こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新人野手に目玉選手が出ないのは何故?

 最近の新人選手の目玉といえば、軒並みピッチャーばかりですよね(楽天の田中投手、日本ハムのダルビッシュ投手など)。
 何故新人野手で目玉が出ないのでしょうか?「目玉」というのはスター性をもっていて注目すべき選手だということです。
 最近では、ずーっと遡って清原(西武)、立浪(中日)、松井(巨人)、高橋(巨人)ぐらいしか思いつきません(遡れば他にもいますね)。
 野手というのは初めは注目されなかったが苦労を重ねて大成するといったイメージです。何故でしょうか? 

投稿日時 - 2007-04-29 18:49:11

QNo.2960080

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

注目されるピッチャーは甲子園で活躍した人が多いですよね。甲子園で活躍するという事はトーナメント制で負けずに勝ち進む事、勝敗がピッチャーの出来に大きく左右されるゲームの性質上どうしても注目が集まります。野手はたとえ1回戦4打数4安打でも負ければ終わり、また、ホームランも金属バット使用ですから清原や松井のように何本も打たないと注目されないでしょう。野手で注目されるには、チームが強くないとどうしようもありません。それに、ピッチャーは投げるチャンスが多いですが、野手はまず、レギュラー選手を押しのけなくてはいけませんから。
新人の目玉の野手:今のポジションのレギュラーよりすごい。
マスコミもよほどの人で無いと書けないのでは?

投稿日時 - 2007-04-29 19:04:12

お礼

御回答有難うございます。
 「投手有っての野手」なんですね。
 かつての「KKコンビ」も、桑田あっての清原ということになりますね。清原は、初めは投手志望だったそうです。ですがチーム内に桑田という強力なライバルが出たことにより、野手に転向したそうです。もし2人共投手だったらお互いそれ程脚光を浴びなかったでしょうね。
 こう考えると、2人の関係は因縁としか言いようがありませんね。

投稿日時 - 2007-04-30 00:07:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

投手は一人でも練習がしやすいですが、野手は守備練習なんて一人ではできませんからねぇ。部活の練習時間も限られますし、投手なら家に帰っても走りこみや壁に向かって投球練習なんかも出来ますし。学校の設備では打撃練習も限られますし。

「(アマチュアにおいては)投手の方が成長がしやすい」からではないでしょうか。
打者で甲子園で騒がれても相手が120~130kmの投手ではプロの球の比較になりません。
やはり野手はプロで本格的な練習が始まって、育っていくのだと思います。

投稿日時 - 2007-05-01 01:15:31

お礼

 御回答有難うございました。やっと謎が解けました。

投稿日時 - 2007-05-01 16:24:25

ANo.2

例えばセリーグの新人王でいうと、過去10年で野手4人、投手6人です。
おっしゃってるのは入団時に話題となった選手だと思いますが、実際は野手で活躍する選手もそこそこいるわけです。

理由としては高校生の野手でプロに通用するのは非常に稀なことでしょう。
話題になるのはどうしても大学、社会人野球よりは、高校野球です。
即戦力として期待されて入団する選手はほとんど大学、社会人野球出身者ですから、露出が少ないということでしょう。

高校生野手がプロで通用するには、木のバットにも慣れないといけないし、プロのスピードに慣れる必要もあります。
高校生ピッチャーは特徴があれば、中継ぎ等で活躍することもままあります。

投稿日時 - 2007-04-30 17:25:57

お礼

 確かに、高校生は金属バットですから、その時点でプロで通用するかは未知数だ、ということですね。
 有難うございました。

投稿日時 - 2007-05-01 16:23:38

あなたにオススメの質問