こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宇宙への素朴な疑問を教えてください。

 宇宙は、神秘と謎に満ち溢れていますね。

 みなさんは、このような、
宇宙に、素朴な疑問や興味がありますか?。

 疑問ではなくても、
「この星が好き」などのようなものでも構いません。

 よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-05-28 18:37:14

QNo.3037873

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
宇宙には、『わたしたちの住んでいる宇宙』以外にも
『わたしたちの住んでいない宇宙』がゴロゴロしているそうです。
いろんな宇宙が膨張や収縮を繰り返しており、それがブラックホールやホワイトホールとつながっているのでしょうか・・・。
また、金やダイヤモンドは惑星が誕生もしくは爆発する瞬間の何秒、の間の科学反応でしか作られないので割合が少ないそうです。
面白いですね。

投稿日時 - 2007-05-30 15:10:37

補足

 この覧をお借りいたします。

 たくさんの貴重なご回答を頂き、ありがとうございます。

 頂いた回答に返信を終えてから、受付を終了するのが私の
スタイルなので、あえて、まだ締め切りはしないでおります。

 近日中に、全ての返信を完了をするつもりです、
申し訳ありませんが、それまではお待ちいただきたいと思います。

 どうか、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-05-31 21:01:19

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

 本当に面白いお話ですね。「私達の住んでいる宇宙」以外の「私達が住んでいない宇宙」というのがゴロゴロあるとは。

 一つは「子宇宙」のことだと思いますが、後は「天国」かな?、「地獄」かな?、困ったものです~、一つの宇宙の存在の仕方さえ理解できないのに、ゴロゴロだなんて・・・・。

 ブラックホールに吸い込まれた物質の行方の先は、異次元の世界なのか?。それとも、一端、四次元の世界に隠れたあと、また再びこの三次元の世界に戻ってくるのか?、・・・こんな事って、誰にも分かりませんよね。

 でも、後者の考えだと、おっしゃるように、私も、ブラックホールとホワイトホールは、つながりがあるのだと思ってしまいます。っていうかそう信じたいです。なぜかって?、その方がロマンがあるような気がするんです。

 恒星の核融合がどんなに進んでも、鉄までしかできないそうです。おっしゃるように星が爆発して、その最中に、鉄より重い元素が始めて作られるっていうのを聞いたことがあります。

 だから、金があるこの地球は、かつてどこかで輝いていた恒星の爆発の残骸なのだとか・・信憑性の程はまるっきりわかりませんがね。

 ダ、ダイヤモンド!!。・・・スか?・・・。

 そういえば、ダイヤモンドでできた隕石が宇宙空間を漂っているそうです。はやく私の家に落ちてきてもらいたいものです。と、本気で思っていたときがありました。(実は、今でも秘かにそう願っているのです・・しかし、誰も相手をしてくれません。)

 宇宙の果ては限りなく遠い、
 光よりも早いものは、消えてしまうから存在できない、
 光の速度を持つものは、質量が無限大になる、
 物を光速で飛ばすには、無限大のエネルギーが必要、
 ホワイトホールとブラックホールの関係、

 訳が分からなくなります。

>いろんな宇宙が膨張や収縮を繰り返しており、

 これに伴って、時間も進んだり、逆戻りをしているそうな・・

 これが宇宙なの?、
私達は本当にこの宇宙に住んでいるの?、宇宙って何者?・・・。

 あ、あと、
 宇宙開発って、即、戦争のためっていうイメージがあったのですが、スペースシャトルで、メダカの実験をしましたよね。あれって、なにかホノボノした気持ちになりませんか?。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-01 22:33:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

17人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(20)

ANo.19

こんにちは。

ビッグバンで宇宙が生まれたという説がありますよね。
うんと圧縮された小さな宇宙が最初にあり、それが大爆発を起こした…というのですが、では、「圧縮された小さな宇宙」が存在していた空間はいったいどのようなものなのでしょうか?
この宇宙の外側はどうなってるのかな~といつも不思議に思います。
宇宙の果てがどんな状態なのかも気になりますが、「果て」の更に外側も気になってしょうがないです。

ビッグバン以降、宇宙はどんどん広がり続けていると言う人がいます。
現に、星々は猛スピードで地球から離れていっているとか(広がり続ければ、密度は小さくなるということのようですね)。
では、「広がり」に限界点があるのかどうかが非常に気になります。
風船みたいにぱちんと弾けちゃったら…洒落にならない~!!
それに、どんどん離れていっているということは、いつか太陽系の周りには何もなくなってしまうということ(当時の本にはそんなことが書いてありました)?!
まぁ、数十億年…いやそれ以上のレベルで先の話ですが…。

