こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

円安はいつまで続く???

日本は輸出企業が多く円安に寛大です。
G7でも容認でした。アメリカが困るから??

経済力から考えるとこの円安は異常であることは知っています。
1$=\80
1EUR = \100
ぐらいかいいとか悪いとか。

原因は円キャリーとも言われていますがキャリーの規模は実は投機総額からすると
たいしたことないとも聞きます。

日本人も自らFXにチャレンジする人から、金余りの人が世界分散、インド、中国などへの
投資信託を買えば買うほど円安になります。

金利については上げてしまうと日本の借金が大変!と言う理由や、中小企業への融資など
いろいろあり上げにくい状況ですが、年6回利上げ、目標誘導金利5.00%などは考えにくいです。

ドルはアメリカならではのリスクと金利であればもう上げるより下げるしかない。
というのが現実で、成長率とかもどうなるかわかりません。
今後の見通しについては、どんな分析をしようと上がるか下がるかの2つですし、
突然特定の通貨が急騰、急落すれば調子に乗って??3ヶ月後には・・・とかいう記事も
出ることもありますね。ほとんどあたりませんが。

逆にイギリスやニュージーランド、欧州は自国通貨が高すぎて困らないのでしょうか?
ニュージーランド、欧州は高すぎて困っている。とロイターで覧たことありますが、
イギリス、スイス、カナダとかは聞いたことありません。

円安はまだ続くと思いますか?長期チャートではかなり円安ですけど。


円高になるきっかけがあったら急速になる気がします。
投機筋の損切りの誘爆、それに伴う逆ポジ、投資信託なども反対売買するでしょうし、
売ってしまった円はいつか買い戻さないと利益確定もできませんよね。

投稿日時 - 2007-05-01 22:42:07

QNo.2966180

5S6

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

一物一価の法則により、最終的には各国の商品価格は収斂すると考えます。まだまだ日本の物価は高いですから、円安は続くでしょう。個人的には、あと数年で1ドル=150円ぐらいまで円安が進むと思っています。

ちなみに私は輸出関連企業に勤めていますが、日本の国力は相対的に衰えていると感じます。そういう意味でも円高になる理由はないのでは?

投稿日時 - 2007-05-02 01:27:38

お礼

ユーロなら200円いきそうですが、ドルは・・・
なにが起こるかわからない通貨ですからね。


なるほど、日本の国力は衰えていますか。
日本にいるとよくわかりますが、自ら比べたことがないので
実感がありませんでした。

投稿日時 - 2007-05-02 08:47:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

最近の円安に関しては円キャリートレードの影響も少なからずあるとは思いますが、そもそもの原因は日本を含め欧米政府当局が円安を本音では容認していることが一番の原因かと思います。

日本の場合ですと輸出企業が日本の景気を引っ張っている部分があるので輸出企業に打撃を与えるような円高はどうしても容認出来ないということになりがちで、その結果円安地合、ということになってしまいます。(欧米の顔を立てるため敢えて相場はファンダメンタルに従うべきだ、等と言ってますが本音は円安がうれしい)

その一方で高値を更新し続けるユーロですが、ユーロ高になると輸出企業が困るからユーロ安希望か、というとそんな事はなく、ユーロ圏内では日本と違い域内貿易の割合が多く占め、輸出企業もグローバル化しているのでユーロ高になっても一部の企業を除きそれ程困らないという現状がありますし、それなりのヘッジを企業は施しています。

それに加えて、当局にとってユーロ高よりも懸念すべきはインフレ懸念です。
ユーロ高は利上げをしなくとも必然的にインフレを抑えることになりますから非常に好都合であり、当局も一応は輸出企業に気を使い、ユーロ高牽制の発言をしたりしますが、これは見かけだけです。

このインフレに関しては米のドルも同様であり、サブプライムローン問題などで住宅問題が懸念されていますが、インフレ指標も依然として高い数値を指し示しており、景気減速感があるからと言っておいそれと利下げをするという状態ではありません。
米もユーロ圏内の輸出企業同様、グローバル化していますから120円を超えた位の円安ではびくともしませんし、インフレ懸念を抑えるには円安になった方が好都合であると思っているのは米当局も同様です。

ただし、NZやオーストラリアなどの輸出大国はかなり深刻なようで、下手をすると為替介入などのサプライズがあるかもしれません。

このようにザッと見てみますと、円高になるのは、日本や欧米などの先進国が円高にならないと本当に困る時に円高転換するのであり、従って現状においてはそれを正当化する確固たる理由がありませんから、多少の調整をこなしながらも円安トレンドは続いていくだろう、と私は見ています。

投稿日時 - 2007-05-02 03:54:04

お礼

円安が続いているので円安は続くと皆言います。
理由は感という方から様々な経済分析をしている方までいますよね。

今回は別でしたがG7前では円高になるとか。
いろいろな思惑がありますよね。

投稿日時 - 2007-05-02 08:49:21

ANo.1

日本の利上げ、米国の利下げ、サミットで議題になる、そんなことがあれば円高に振れるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-05-01 23:00:45

お礼

つい最近では日本の景気が予想よりよかった。
ということで円高になりましたがやはり円安トレンドは変わりませんね。

投稿日時 - 2007-05-02 08:44:56

あなたにオススメの質問