こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

spssのカイ二乗、有意差検定について

SPSSでカイ二乗検定をしたところ、
『0セル(0%)は期待度が5未満です。』とのメッセージがありました。
この場合有意差はfisherの直説法の数値でよいのでしょうか?

『●セル(100%)は期待度が5未満です。』となった場合、
peasonのカイ二乗の数値が有意差となるということでしょうか?

セルとその%表示が理解できていません。

お手数をお掛けしますが教えてください。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2007-04-26 10:55:54

QNo.2951601

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回答します。
その場合は、fisherの直接法のところの有意確率を見てください。

>peasonのカイ二乗の数値が有意差となるということでしょうか?
いいえ。上記のとおりです。

セルとその%は、人数やその割合を示しているクロス表です。

投稿日時 - 2007-04-27 20:21:24

お礼

ご回答ありがとうございます。

セルとその%がいくつであろうとも
fisherの直接法のところの有意確率を見ればよいのですね。

勉強になりました、助かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-02 10:09:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

結論としてFisher's exact test(フィッシャーの直接法)を適用すれば良いのです。

もしSPSSが自動的にフィッシャーの直接法を適用した結果を返してくれるのであれば,それを見ればよいわけです。

投稿日時 - 2007-04-26 14:23:22

お礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。
早速のご回答ありがとうございます。
勉強になりました、ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-02 10:06:55

あなたにオススメの質問