こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ガーデニングと猫

我が家の小さなお庭は、残念なことに荒れ放題です。
今度のGWには予定がないので、「庭を好きに改造していい」許可を両親から取りました。

今、植えられている中で機能?しているのは、キンモクセイと紫陽花。他は抜いてもいいそうです。

イメージとしては「バラとハーブ」のある、小さな庭にしたいです。
まずは雑草を抜いて、土を掘り返して…と思っています。


ですが、我が家は猫を3匹飼っています。近所の野良猫も好きに庭にやって来る状態です。
このような環境で、ハーブガーデンとミニバラ園は造れるのでしょうか?努力次第とは判っておりますが…
自分自身がガーデニング初心者なのも、不安のひとつです。

気をつける点や、「絶対無理」でも何でも、アドバイスありましたら、お願いします。

投稿日時 - 2007-04-23 08:00:51

QNo.2943225

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

作れますよ。
私も猫が大好き、庭仕事が大好き。今も猫がいますし、近所の野良ちゃんも来ます。
でも、被害にあったことはありません。

猫がせっかく造った庭園(?)を縄張りにしない方法。
それは、隙間をなくせばいいのです。花やハーブでいっぱいにしてしまえばいいのですよ。
そして、トイレにするにも、寝床にするにも居心地悪くすればいいのです。

まず、スペースを作って、土作りをしたら、苗を植え、周りにパークチップなどを敷き詰め、薄めた木酢液をかけておきます。
焦げ臭いような匂いがしますが、匂いがするだけで済みます。
土にも植物にもいい影響があるし、バラやハーブに良く虫たちも嫌がる匂いなので、虫の被害も最小限に抑えられます。
<生きた虫だけを食料>にするガーデニングのパートナー・・カエルやクモやトカゲなどにはなんら被害はありません。

猫は、そのうちその匂いになれてしまいますが、それをまた繰り返せばいいのです。
そのうち、ここを縄張りにしてはいけないのだということを学習します。
猫は学習能力があるので。こちらも根気が必要ですが・・・。

我が家の猫は、花が咲いているところは、飛び越えて通過していくだけになりました。
バラのところには、近寄りもしませんね。大きく育っているということもありますが。
そのうちには、花壇が植物でいっぱいに埋まってしまえば、居場所としては使えなくなってしまうでしょう。

ただ、雑草化してしまうと、かえって猫にとっては居心地いいベッドになってしまうことでしょう。ご注意を・・・

投稿日時 - 2007-04-23 10:54:52

お礼

アドバイス、ありがとうございます。
まず猫との共存が大丈夫ということで、なんだかとてもほっとしました。

ガーデニング自体について初心者の中の初心者なので、お礼をどう書くべきかにも悩んでしまうのですが…
出来そうなところから、取り入れさせていただきたいと思います。

隙間のないハーブ畑…映像だけハッキリ頭にあります。すごく憧れです。頑張ります!
どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2007-04-25 21:48:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ミニバラって小さい花で低く育てるバラのことでしょうか?
それなら露地植よりも鉢植えの方がいいと思います。
棚を作ってそこに並べるのです。
背が低いのでテーブルや棚に置いて眺める方が似合うと思います。
これなら猫にやられません

鉢やプランターは猫のお気に入りの寝床になるので竹串を沢山立てておくといいです。

露地植には金網で筒を作ってかぶせるか全体をネットで囲うといいです。
あるいは園芸店で「野菜ガード」や「苗ガード」を買ってきてかぶせます。
それと他の場所に猫が掘ることが出来る場所を作ってやることです。
種は箱に播いて大きくなってから定植するといいです。
種を播いた箱に猫が寝るので金網(餅網など)をかぶせておきます。

我が家では畝全体に防獣網をかけていますが猫は網の下を持ち上げて中にはいります(T▽T)アハハ
猫は結構頭がいいのでいつも裏をかかれます。
いくら叱っても効き目がありません。
庭を耕していると嬉しそうに見ているのです。
「ア!掘るところが出来る\(=^・^=)/」なんて

