こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

フィラリア

12歳の愛犬がフィラリアにかかっていることがわかりました。
お医者さんが、きいてもはっきり説明してくれず、
病状がどれくらい進んでいるのかよくわからないので、
治るのか、末期なのか、何かちょっとでも知りたいので、
アドバイスをください。
セカンドオピニオンを求めることも考えているのですが、
その前に今すぐ知りたいので。お願いします。
2シーズン前から、個人輸入の予防薬をあげていたのですが、
その前にいた親虫が生きていたのでしょうか。
検査結果は擬陽性で、白血球は通常の3倍、心音に雑音が混じっているから、親虫が泳いでいるのでは、といわれました。
散歩には行きたがるし、わんわん言ってはしゃいだりもし、
寝たきりという感じでは全くないし、やせてもいないのですが、
散歩の途中で座り込むことがあり、
最近では興奮したあとに倒れてしまうようになりました。
年のせいだと思って病院に連れて行くのが悔やまれます。
年なので、対症療法で薬を毎日飲ませることになりました。
咳はしないのですが、ちょっと運動するとぜーぜーします。
見た目は年より若いです。
愛犬は治るのでしょうか?
注射をしてくれる病院を探したほうがいいのでしょうか?
このままほうっておいたらただ虫に痛めつけられていくだけのような気がして、
つらいです。

投稿日時 - 2007-05-23 21:02:45

QNo.3024766

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

獣医師です。いくつか確認事項があります。

>2シーズン前から、個人輸入の予防薬をあげていたのですが、
その前にいた親虫が生きていたのでしょうか。
それ以前はきちんと動物病院に行って獣医師から薬を処方してもらっていたのですか?それとも全くの未予防なのでしょうか?
>検査結果は擬陽性で
通常、検査で疑陽性がでた場合には再検査します。本当に「疑陽性」であったのか、それともうっすらと反応が観察された「弱陽性」であったのか?検査の結果は飼い主さん自身に目で見える形で説明がありましたか?
>対症療法で薬を毎日飲ませることになりました
現在飲ませている薬の名前は分かりますでしょうか?本来ならば何という薬剤で何のために投与するのかの説明をすべきだと考えます。またその薬剤で起こりうる副作用について説明すべきだと考えますが。

今まで全く未予防の犬に独断で個人輸入の薬剤を投与したのであれば現在の症状を引き起こした原因は飼い主にある可能性も十分出てきます。
また、フィラリア症以外でも高齢の犬では心臓疾患はたくさん考えられます。通常、心臓の機能が低下している事が疑われた場合、レントゲン撮影、超音波診断装置、心電図などの各種検査によって異常個所の追求をしていきます。特に最近は超音波診断装置の機能向上が著しく、心臓のどの部位がどういう具合にわるいのか?そして治療をしていくとその部位がどの程度まで改善されたかをかなり詳細に評価できるようになってきています。
一般の開業医レベルでも心臓超音波診断装置を導入していて、ある一定のレベルでその機械を使いこなせる技術を持った獣医師は結構います。
(機械だけ持っていて診断できる技術をもっていない獣医師がたまにいますが・・・)その技術を持った獣医師であれば多くは心不全の治療薬についても詳しい場合がほとんどですので、現在のかかりつけの獣医師にその旨を確認してみるか、その獣医師が心不全治療について詳しくない場合にはそういった獣医師を紹介してもらってみてはどうでしょうか?

投稿日時 - 2007-05-24 00:33:23

ANo.2

古い知識なのでアップデートが必要かもしれませんが、一応参考までに
知っていることを書かせていただきます。
文面から判るのはフィラリアによって肺動脈が狭くなって(親虫は心臓
ではなく肺動脈にいます)心臓に負担がかかっているような感じがします。
対症療法で投与しているのはおそらくこれ以上肺動脈が狭くなってしまう
のを防ぐためのアスピリンではないでしょうか?ならばこの薬を続けるこ
とで症状の進行を抑えることができるかもしれません(この目的で与える
量ならば副作用はほとんど無視できます)。察するに運動制限は必要でし
ょう。親虫を殺す薬は副作用が激しく、それを乗り切っても死んだ親虫の
死体が危険を招くこともありますので、消極的な治療をすすめる獣医を責
めることはできません。それよりも血中のフィラリアの子虫を吸った蚊が
また新たな親虫を増やすことにならないよう、予防薬の投与を怠らず行っ
てください(必ず動物病院で薬をもらってください!)。親虫とて数年の
寿命ですので、あまり悲観的になるのはいけません。あとはこれ以上心臓
に負担がかからないよう肥満に気をつけてください。ストレスもなるべく
軽減し、特にこれから暑熱ストレスや脱水に気をつけてなるべく甘やかし
てあげてください。

投稿日時 - 2007-05-23 23:05:02

ANo.1

詳細に意見をのべても混乱が生じると思いますので、簡潔明瞭にいいますと別の病院で診てもらいましょう。それが確実かと思います。
なお、参考として、フィラリア感染は、フィラリア検査キットがありますので確実に判定できます。陽性なら、つぎに進捗状況を推測するため、レントゲン検査、超音波検査などをおこなうでしょうね。
とやかく考える前に別の病院へいくことですよ。
病院の大小ではなく、説明のしてくれる先生に相談することです。

投稿日時 - 2007-05-23 22:46:59

あなたにオススメの質問