こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

真空管アンプとトランジスタアンプ

真空管アンプは通電時の無負荷は厳禁と聞きました。(理屈はわからないのですが。。。)
知らずに使っていました。
普通のトランジスタアンプも同じなんでしょうか?
プリメインアンプを使用していて、スピーカーも接続しているのですが、プリ出力を利用して他のアンプでメインスピーカーを鳴らすことが多く、スピーカー切り替え(A/B)をoffにしていることが多いのですが、(プリアンプ的使用がほとんど)まずいでしょうか?

投稿日時 - 2007-05-20 17:19:52

QNo.3015921

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> 真空管アンプは通電時の無負荷は厳禁と聞きました。

多極管・無帰還・OPT(出力トランス)付の真空管アンプでは、無負荷で通電(して入力信号を加える)することは厳禁です。かなり高確率で故障します。

三極管は内部インピーダンスが低いので、OPTを定電圧(的に)駆動します。したがって、OPTのインピーダンスが高くても低くても、同じような出力電圧でOPTを駆動します。

しかし、多極管の場合は内部インピーダンスが高いので、OPTを定電流(的に)駆動します。したがって、OPTのインピーダンスが高くなればなるほど、高い出力電圧でOPTを駆動しようとします。

つまり、OPT2次側に8Ωを繋いでるときに比べ、80Ωなら10倍、800Ωなら100倍の電圧が「OPTの1次側」と「真空管のプレート」に発生します。
無負荷であれば(8Ωに対して)無限大ですから、OPT1次側には数千Vの電圧が容易に発生し、OPTや真空管が絶縁破壊を起こして故障するのです。

但し、現在市販されている真空管アンプで「多極管・無帰還・OPT(出力トランス)付」の全てに該当するものはありません。ですから、「原則として」無負荷で壊れる真空管アンプはありません。
(自作アンプや50年以上昔のアンプでは、該当する物が稀にあるかも知れません)

> 普通のトランジスタアンプも同じなんでしょうか?

「普通」のものであれば全く問題ありません。

もし、OPTが付いていて、かつ「無帰還アンプ」とか「定電流出力アンプ」とかいう物が存在すれば、終段のTrが絶縁破壊を起こして故障する可能性があります。
(但し、自作アンプでもそういう構成のものは全く見かけませんが)


なお、真空管・Trを問わず、OPTがないアンプの場合は、上記の問題は一切生じません。

投稿日時 - 2007-05-21 11:14:32

お礼

詳しい解説ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-21 12:25:25

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

真空管アンプの通電時の無負荷はまったく問題がありません。
トランジスタアンプも同じくまったく問題がありません。
反対に過負荷は厳禁です。
ただし真空管アンプのOTLアンプ以外の出力トランスを使っているものはスピーカーのOFF→ON 時に一次側に負荷がかかりますので注意ですね。

投稿日時 - 2007-05-21 00:42:27

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-21 12:26:49

ANo.1

無負荷厳禁というアンプがあるのかも知れませんが、世の中にある全てのアンプに当てはまるとは思いません。厳禁なら取扱説明書に必ず明記されている筈ですから、まず取扱説明書を確認することが必要です。

投稿日時 - 2007-05-20 22:35:58

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-05-21 12:27:37

あなたにオススメの質問