こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

物損の交通事故で困ってます。

数日前、交通事故を起こしてしまいました。
事故に関する費用の負担を軽減できないでしょうか?

事故は、前方の車の急ブレーキによる、追突事故です。
前方が乗用車(相手)、後方から追突したのが原付(当方)です。
事故後、警察を呼び検分は行われ、当方は怪我(打撲、軽症)をしたため、救急車で病院に行きました。
病院の後、警察にて、人身事故にしない方がいいようなことを言われ、現状は物損事故になってます。警察にて特に調書は取られてません。
当方は任意保険に入っていないため、保険は使うことができません。
警察に、相手方の保険の代理人が来ていて、今回は過失10:0なので、保険を使わず、こちら(当方)で全て負担してください、ということで、その日は帰っていきました。
相手方のバンパーの傷とライトカバーがわれてしまったので、修理の見積を取っており、総額20~30万円程度の修理費になると聞いてます。
現状で当方は、全額払うとも、払わないとも言ってませんし、サインもしてませんが、圧倒的に不利な状況と考えております。
当方が過失割合が高いことも、任意保険に入っていなかった自己責任も認識しておりますが、少しでも負担を減らすことはできないでしょうか?

質問のポイントは、以下の3点です。
(1)上記の事故内容で、個人(当方)で、相手方の保険屋とやり取りして、過失割合を少しでも減らすことは可能か?
(2)現状、相手も物損のみだが、こちらが人身事故に切り替た方が得策か?また、その際、相手が人身事故に切り替えた時のリスクについて
(3)今回の事故の場合、相手が急ブレーキの為の追突だが、10:0でこちらが10になる可能性は?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えいただきたく、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-04-17 13:40:51

QNo.2928220

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

相手の保険に弁護士特約が付いていると貴方は相手の弁護士と
やりあうことになります。

相手の過失を問うことは無理です。
それなりの理由があって、急ブレーキを掛けたのなら、相手の過失は
問えません。

貴方が任意保険に加入していないのなら、修理代の妥当性も貴方が
自ら調べるしかありません。

貴方が人身に切り替えても、相手の自賠責は使えないので、すべて
貴方の自腹での治療になるだけです。
相手も怒って、病院へ行って診断書をとり人身事故にされる可能性も
ありますよ。

わずかな保険料を惜しんで無保険で走行していたのですから、
出費は仕方ないでしょう。
相手がヤクザでも、任意が無保険なら貴方は自分で命がけで交渉する
ことになるのですよ。

投稿日時 - 2007-04-17 16:47:29

ANo.6

俺もけっこう事故の経験ありますが、相手も走っている
なら相手の過失0ってあり得るのかな?と思ってしまい
ます。信号待ちで止まっている車にsocatさんがぶつかっ
ていくなら0:10ですが。

俺も相手の車に急ブレーキをかけられて車の後ろにぶつ
けた事ありますが、その時は俺の前に車が割り込んでき
てさらに急ブレーキをかけられたので過失割合的には車
のが悪かったですよ。

人身事故にしても相手の立場ば悪くなるだけで、過失割
合は物損だろうが人身だろうがまったく同じです。

何かの時の任意保険ですから修理代が払えないならなお
のこと保険には加入した方がいいですよ。
ちなみに原付でしたら車のファミリーバイク特約で加入
すればすごく安いですよ。

投稿日時 - 2007-04-17 15:07:19

お礼

ご親切なアドバイスいただきまして、誠にありがとうございます。
今回の急ブレーキは、相手方の車にタクシーが右から幅寄せをしてきた為に発生しました。相手方も言っています。
任意保険は、早速当方の保険屋に連絡してすぐに入ります。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-17 15:47:58

ANo.5

1→現状は難しいでしょうね。
2→ケガがあるなら人身処理していた方が良いですね。処分としては安全運転義務違反ぐらい?業務上過失傷害としては他人をケガさせた場合で、自分で自分を傷害罪には問えません。おかしいことになります。
3→自賠責は被害者救済目的保険です。100%加害事故でない限り自賠責では補償される可能性があります。
99%加害事故 つまり相手側に1%の過失でもアリ(急ブレーキという過失?)とされれば20%減額されて補償されます。
自賠責は120万が限度ですが、重大な過失として20%減額の96万補償される可能性はあります。

治療は健保で罹れば、治療費が安くなり自賠責限度枠内に収まる効果もあり、また他の補償枠(休損・慰謝料など)が多くとれます。
ダメ元(可能性はあります)で自賠責に被害者請求する価値はあると思います。

相手保険屋と交渉というより、この場合は当事者同士になると思います。保険屋がする示談交渉は契約者に過失がある場合の、その過失部分にたいして対応するのみ・・・。
契約者が無過失もしくは無過失主張の場合は「非弁行為」として対処することはできません。

投稿日時 - 2007-04-17 15:00:41

お礼

ご回答、ありがとうございます。当方が無知なので、大変助かります。
治療費については、休日で救急車に乗った上での緊急だったので、保険がきかないと病院で言われました。2万5千円くらいかかって驚いてます。ケガはたいしたことが無かったので、むしろラッキーと思ってます。
また、保険屋が介入してこない理由は、「無過失主張」のケースにあてはまるからですね。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-17 16:00:08