ブラックホールですが、中に入ったらどんな感じなんでしょうねw
いえ、潰されるという理屈は分かるのですが…。
子供の頃「ホワイトホール」なんていう話があって、「ブラックホールで吸い込まれたものはホワイトホールから吐き出される」なんて怪しい噂を聞きました(笑)。
すごく気になります。

今見ている星の光は、数億光年前の星の姿です。
だとすると、その光を放った星の「今」はどんな様子なのかな~って思います。

太陽の最後は赤色巨星→白色矮星と言われています。
太陽が巨星となった時は、地球は楽々飲み込まれちゃうとか…(汗)。
飲み込まれることはもとより、太陽が近づいてきただけで地球環境が大ピンチなのは火を見るよりも明らかです。
住めなくなるくらいの熱さになってしまうのは、どれくらい先なのかな~と思います。
仮に人という種が絶滅しても、次の何らかの種が生まれるかもしれません。
そういう適応を繰り返して、でももう「完全に生き物はダメ」となってしまうのはどれくらい先なのでしょうか。
数億年単位の話なので今現在心配する必要はないのですが…(滝汗)。

後やはり気になるのは…地球外生命体の存在です(笑)。
個人的にはいると思うんですよ~。
だって、宇宙は広いしある意味なんでもありな気がしますw

火星にある「人為的(に見える)建造物(らしきもの)」がすごく気になります。
人の顔みたいに見える…ってヤツですね。
偶然かもしれないけれど、そうじゃないかもしれない…気になるなぁ。

宇宙の果てはどうなっているのだろう。
宇宙の外側は…なんて考え始めると、実は「私達の宇宙」は非常に巨大な存在の一部じゃないかと思ってしまうことがあります。
私達にとっての「細胞」くらいw
人間なんてその細胞内の更に小さな存在になりますから、「体全体」は巨大過ぎて認知することができません。
私達の宇宙のような「宇宙」がたくさん寄り集まって一つの存在を作っている世界が存在する…なんかすごいですね(笑)。
SFもどき~w

でも、もし私達の細胞の中に知能を持つ何かが住んでいて、それが細胞どころか体から飛び出してきたら…きっと衝撃を受けると思います。
まったく理解不能な世界が広がってますから。
それと同じように人が宇宙から飛び出すことができたら、きっとものすごい衝撃を受けるだろうな~。

後半、理解不能になっちゃってごめんなさい(汗)。

投稿日時 - 2007-05-30 06:04:30

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>「圧縮された小さな宇宙」が存在していた空間はいったい
>どのようなものなのでしょうか?

 どうなでしょうね?、私にも想像ができません。この地球を3cmにまで圧縮すると、ブラックホールができると聞いたことがあります。この「小さな宇宙」の密度は、ブラックホールどころの話ではないようですよ。
 ブラックホールには、外側にも世界がありますよね、しかし、この「小さな宇宙」には、この段階で、もはや、果てはないし外の世界もないらしいのです。宇宙っていうのは、本当に掴みどころがない存在みたいです。
 
 時間も、ビックバンから始まったらしいのですが、その前の時間って本当にないんでしょうか?。不思議です~。

 地球って、月の引力だけで楕円形になっているそうですね、引力が更に大きいブラックホールにかかれば、地球なんてヒモのように引き伸ばされるそうです。これが生身の人間だったら・・・恐ろしい・・。

 ホワイトホールは、おっしゃる通りと信じたいものです。太陽は、まだ膨張はしてはいないそうですが、輝きは、40億年前の2倍になっているとか・・。私的に想像すると、地球の終焉はもう・・恐ろしい・・。

 人間の細胞を二つに割っていくと、原子になると思います。その原子は大きさがあるのだから、まだ二つに割ることができるはず・・(本当かな~)。これを繰り返していくと限りなく小さくなって・・・これも「きり」がありません。

 この世界の大きさも、小ささも、極限を考えていると、誰でも「理解不能」になっちゃいますね。

 火星の建造物・・文字もあるそうですよ。

 ・・・・・・・気になります。

 あ あと、宇宙の広がりは、やがては止まって収縮するかも知れないそうです。その時には、時間の流れが逆になるそうです。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-01 21:34:07

