こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外旅行保険について(ゴールドカードの保険)

クレジットカードのゴールドだと海外旅行の保険が効くみたいですが、ゴールドカードを持っている方は、海外旅行の際に保険に入っていく必要はないのでしょうか?

ちなみに航空券などチケットの支払いはカードで済ますなど、保険を受ける為の準備が整っている事を前提としています。

お詳しい方よかったら教えて下さい。

投稿日時 - 2007-05-14 10:24:54

QNo.2998628

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

海外保険はゴールドカードだけでなく、年会費無料のカードにも付いているものが多いです。
また持っているだけで保険対象になるなど、必ずしもチケットをカード払いしないと受けられないわけではありません。
カードによりますので一度、お持ちのカードを調べてみるといいと思います。

別途保険に入る必要があるかどうかですが、どの位の保障を持ちたいかによるので一概には言えません。

ですが、保険付きのカードは補償額が傷害死亡・後遺障害以外の場合は合算されますので、保険付きのカードを複数持てば、あまり必要ではないかもしれません。

投稿日時 - 2007-05-14 11:02:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

ゴールドカードはけっこう良い補償内容が付いていると思いますよ。
私はJCB法人カードを持ってるんですが、補償内容はゴールドカードと同等だそうです。
死亡や後遺障害が5000万円(ツアー料金等をカード支払いすると1億円)。
http://www.jcb.co.jp/loan/hoken/futai_hoken/kojin/hoken_gold.html
http://www.jcb.co.jp/loan/hoken/futai_hoken/hoken_qa.html

保険内容を確認し、十分だったらカード付帯保険だけでいいだろうし、足りなければバラ掛けする方法もあるでしょう。
私は改めて他の保険には加入はしていません。

自分の場合は通院加療中の病気がありまして、旅行するには問題ないのですが、保険加入のときに面倒だなーと思って(^^;
カードのなら改めて申し込みせずに済んじゃいますから。
旅行前からの持病には支払われないのは、他の海外旅行保険と同じですが。

カード会社に資料請求すると、旅行保険の利用の仕方のパンフレットがあると思います。
自分の場合、事前に利用方法の資料をもらったんですが家に忘れてしまい、成田空港のJCBカウンターで聞いてみたら、各種パンフレットが置いてありました。
(カードの提示が必要らしい)

投稿日時 - 2007-05-15 14:41:23

ANo.5

下記が一般的なカード付帯保険の問題点です。こ自分の付帯保険の条件を確認されたほうが良いでしょう。


・疾病死亡保障がついていない。 (病気で死亡した場合、ご家族への補償はありません。)
・補償額が不十分な場合がある。(一般的に50万円から300万円ぐらいで、先進国の病院のICUにでも担ぎ込まれたら1日や2日で使ってしまう金額)
・自動付帯(カードを保有しているだけで付帯される。)の場合と利用付帯(旅費をカードで決済する場合のみ付帯される。)の場合がある。
・カード入会後1ヵ月を経過しないと自動付帯されない。
・海外旅行傷害保険が自動付帯されたクレジットカードを、複数枚所有している場合、傷害死亡・後遺障害の最高補償額は合算されない。(異なるブランドでも同じ発行元のカードはすべての保障が合算されない。)
・出発から最長で90日間のみの期間に適応される。
・キャッシュレスサービス(保険会社から直接、病院へ医療費を振り込むサービス)を受けられない場合もある。

投稿日時 - 2007-05-15 10:14:52

ANo.4

ANo.1です。
補足をしておくと海外保険の項目はいくつかに分類されます。
傷害死亡・後遺障害/傷害・疾病治療費用/賠償責任/携行品/救援者費用などがありますが、傷害死亡・後遺障害以外は複数の保険があれば上限金額は合算されます。

つまり携行品などは保障が30万円付いたカードを2枚持っていれば、保証金は30万×2枚=60万円分になります。
また、カードの保険だからといって治療費をカード払いしなければならないというわけではありません。各カードの条件によります

投稿日時 - 2007-05-14 13:25:52

ANo.3

私もゴールドカードを持っているので特に海外旅行保険を追加で入るということはしません。
普通に海外旅行保険に入るよりゴールドの海外保険のほうが金額や条件がいいと思いますし、毎回海外旅行保険入る金額考えたらゴールドの年会費のほうが安いしメリットがあると思ってます。
また、保険請求の仕方ですが、普通の海外旅行保険の請求の仕方と全く同じです。追加してカード番号書くくらい?
だから、全く心配されることはないと思います。

あと、先の方も書いてありましたが、いくつ保険に入っても支払い金額は変わりません。たとえば保険を2つ入っているから携行品が100万+100万になるわけではありません。何社入ろうが100万しかもたれません。(以前保険会社で働いていましたが、他の保険会社で同じ請求をしていないか全部査察が入ります。自己申告してなくても)他の障害疾病も同様です。項目によっては追加で入ることはできます。あとカード保険で担保される旅行期間が決まってるので、もし長期でいかれるとなるとカード保険の切れたあとからの分を追加で入らなくてはなりません。

あと、もし現地で病院にいく場合は違いが出てきます。
普通の海外旅行保険だとその保険証を持っていけば病院側で勝手に保険会社に請求してくれるので私達が治療費を払うことはありませんが、カードの保険の場合だと治療費をカードで全額払わないといけません。
そして日本に帰ってきてからカードで支払った分の払い戻しの手続きをすることになります。
まあ、全額帰ってきますから心配ないんですが、手続きがめんどくさいとなると大変かもしれないですね。

投稿日時 - 2007-05-14 13:03:39

ANo.2

No1の方の意見と重複しますが、支払われる保険金の上限は入っている保険すべて合算してカウントされますから、たくさん入っても無駄になるだけです。(経験はありませんが、この辺の支払金は、保険や同士で横のつながりがしっかりしてるんでしょう)
また、カードに付帯されている保険は、それぞれ条件等まちまちですので、お持ちのカード会社に細かく確認する事が必要です。
一般的には、カード付帯の保険は、発生した医療費の補填が主で、他の保証(滞在延長費とかは)は薄いか、無い場合が多いです。死亡保障とか後遺症保証とかを心配されるのであれば、別に入ることを考えられた方が良いかと、、
余談ですが、シンガポールの病院でレントゲンを取ってもらって、日本円換算4万円ほど支払いましたが、ゴールドカード保険で全額保証してもらえました。(医者の診断書の費用のみは、自己負担でしたが)

投稿日時 - 2007-05-14 11:37:22

あなたにオススメの質問