こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

PORT25制限のMacでの設定について

現在インターネットへの接続はDIONを使っていて、メールアドレスは別のプロバイダ(interQ)のものを使用しています。
しかし、今回の「PORT25制限」でメールが送信できなくなってしまいました。

interQに確認したところ、サブミッションポートが使えないとのことで、DIONのHPを見たら中継サーバを使うように書いてありました。
この中継サーバの設定の仕方を検索していたら、「viを開いて・・・」などと書いてあったのですが、普通にメーラーの環境設定などから設定できるようなものではないのでしょうか?
プロバイダーからは、サポート対象外だと言われて困っています。

ちなみに環境は、OSがMac Xで、メーラーはmail 1.3.11です。
お分かりになる方がいらっしゃいましたら、お答えいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-05-27 00:33:25

QNo.3033445

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

viでファイルを開いたときに赤文字のメッセージが出るのは、多分パーミッションがwrite権限がない場合に表示されるものだと思います。
xボタンで閉じ再度viでファイルを開こうとした場合に「already exist」とメッセージが出るのは、xボタンでターミナルを閉じたときにターミナルだけが終了しただけであってviはそのまま生きているためかと思います。
viを終了するにはescを押し(通常1回だけで平気なのですが数回押して下さい)
:q!
と入力すると修正部分を破棄し強制的に終了します。

パーミッションを変更する場合main.cfのフルパスを指定してみて下さい。
chmod -f 666 main.cfのフルパス
例)chmod -f 666 /etc/postfix/main.cf(でしたっけ?)
上記でパーミションが変更できたらもう一度viでmain.cfを前述した方法で
編集してみて下さい。

>今回viをいじったことで、他のものに影響を与えていないかも心配です。
他には影響ありません。
どうしてもうまくいかない場合、この際MacOSのメールソフトを使わずにThunderbirdを使ってみては如何でしょう?
http://ftp-mozilla.netscape.com/pub/mozilla.org/thunderbird/releases/2.0.0.4/mac/ja-JP-mac/Thunderbird%202.0.0.4.dmg
からダウンロードできます。
つまりMTA(MailTranslateAgent)からMUA(MailUserAgent)へ変更と言うことです。
Windows系OSのメールクライアントソフトはMUAが一般的です。Linux,unixもクライアントと利用している場合はMUAを利用してメールの送受信をしている(はず)です。

残念ながら手元にmacがないために当を得た回答ができず申し訳ありません。macOSXからBSDがカーネルになったということで1台欲しいなとは思っていたところなんですが…

投稿日時 - 2007-07-06 16:09:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.7

MacOSなかなか固いですね。当方としてはBSDOSベースというところで是非使ってみたいところなんですが、BSDをカスタマイズしているようですね。
それではmain.cfのパーミッション(アクセス権)を変更するとうまくかも知れないです。
sudo chmod 777 -f main.cf
と入力し
sudo echo ~(前回示した手順です)を行ってみては如何でしょう。
それで変更できなければちょっと策を講じなければなりませんね。
下記にMacOS メールサーバについて記述されたドキュメント(PDFファイル)がありましたのでご参考まで。

http://mages.apple.com/jp/server/pdfs/Mail_Service_v10.4_j.pdf

後述となりましたがviエディタでmain.cfファイルが開いたようですね。
もしかしたらそれでうまくいくかも知れないです。
手順として
vi main.cf
shift+Gを入力
oを入力
relayhost = relay-mta.dion.ne.jp を記述する
記述が終わったらescキーを数度押す
:w!を入力→この時点でエラーが出なければうまくいく可能性があります。
:qを入力しviエディタを終了させる。
上記操作を先に記述した
sudo chmod…
sudo echo …
より先に試して下さい。
うまくいくことを心からお祈りします。

投稿日時 - 2007-06-06 14:13:46

お礼

何度もご回答いただき、ありがとうございます。
まずviの方を試してみました。
赤字のメッセージが出て、よくわからぬまま「q」まで入力してみましたが、閉じなかったのでそのままウィンドウの×ボタンで閉じてしまいました。
メッセージが何と書いてあったのか確認しようと、もう一度開いて試したところ、「already exist」のようなメッセージが表示され、どうしていいかわからず、また途中で画面を閉じました。。。

その後、教えていただいたようにパーミッションを”777”に変更してみましたが、そんなファイルは存在しないというようなメッセージが出ました。

やはり、私の知識では無理なのでしょうか・・・。
今回viをいじったことで、他のものに影響を与えていないかも心配です。

受信はできますので、送信はインターネットメールを使うなどで当分対処したいと思います。
octave-G様には、親切にしていただき本当に感謝しております。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-09 01:43:51

