こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学生活で残るものって・・・?

今年大学に入学した者です。ちなみに友達はできましたが、サークルにはまだ所属していません。
正直、大学がおもしろくありません。高校と違って毎日毎日朝から晩までみっちり勉強や部活があるわけでもないし、
高校時代に資格を取りまくったせいで取りたい資格も特に無い。
プライベートの時間がほしいくせに1人でいると寂しい。でも、友達と一緒にいても疲れてしまう。
そして自炊にもうんざり。

高校生活はとても充実していて、毎日が濃厚でした。現状の大学生活と高校時代を比べると、この間延びした毎日がとてもつまらないのです。
金の問題にはしたくありませんが、金があればサークルにでも入って新しいことを始めたいのですが、実家からの仕送りも少なく
新しいことを始めるための資金もありません。

自分のバイタリティの無さを恨みたくなるのですが、何かを生み出そうと思ってもなぜか力が湧いてこないのです。
4年間で自分に何が残るだろうと考えるとただ、そこそこの大学を卒業したと言うことしか残らないような気がしてとても心配になり、
なぜ高校を卒業して就職しなかったと後悔する自分がいるのです。
大学で残るものって何なんですかね?大事な時間と金を費やす4年間を無駄にしたくありません。どうすれば実のある大学生活を送ることができるのでしょうか。教えてください。

投稿日時 - 2007-04-18 01:19:13

QNo.2929952

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

大学入学おめでとうございます。
私の友人はあなたのような気分で学生生活を過ごしていましたので気になり、回答しました。

私の友人は大学時代に人との交友関係が少なく、アルバイトも経験が少なく、サークルにも入らず、さびしい生活を送っていました。
私は彼の唯一の友達かもしれません。

彼はもっと遊んでおけば良いなあ、アルバイトをもっとしお金稼げばよかったなあ、海外旅行に行けばよかった、ボランティアやサークルしとけばなあと後悔しています。

準引きこもりという言葉を知ってからは、「俺のことだ」と彼は気にしていました。
私も知っている言葉ですが、彼はその定義に当てはまるところがあります。質問者さんにはそんな風になってほしくないです。

そういうわけで、就職活動の際に会社に提出する書類(エントリーシート)を書くときは彼は憂鬱そうでしたよ。
自分には何も取り柄がないと絶望的な日を送り、書類を書くのが苦痛でしたし、面接で「学生生活にがんばったことは?」と聞かれるのがつらかったといっていました。

まあ、そんな彼でも就職先が決まったときは我が身のようにうれしかったです。

学生生活についてですが、
理系なら今が自由なときですよ。専門の授業が本格的になると、遊べないわけではないですが実験やレポートが忙しくなります。まずいえることは平日の昼間は遊べません。

>金があればサークルにでも入って新しいことを始めたいのですが、実>家からの仕送りも少なく新しいことを始めるための資金もありません。

すぐにバイトを始めてください。
でも日雇いなんかしないでくださいよ。
友達に言うのが恥ずかしい(経験者より)し、就職のときのエントリーシートに書くのも恥ずかしいですよ。
お金がちゃんとかせげ、長く続けられるようなもの、いい経験になるものをしてください。

>そこそこの大学を卒業したと言うことしか残らないような気がしてと>ても心配になり、なぜ高校を卒業して就職しなかったと後悔する自分>がいるのです。

そんな気持ちで生活をおくっていると、就職するときに苦労します。
厳しくいいますが、卒業しても就職できないなら話になりませんよ。
サークル・旅行・バイト・ボランティアなど学生時代に経験すべきことは多いのですよ。

私の友人は前述のように就職活動に苦労しました。
エントリーシートに書く内容は(=面接で聞かれること)
「学生時代にがんばったことはなんですか」
「自己PRをしてください」
(エピソードを交えて、たとえばリーダーシップをアピールするなら部活のキャプテンでの活躍をPR)

最近の企業が求める人材は、
 ・リーダーシップ
 ・コミュニケーション力(対人関係力)
 (~「人と接するときに何を注意しますか?」と面接で聞かれますよ。)
 ・バイタリティ
などです。

