こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

建築条件付きの物件

建築条件付きの物件(土地で現在は更地)を購入しようと話を聞いたのですが、売り主の不動産屋が建て売りで物件販売をしようと建築士に設計を依頼して建築確認を申請して着工予定であった為
その建築確認を取得したプランを変更する場合は(自分の希望とは全然違うので)新たな建築設計料と建築確認申請料、プラス以前の建て売りプランの建築設計料、建築確認申請料、さらにフラット35申請料(自分は使用しません)、地鎮祭費(自分のプランの前の物)まで請求され、支払わなければ、物件の販売は出来ないとの話でした。
これは支払いをしなければいけないのでしょうか?仲介の不動産屋との話では、施工する工務店が決まっているだけで、プランも自由に出来ると聞いていたのに建築士もイメージが変わるからと言ってプランの変更したがりません(設計費払うのはこちらで、家は設計士の作品では無いと思うのですが・・)不可解です。

投稿日時 - 2007-04-22 11:57:55

QNo.2940750

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>実際は売り主の不動産屋に付いている建築士に設計を依頼しないと販売出来ないとのことで、宅地の販売契約と住宅建築の請負契約を同時に契約をするように言われました。

変更できないということは、建売を建築条件付きと偽って広告を出しているわけですね。
宅地と建築の契約を同時にすることは、ありえません。(一般的には、3ヶ月以内というのが多いです。)

すべての青田売りが違法というわけではありませんが、どちらにしても購入者にはメリットなんてありません。
強いて言えば、建売物件の建築課程を見られるということくらいです。

世間を賑わせているような耐震偽装物件を掴まされるのがオチですので、係らないほうが良いでしょう。
自分の造るものに自信があるなら、このような販売形式をとる必要もありませんからねぇ。

投稿日時 - 2007-04-22 20:31:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

多少の費用を支払っても白紙に戻せるなら契約解除をお勧めします。

どうして条件付にするのかと言えば、土地を有る程度安い値で設定しお客を付ける、そしてグルになっている設計士や工務店で荒利を稼いで山分けするって事です。

思った家を建てられる可能性は極端に低く、高いお金を取られて欠陥住宅で悩む可能性は非常に大です。

今のうちに授業料のつもりでお金を捨てても、一生楽しく住めるお家を改めて計画してください。

失敗しない家作りはお勧めのサイトで見て下さい。

投稿日時 - 2007-04-23 11:17:18

ANo.2

建築条件付きの物件=宅地の販売です。
そこに建てる住宅の設計費や確認申請料などは、すべてあなたが負担すべきものです。
相手の主張としては、建売として買うなら設計料は必要ないが、建築条件付き宅地として買うなら新たに設計費が必要ということでしょう。

まず建売なのか?建築条件付き宅地の販売なのかを明確にしてください。
後者の場合、設計はあなたの自由です。売主と関係の無い設計事務所にプランの作成を依頼しても問題ありません。(当然、費用はあなたの負担です。)

建築条件付き宅地の販売は、宅地の販売方式であって、住宅の販売形式ではありません。
したがって、宅地の販売契約と住宅建築の請負契約は、別々に契約します。
同時に契約を迫る内容だとすると、俗に青田売りと呼ばれる違法販売ですね。

結論としては、売主に設計費その他を支払う必用はありませんが、別の設計事務所等に設計費を払って図面を作成する必要があります。
売主に無料で新たな設計をさせることは、出来ません。
質問者さんは、プランが自由=設計費が含まれていると勘違いされているのではないでしょうか?

投稿日時 - 2007-04-22 15:22:39

補足

そこに建てる住宅の設計費や確認申請料などは、すべてあなたが負担すべきものです。

これは了承しております。仲介の不動産屋の話でこの物件の建築条件付きとは、施工工務店が決まっているだけですとの説明でした。
実際は売り主の不動産屋に付いている建築士に設計を依頼しないと販売出来ないとのことで、宅地の販売契約と住宅建築の請負契約を同時に契約をするように言われました。結局、建築条件付き宅地の販売ではなく
建っていない「建売」という事だったんですよね。
自分としては売り主と宅地の販売契約、直接工務店と住宅建築の請負契約をむすび別の建築士もしくは工務店に建築設計費を支払い設計を依頼
したいところでした。

投稿日時 - 2007-04-22 18:23:30

ANo.1

契約後の話なのか、契約前の話なのかによって、話は異なります。

契約後なら、契約書に従って解決することになります(契約書にどうかいてあるか、確認してください)。納得できなければ、契約解除するのも一方法ですし、それに伴い経費が掛かるなら、市町村(都道府県)の消費生活センターに相談するのがベターだと思います。

契約前なら、売り主の申し出が契約内容になりますから、いやなら契約しなければ良いし、売り主も契約しないと思います。

どちらにせよ、高い買い物です。納得できなければ買わない、これがベストでしょう。

投稿日時 - 2007-04-22 12:33:08

あなたにオススメの質問