こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

税理士の顧客について ~個人と法人の顧客の違い~

税理士試験受験生です。
税理士として開業後、個人の顧客・法人の顧客、どちらをメインにしようか迷っております。
それぞれの場合のメリット・デメリット、魅力などを挙げていただけますでしょうか。イメージを少しでもつかみたいです。

<例>
「時間・労力に対して料金が高い(低い)」
「新規顧客として獲得しやすい(しにくい)」
「○○な点に魅力・やりがい(不満・ストレス)を感じる」
「スケジュール調整に融通がきく(きかない)」
「顧客としての絶対数が多い(少ない)」    など

投稿日時 - 2007-05-24 00:08:05

QNo.3025340

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

試験合格ですと実務経験が必要です。実務経験とあなたの人脈やあなたの専門性によって決めると良いと思います。

参考までに、個人の所得税であれば、会計から申告までのソフトが市販されています。法人の場合は申告部分は高い業務用ソフトを使うか、手書き申告になるでしょう。

また、法人の申告は業種によって難しいこともありますので、個人から入るのも良いと思います。

投稿日時 - 2007-05-25 12:23:49

ANo.1

仕事を選別することはお勧めできません。競争が激しい業務です。その中での新規参入です。えり好みは避けるべきです。

投稿日時 - 2007-05-24 07:15:22

お礼

アドバイスありがとうございます。
もしよろしければ、違いも教えていただけますか?

投稿日時 - 2007-05-24 07:58:05

あなたにオススメの質問