 これらの素質を見るために面接官は「過去に何をしてきたか?、何をなしとげたか?」を見るのですよ。
 詳細は就活本を見てください。

あなたの学生生活ではなぜいけないかがわかりますから。

すぐに事を起こしてください。
あっというまに3年生の後期になり、就職活動に突入してしまいますよ。時間がたつのは早いですから。

こんなに強く「学生時代に何かをしろ」と私があなたに忠告するのは、何も就職活動のネタのためだけではありません。
自由な学生生活を楽しんで欲しいからです。

社会人になると、お金が入りますが、時間がないですから。

すばらしい学生生活を送ってください。健闘を祈ります。

投稿日時 - 2007-04-30 19:16:03

ANo.8

時間があるからこそ、何かをしてみてはどうですか?高校は学校に自分があわせていく感じですが、大学は学校が何も干渉してこないので、自分で何かしなければならない。だったら、趣味とかバイトに精を出してみては?自分は長い夏休みを利用して、自転車で四国を一周しました。こういったものは高校時代ではできず、社会人でも無理なので、貴重な経験だと思います。なんでもいいので、経験を積んでみてください。

投稿日時 - 2007-04-19 01:20:57

ANo.7

大学に行かずに社会に出たとしても、毎日毎日朝から晩までみっちり勉強や部活に相当する何かがある訳では無いですよ。仕事だって自分で探さなければいけません。社会は何も押し付けてはきません。ホームレスになるのも自由なんですから。

『大学で残るものって何なんですかね?』と仰いますが、多分なにも残らないですよ。大学はただの容器ですから。重要なのはその容器のなかで『何を残すか』という事です。受動的ではなく能動的に考えてください。大げさですが貴方の質問は『人生で残るものって何ですかね?』なんていう絶望的な質問に繋がるような思考ですよ。

大学という限られた社会システムの中で、能動的に何かを残すというのは、その後、社会というもっと複雑な舞台に出た時に役に立つのだと思います。大学外でアルバイトなんかも良いと思いますよ。別の大学の大学生と知り合えるし、何しろ収入が入る。そうすればサークルにも入れるし、友達の輪が広がるのではないですか?このままボーーっと過ごすか、ここで奮起してバイトに精を出すか。それを貴方が自由に選べるんですよ。こんな贅沢な選択を出来る時期は他に無いですよ。どちらが貴方にとって「実のある大学生活」なのか、それを考えたら答えは既に出ている気がします。

投稿日時 - 2007-04-18 11:02:14

ANo.6

私の場合は大学生のうちにしかできないことを・・・と考えてまずしたのは「勉強」でした。
一番怖いことは、「知らないこと」だと思うんですよね。案外、自分がもう知っているよと思っていることは単に知っているだけで理解していないものも沢山ありますしね。
研究や勉強のなかで、調査にいったり友達とかかわったりして得たことは何にもかえられないものでしたし、有意義なものであったと思っています。
もちろん、勉強だけではなく旅行も行きましたし、遊んだりもしました。自主自律して自分を考えていけば高校よりも社会に近い勉強も友人関係もできますし、有意義になると思いますよ。

大学生は時間がありますし、自分自身のこと、将来のことを考える時間がたくさんあると思います。

質問者さん自身、将来の自分がどうありたいかというのが描けていないような気がします。将来のありたい自分を考えてそれに向かって四年間をどう過ごすか考えてみてはいかがでしょうか。

ただ、その際に考えてみてほしいのは「どこにも理想の場所なんてない」ということです。実際に入学してみて「ここは違ったかもしれない」と思うことも多いと思います。でも、そうではなく「その場所を最高のものとして自分自身に立脚するだけの自分」をつくることを考えてみてほしいと思います。

投稿日時 - 2007-04-18 10:55:13

ANo.5

私が学生時代にしていたことは、アルバイトでした。

でも、アルバイトだけしていたわけではありませんよ!
アルバイトの仲間とご飯を一緒に食べに行ったり
(当時お金は持っていませんでしたから、
ファミレスなどにいっていました。)
フリマ、ライブなどなどいろいろなところに出かけていきました。