投稿日時 - 2007-04-23 09:06:07

お礼

アドバイスありがとうございます。

ミニバラ、以前鉢植えで育てていて、その大きさのバラのつもりでした。質問してからいろいろ探してみて、バラの種類の多さにのけぞっております…。でもどれも綺麗でした!
ですが、今の自分には鉢植えを並べる方がよさそうだな~とも思いました。笑

そうなんです、猫は頭がいいんですよね。色々教えてくださって、ありがとうございます。
頑張って、猫と花との共存を目指したいと思います。

どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2007-04-25 21:36:34

ANo.1

>近所の野良猫も好きに・・・・
このような環境で、ハーブガーデンとミニバラ園は造れるのでしょうか
 作れます。 ただし野良猫を撃退することは不可能ですのである程度の被害は覚悟してかかる必要があります。 この猫対策が最重要課題となります。
<想定される被害内容>
*糞尿をあちこちにたれる。 庭に猫のフンの匂いが充満してガーデニングどころではなくなる。(匂いがしている中で花づくりなどできねえ)
猫は糞をするとき
1.穴をほる
2.糞をする。
3.土をもどしてかくす。
   (結構丁寧に隠すのでパット目では中に糞があることがわからない。 当然この状態では匂いはしない。 さあ花を植えようかなと思って土を掘ると出てくるというかんじですね。)

*猫はところかまわず土をほじくるので種や苗を痛める可能性が高いので大事なものはネットをかぶせた状態にしないとやられる。

*猫は単独行動する動物ですので徘徊する野良猫はすべてお庭に出没する時間帯やルートがことなるはずです。
 このそれぞれの行動パターンを熟知することが第一となります。そしてそれぞれの行動の中で糞尿をする猫が入ればそれを容認してトイレをその場所に作ってやると被害は拡大しません。(トイレ用砂置き場:我が家で建物の西裏側でしているのでそちらに砂を置いてさせてます。つまり猫は糞をするとき土を掘る・・・戻すという作業をしますので掘りやすい土を与えればそこでしかしなくなるという逆説的方法で解決策をさぐるのがよろしいのです。
 猫!。来るな!。防護柵ネット。これでは被害が拡大するだけなんですねえ。・・・・)

 一番完璧な方法をひとつ教えましょう。 これも猫の習性を逆手に取ったやり方です。 
 それは単純明解です。 「土を掘れなくする」ことです。
つまり飛び石、レンガ、玉砂利などを敷いていてガーデニングする場所とそれ以外とをはっきり区分することがまづ必要です。
 そしてガーデニング場所が決まり土壌改良が済んだら前面に5mm目程度の防風ネットを敷いて周りをプラスチック製のピンで固定してしまいます。
 それから必要なときに種をまき苗を植えます。 苗の大きさに合わせてはさみで目をかっとするばよろしいです。 我が家では門より玄関までのアプローチ途中の金木犀の周りの三角スペース6平米程度をこの作業で猫を完全シャットアウトして現在はグランドカバーの「ワイルドフラワー」をまいています。 すでにいろいろな種が満開です。
 何事も経験、試行錯誤です。 ガーデニングは失敗していくらの世界ですから気にせずガンガンやってください。
 ただひとつアドバイスさせていただければガーデニングにもポリシーが必要です。 庭造りをする人の趣旨がはっきりしていないと園芸ショップもどきの庭となってしまいます。
 ただ奇麗なだけではガーデニングにはなりません。 より自然にナチュラル志向で計画的な庭造りが成功の秘訣です。 植栽スペースと何もない空のスペースの共存がガーデニングの鉄則であることを覚えなくてはなります。 

投稿日時 - 2007-04-23 08:49:26

お礼

アドバイスありがとうございます。

とりあえず、猫は対策をきちんとすれば大丈夫なんですね。ほっとしました。

ポリシー…お恥ずかしいながらまだまだ未確定なのですが、数年後に完了する水まわり工事の関係で、全体の思いきった改造は難しそうです。ちょっと残念です。
スペースを区切って、そこで楽しんでみたいと思います。
そしてその場所以外は、せめて草をきちんと抜こうと思います。

ご意見に対してのお礼文が稚拙で申し訳ないですが…感謝しております。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2007-04-25 21:33:07

あなたにオススメの質問