ANo.6

肝心なことを忘れていました。
メーラが動作しなくなったときには、コピーしたmain.cf.ORGをコンソールまたは端末エミュレータで
cp main.cf.ORG main.cf
または
mv main.cf.ORG main.cf
で元の状態に戻して下さい。

投稿日時 - 2007-05-28 16:20:40

お礼

時間が経ってしまい、申し訳ありません。
教えていただいた通りにやってみたのですが、途中で進まなくなってしまいました。

まず、cd で”postfix”ディレクトリまで移動して、cpでコピーするところまではできました。(sudoをつけたらパスワードを聞かれ、次に進みました)
次に「echo "relayhost=relay-mta.dion.ne.jp">>main.cf」と入力したところ、「Permission denied」と返されてしまいました。
sudoを付けても同じです。
ちょっと調べて、viで開いて追加するのかなと思いやってみましたが、
-----------------
# Global Postfix configuration file. This file lists only a subset
# of all 250+ parameters. See the sample-xxx.cf files for a full list.
<省略>
# soft_bounce = no
# LOCAL PATHNAME INFORMATION
-----------------
と出て、開くこともできませんでした。

行き詰まってしまいましたので、お答えいただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-06-03 19:37:31

ANo.5

すみません。またまた修正です。
コマンド群を入力する前にコンソールまたは端末エミュレータを立ち上げて下さい。

投稿日時 - 2007-05-28 14:58:22

ANo.4

#1です。
スタティックリレーの設定のやや易しい方法を下記の手順で実行してみて下さい。その前にmain.cfをバックアップして下さい。
cd /etc/postfix
でカレントディレクトリを指定した方が便利だと思います。
1)main.cfのバックアップをとって下さい
cp main.cf main.cf.ORG(オリジナルという意味です)
 すべてのオペレーションでコマンドがはじかれる場合コマンドの先頭に
sudoと入力して下さい。
例)sudo cp main.cf main.cf.ORG
2)Macのコンソールまたは端末エミュレータを立ち上げます。
3)次のコマンドを入力して下さい
 echo "relayhost=relay-mta.dion.ne.jp">>main.cf
4)main.cfに正常に挿入しているかを確認して下さい
 tail main.cf (main.cfの文末10行が表示できます)
5)postfixを再起動して下さい
 /etc/rc.d/init.d/postfix restart
正常に配送されているかを調べるにはDION(または携帯)のアドレス宛にメールを送ってみて様子を見て下さい。
現状では私にはここまでしか分かりません。申し訳ありません

投稿日時 - 2007-05-28 14:07:51

お礼

細かくご説明いただき、ありがとうございます。
基本が分かっていないため、調べながらやってみようと思います。
取り急ぎ、お礼まで。

投稿日時 - 2007-05-29 00:19:07

ANo.3

すみません。訂正です。
smtp送信できなくなった
    ↓
smtp送信のみできなくなった
です。

投稿日時 - 2007-05-27 23:23:26

ANo.2

#1です。
大きく的を外した回答になりました。すみません。
MacOSXのメーラmail1.3.11のsmtpMTA(送信)システムがpostfixのようですね。
interq(プロバイダ)内のアドレスからsmtp送信できなくなってしまったというのが原因ですね。
これは企業など団体のメールサーバと同様内部からのメール送信のみを許可する方法です。
この場合postfixのコンフィグレーションファイル内でDIONが用意している中継(リレー)用のサーバからinterqのサーバにスタティック(静的)リレーさせないといけないようですね。ある程度UNIX(Linux)の知識が必要になりそうです。
viとはテキストエディタの1つでコンフィグレーションファイルがエディットできるものが別にあれば操作性の良い方を選べば良いのですが…
と、いってもコンフィグレーションファイルの内容を理解しなければなりません。
当方、smtpMTAはsendmailとqmailなら多少理解できるのですがpostfixについてはこれから勉強しようと思っていた次第で、どのような記述をすれば良いのか残念ながら回答することができません。すみません。
ネットで"postfix 設定"で検索してみて下さい。本当に申し訳けありません。

投稿日時 - 2007-05-27 23:15:33

お礼

いろいろとお教えいただき、ありがとうございました。
「postfix」で調べてみたところ、以下のような説明を見つけたのですが、これをやってみたらいいのでしょうか?
ほとんど知識がないため、何をやっているのかもよくわからないのですが・・・。

----------------------

# vi /etc/postfix/main.cf
# relayhost = relay-mta.dion.ne.jp
# /etc/rc.d/init.d/postfix restart

----------------------

お分かりになるようでしたら、お教えいただけると助かります。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-05-28 09:09:43

ANo.1

http://customer.sphere.ne.jp/guide/mail/mac_mail13/index.html
infosphereの設定例です。
ご参考まで。

投稿日時 - 2007-05-27 21:17:14

あなたにオススメの質問