ANo.4

交換するパーツを中古品(リユース品)にしてもらうくらいでしょうかね。

保険会社も通常、支払い保険金を減らすために行っていることです。環境問題もあり、「何が何でも新品と交換」ということは減りつつあります。
ただし、ディーラー系ですと新品と交換が一般的ですね。

投稿日時 - 2007-04-17 14:55:32

お礼

ご回答、どうもありがとうございます。
外車であることもあり、相手は新品交換を望んでいるようです。
相手は保険を使わないので、当方へ適正な値段の見積が来ることを祈っております。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-17 16:02:44

ANo.3

1)警察の実況見分の内容がわかりませんがまず軽減は無理でしょう。
 車両同士で貴方が原付として弱いのですが
 追突では分が悪すぎます。(車間距離維持は運転者の義務ですから)

2)行政処分・刑事罰処分で貴方が処罰されますよ
 また相手が人身事故として診断書を出してきた場合
 物損の金額に治療費+休業補償等莫大な賠償費を請求され
 任意保険がない貴方側はさらに苦しくなると思います

3)1の観点からもほぼありません。
 過失割合は貴方が10で先方が0でしょう・・・

追突する位なら、横へ逃げて自爆するほうが安上がりだったのに・・・
同じ原付バイク乗りの体験談で任意保険は重要ですよ。
(相手がタクシーだったら物損でも今の請求予想に0が1つ軽く増えますよ)

投稿日時 - 2007-04-17 14:17:32

お礼

ご回答いただきまして、どうもありがとうございます。
1については、警察でも同じことを言われました。ご回答いただき、理由がわかりました。
2について、現在は幸運なことに、相手は人身事故にはしておりません(人身になるような事故ではありませんでしたが。)こちらも人身にはしないで、修理費だけで終われば幸いかなと思います。
自爆でよけられなかったのは悔やまれますが、今は軽傷で済んだことを考えるとしょうがなかったとも思っております。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-17 16:08:22

ANo.2

(1)まず無理でしょう。 過失割合が10:0であるならば保険会社は介入してきません。
(2)人身事故に切り替えると警察介入になり、前方不注意で貴方の免許証に傷が付く可能性があります。
(3)10:0が警察の見解かどうか分かりませんが、急ブレーキは道交法違反にはなりません。 この場合は貴方の前方不注意だけとられると思います。

(1)の件ですが、保険会社は自分のところの支払が発生しない限り示談交渉に出てこないケースが多いです。 そうであるならば当事者同士の交渉となると思います。

残念ながら貴方の状況が改善されるにはかなり難しいと思います。 修理代に関しては、貴方が知っているところがあったらそこでも見積を取ることをお勧めします。 相手は最高の修理をしようとしていることもありますから。

投稿日時 - 2007-04-17 13:55:27

お礼

ご回答ありがとうございます。おっしゃるとおり、人身にすると減点があるようなことは警察に言われました。
現段階では、相手も人身にはなっていないので、こちらも物損だけにしようと考えております。
当事者同士については、見積が提示されてから、お話しようと思っておりますが、修理費用については、適正な金額で連絡が来ることを祈っております。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-17 16:17:12

ANo.1

(1)上記の事故内容で、個人(当方)で、相手方の保険屋とやり取りして、過失割合を少しでも減らすことは可能か?

急ブレーキの内容が書かれていないのでなんともいえませんが、
・極端な急ブレーキ(ブレーキ痕あり)
・必要がないのに嫌がらせの急ブレーキ
などであれば、相手にも過失割合を認めさせることが可能かもしれません。
逆に言えば、正当な理由がある急ブレーキか、それほど急じゃない急ブレーキ(単にあなたが急と思っただけ)であれば、相手の過失割合を認めさせることは困難でしょう。
また、海千山千の保険会社相手にそのことを認めさせるのは、交渉力という意味でも難しいです。弁護士を雇うしかないかもしれません。でも1割過失認めさせたところで2~3万の利益ですから、割に合わないでしょう。

(2)現状、相手も物損のみだが、こちらが人身事故に切り替た方が得策か?また、その際、相手が人身事故に切り替えた時のリスクについて

あなたに大半の過失がある以上、人身事故にするとあなた自身が行政処分(免許の点数・免停)や刑事処分(罰金)の対象になる可能性があります。
また、人身事故にしてもあなたの過失が10割であれば自賠責保険は使えませんから、いずれにしても治療費は自腹です。したがって、相手が怪我してないなら物損扱いにしておいて貰うのが得策でしょう。

(3)今回の事故の場合、相手が急ブレーキの為の追突だが、10:0でこちらが10になる可能性は?

(1)に書いたとおり、よほど極端な急ブレーキでなければまず追突方が10割の過失です。道路運行上、前方の車が急ブレーキをかけても追突しない程度の車間距離と注意をもって運転することが、運転者の義務です。

投稿日時 - 2007-04-17 13:53:20

お礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
相手の急ブレーキは故意ではありません。
警察も10:0という割合は無い、と言ってましたが、後ろからの追突には、ありえるんですね。勉強になりました。
今回の事故の件では、警察の対応がとても親切で優しかった理由がわかった気がします。当方に同情的だったのかもしれません。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-17 16:29:07

あなたにオススメの質問