでしたが、
とても参考になりました。
次は魚眼レンズを買いたいです!

2回の回答、有難うございました。

投稿日時 - 2007-04-13 01:52:10

ANo.5

tombanです。

「防滴・防塵機能がないと」
確かにフイルムカメラより多少気を使わないといけませんが、神経質にならなくていいです。
レンズ交換のとき「ボディをマウントを下にして」レンズを脱着する癖をつけると良いですよ。
4に関してはそういう意味で結構です。
あとより早いシャッターが切れること、猫から少し離れられることと、それによって緊張をさせずらいこと、光線が順光の場合、自分が影になることを防げることなどのメリットが生まれます。

投稿日時 - 2007-04-09 14:43:10

お礼

なるほど、下を向けてつけると塵がボディに溜まるのが少なくなるって事ですね。
心がけます。
もっと広角、広角とばかり考えていましたが
距離をあけられる利点があったのですね。
確かにうちの猫はカメラを近く向けられると「キャキャキャ」と
敵をみつけた時の鳴き声を出していました。

2度も回答ありがとうございます!


今日、もう一度違うカメラ屋さんに見にいくので
じっくり考えてきめようと思います。

投稿日時 - 2007-04-10 05:06:06

ANo.4

質問をざっと読んで、ポイントだけ…

・ホコリ対策
 EOS Kiss Digital Xはホコリ対策がされているはずです。

・AF速度/精度
 共にキヤノンの方が有利でしょう。
 とくにAF速度という点では、キヤノンにはUSMレンズというものがあります。
 超音波モーターのことでリングUSMタイプのレンズを使用するとAFスピードの速さにカルチャーショックを受けます(笑)
 例)EF17-40mmF4L USM、EF70-200mmF2.8L(F4L)USM
 精度もキヤノンに一日の長があります。KissデジにもF2.8対応センサーを惜しみなく使っているので他社の入門機より価格が高いだけの性能はあります。(違うかな?)

・ペット撮影の際のおもしろレンズ
 15mm対角魚眼。面白い写真が撮れます。
 例えば、犬や猫の顔をアップで撮ると「鼻デカ写真」が撮れます。これは、他のどんなレンズでも不可能。魚眼レンズならではです。
 価格と性能的にはSIGMA 15mmF2.8FISHEYEがお奨め。
 レンズ先端1cm以下まで寄れます。

・その他
 KissDigitalXは他社と比較し高感度撮影時のノイズが非常に少ないのも特徴の一つです。
 これは何を意味するかというと、ストロボを使えない暗い場所で威力を発揮します。
 積極的に感度を上げてシャッタースピードを稼ぐことが出来ます。

投稿日時 - 2007-04-09 03:27:37

お礼

魚眼レンズ、実はとても気になっていました。
動物の鼻デカ写真は、どれもとても可愛いですね。
(ヘビとかでも可愛くなるのかな...)

私は勘違いしている気がするんですが、「16-45mmの超広角レンズ」等を買えば
16mm側では魚眼になり45mm側では標準近く写せて便利だと思っていたのですが
「FISHEYE」と記載されていないと魚眼にはならないという事なのでしょうか?
すいません、バカな質問で。


ペンタックスは高感度機能が優れている、というのを見かけましたが
あれはISOの範囲が広い(3200まである)という事だったのでしょうか。
高感度の画質はやはりキャノンが優れているのですね。

回答有難うございました。

投稿日時 - 2007-04-10 04:57:23

ANo.2

1、大きな差はありません。むしろ「シャッターボタンの押し方」というか「半押しを連続して行う(放したり、押し込んだりを連続させて、AFの性能だけに頼らない)」ことで、AFの精度は上げられます。
2、ごみは私の場合パソコンで「レタッチ」してとりますので、気にしていません。
3、風景等で「広さが足りない」と言うことはありそうです。
しかし、室内撮影での「明るいレンズ」というのは効果抜群です。
4、F2.8は良いのですが「近接」がどれくらい必要か、というのは考えたほうが良いですね。
私ならば50ミリにします。

投稿日時 - 2007-04-08 19:17:48

お礼

1.大きな差はないのですね。ほっとしました。
 このシャッターボタンの押し方、初耳です。なるほど、やってみます。
2.パソコンであまり加工したことありません。付属のソフトで
 ある程度できるという事でしょうか。あまり気にしなくていいんですね。
 ただ、私の場合、あまりメンテナンスしないので、
 レンズつけっぱなしの今までは特に壊れることもなく使えていたのですが
 これからは防滴防塵機能がないと頻繁に修理に出すはめになるのか、心配になりました。
3.28mmだと換算42mmですよね。やはり風景には物足りなくなりそうですかね...
 う~ん、悩みます。
4.近接の頻度でしょうか?アップ写真よりは全身撮影が多いと思います。
 50mmの方にする、というのは近接が多いなら、という事でしょうか?
 的はずれだったらすいません。

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2007-04-09 01:12:36

ANo.1

K10DやK100Dは暗いとどうしてもAFが遅くなります。
明るければ問題ありません。
AEは若干こける事もありますが、他の機種は絶対こけないなんて事は無いので・・・
K10DはRAWで撮れば、カメラ内で現像して調整できますし、フィルムのカメラと違って、レタッチソフトを使用すると多少の色味を調整する事はできるので、そんなに気にしなくてもいいかもしれません。
ゴミもレタッチソフトで消す事ができますから、そんなに気にしなくても大丈夫です。

28-70mmを10万円前後以下で購入できるデジタル一眼で使用すると、センサーのサイズが小さいので、焦点距離が1.5倍相当になります。
28-70mmはちょっと広角側が不足する程度ですが、35-80mmは全く広角じゃなくなりますね・・・
ボディと単焦点でも買って、ズームレンズは従来のもを使用してみて不足に思うようなら17-70mm程度のものを購入してみては?

40mmは風景を撮影するにはちょっと画角が狭いですね。
35mm位が換算50mmに相当するので、標準レンズにとして使用出来ます。
どういう焦点距離で撮影する事が多いのかというのをよく考えて、レンズを選んでみては?
同じようなパンケーキレンズに、21mmと75mmがあります。
カメラにレンズ一つだけ付けて散歩でもするなら、21mmの方がいいかも知れません。

投稿日時 - 2007-04-08 14:03:16

お礼

早速の回答ありがとうございます!

AFは室内でも明るければ問題ないんですよね...
特に撮影用のライトがあるわけではなく一般的な家庭の電球ですが
そんなに気にする程ではないという事でしょうか?
canon機より「遅くなる」程度ならいいかと思ってます。マニュアルも出来るわけですし。
しかし全くシャッターが降りない事が度々あるのならちょっとストレス溜まるのでしょうか。
RAW撮影はした事ありません。すごく上級者がしているもの、と思っていました。
K10で使うなら便利そうですね。

レンズの事、詳しく有難うございます。
そうですね、先ずはボディと単焦点の購入で様子見てみます。
一番よく使っていたのは広角側だったので
21mm(換算30mm程?)が丁度理想的です。
しかしペンッタックス純正のデジタル21mmはF3.2なので
室内用にするには明るさが不安でした。
純正でないレンズも視野にいれた方がいいのでしょうか....
パンケーキに未練が残りますが。

詳しく教えて頂きありがとうございました!

投稿日時 - 2007-04-09 00:49:59

あなたにオススメの質問