他大学のサークルに何度か参加するうちに
そこでも友達ができて、いろいろなところに遊びに行ったりもしました。
今でもその友人とは仲がいいです。

学生時代に同じクラスの友達の家に泊まりに行ったりもしました。
そのときに学校では聞けない本音
(学校のこと、恋愛のこと、親のことなど)などを話したりした
思いでもあります。深夜3時くらいまで平気で話し込んでいました。

一人で海外旅行もしました。
今でも「あのころは・・・」と思い出し、余韻に浸っています。
いい思い出も嫌な思い出もあります。
ですが今となっては貴重な体験です。
社会人になれば長期休暇を取るのはかなりむずかしいと思います。


絶対に学校と自宅の往復をしないでください。
本当につまらない学生生活になります。

新しい自分を探す(見つける)ために、
何か、新しいことにチャレンジしてみてください。
思い切って一歩踏み出してください。何かが始まります。

投稿日時 - 2007-04-18 08:49:13

ANo.4

大学生活は自分から積極的に動かないと
何も始まりませんよね
自分も最初は友達がいなくて
「大学つまんねー・・」と思っていましたが
がんばって友達をつくって、旅行に行ったり、
友達の家に泊まっていろいろ雑談して楽しかったです。

とりあえず、サークルに入ったほうが良いのでは?
友達の輪が広がり、充実すると思いますよ
あとはバイトですかね
いい社会経験にもなるし、同年代の人がいたら
友達になれるかもしれませんしね

学校-自宅を往復するだけの大学生活は絶対にやめましょう
とてもつまらない大学生活になりますよ
就活で「大学生活で一番楽しかったことは?」と聞かれたら
何もいえませんでしょう?
ですから、積極的に行動して充実した大学生活にしましょう!
健闘を祈ります

投稿日時 - 2007-04-18 01:56:59

ANo.3

学生でないとなかなかできない。といってまず思いつくのが長い旅行ですね。
時間があるのでしたら、バイトでお金を貯めて休みに長い旅行にでも行ってはいかがですか。
資格のように「形」として残るものではないですし、その経験が人生にどう生きるかなんてその人次第ですが、少なくとも無駄な時間にはならないはずです。動機もバイタリティも目的も要りませんよ。行った事ないに行ってみるっていうだけのことですから。
バイクでツーリングするもよし、東南アジアなどに一人旅するもよし。その辺の好みは人それぞれですが。あくまで一例ということで。
興味があることを見つけて自分で勉強をするとかもアリですが、それって人に薦められてやることじゃないですしね。

投稿日時 - 2007-04-18 01:45:03

ANo.2

素晴らしい考え方をしていると思います。
質問者さんにはお金をかけず、時間にある程度追われた充実した大学生活を望んでいます。
下記はヤフーのボランティアサイトです。
こうしたボランティアで社会に還元し、人脈を作ることもその一つです。日本語ボランティアで留学生と親しくなったり、不要な服を集めアジア各地に送ったり様々な目的のものが全国にあります。

私自身を振り返っても大学時代の4年間はまったりしていますが、生涯の友人を作るのに大切な時期でした。友達作りを含め、充実した学生生活を送ってください。

http://volunteer.yahoo.co.jp/

投稿日時 - 2007-04-18 01:36:08

ANo.1

気分転換にアルバイトでもしてみたらどうでしょうか。
自炊が面倒なら、飲食店ならご飯が出るところが多いですし。そうすると食費も浮くので、一石二鳥です。ちょっとした社会勉強にもなりますし、大学外の友人もできます。
大学で残ったものは、私の場合は卒業後も遊べる友人と、自由な時間を思い切り使った旅行の楽しい思い出です。
社会人になったら自由な時間は少なくなったので、趣味だと公言している旅行にだって、そうしょっちゅう行けなくなっています。
大学時代の自由な時間を使って旅行した楽しい思い出が、その後の私の人生で辛いことがあっても思い出すたびに心がなごむ、貴重な支えとなっています。
高校を卒業してすぐの就職はもっともっと大変だと思います。少なくとも私にはできませんでした。

投稿日時 - 2007-04-18 01:27:39

あなたにオススメの質問