こんにちは。

宇宙をイメージするときは・・・、
地球って外からみるとどんな感じなのだろうか、
よく思い浮かべるのは、いまいる場所からさーっと上がっていて(家→地域→地方→日本列島→アジア→と順々にみえていって)、
最終的には月からみた地球くらいの距離になって・・・と時々想像します。

何年か前に地球の誕生から現在までの成り立ちを紹介した番組(何回かのシリーズ)があったのですが、
食い入って観ました。。。

宇宙そのものだと、
真っ暗闇の空間で独りぼっちになるのは嫌だなぁ 怖いなぁというイメージとともに、
夜そらにみえる星の光って、
○光年先にある光だけど、○光年前の光だとしたら、
時間というのは裏表というか うーむ。。。
と、ぼーっとながめたくなります。
それに、むかし母宇宙と子宇宙というのがあると聞いたことがあったのですが、いまも信憑性があるんだろうかとか。


あと番外編で、
流れ星。
いついつに、この方角に流れ星が流れる という情報がほしいようなほしくないような。。。。。

投稿日時 - 2007-05-29 18:58:22

お礼

こんにちは。回答してくださり感謝します。

>宇宙をイメージするときは・・・、
>地球って外からみるとどんな感じなのだろうか、

 こんな感じかもしれませんね。

 http://members2.jcom.home.ne.jp/planet.earth/earth_rise.html
 
 でも、こんな絵や写真を見るよりも、自分の目で直接、
見たほうが、きっと迫力満点の地球を見ることができると思います。

>よく思い浮かべるのは、いまいる場所からさーっと上がっていて
>(家→地域→地方→日本列島→アジア→と順々にみえていって)、

 良くお気持ちが分かりますよ~、
これは宇宙にいる友達に送る郵便みたいなものだと思います。

 逆に、その友人から手紙をもらうときには、あて先は、
銀河系→銀河→太陽系→地球→アジア→・・domaine-espoir殿?。

>何年か前に地球の誕生から現在までの成り立ちを紹介した番組
(何回かのシリーズ)があったのですが、食い入って観ました。。。

 確か最初は、ドロドロの溶岩の塊みたいだったのが冷やされ、
雨が降り続き海ができて、やがては生命が誕生するんでしたっけ?。

 上手くできた話ですが、この地球と似たような惑星が、
たくさんあるらしいですね、もちろんそこには宇宙人がいて・・・。

>真っ暗闇の空間で独りぼっちになるのは嫌だなぁ 怖いなぁという

 今回のアンケートで、同じような考えの方が
いらっしゃるのを知りました、そう言われればそうですよね。

>○光年先にある光だけど、○光年前の光だとしたら、
>時間というのは裏表というか うーむ。。。

 そうそう、宇宙を考えていると、
なぜか、必ずこの、時間の問題にぶつかるのです。

>むかし母宇宙と子宇宙というのがあると聞いたことが
>あったのですが、いまも信憑性があるんだろうかとか

 子宇宙というのは、誰かが、無理矢理に、
もっともらしく理論的に引っ張っぱりだしたものらしいですよ。

 結局は、宇宙には、人間が
想像できることは、何でもあり。と私は思ってしまいます。

>流れ星。
>いついつに、この方角に流れ星が流れる という情報がほしいような
>ほしくないような。。。。。

 おお これは、
なにか素敵な歌の歌詞のような表現ですね~・・・・

 制限文字数に達してしまったようです、もっとお話をし・・

投稿日時 - 2007-06-01 20:37:13

ANo.17

宇宙の神秘を感じると、いつもたどり着くのが
「神は存在するのか」ということ。
この綿密に計算されたすべての法則を思うと、神はいる、と考えるのが自然のような気がします。

もしも、ヒトという種が有能で、環境問題等を乗り越え生き延びることができたら、宇宙侵略?も夢ではないとある本に書いてありました。
光速の半分のスピードで移動する船をつくり、500年かけて移動。
移動先の星に合わせて赤血球や骨力筋力を遺伝子操作した受精卵を持参。
そしてその星で文明が築かれるまでに500年だそうです。
たった1000年でOKです。
地球はあと10億年ほど命があるそうだから
地球が滅ぶまでに万を超える星々がわれわれのものになります。
途中、もし宇宙人に出会えれば、お互いの技術を持ち寄って、さらに加速していきます。
そして宇宙の終焉を迎えるまでに、別の宇宙へ移動するのです。
(生命を育める宇宙はあと3つほどあるらしい)
しかし、別の宇宙への移動はブラックホールを通過しなくてはならず、
これはかなり厳しい旅になるだろうと著者は言っておりました。

いずれにしても神はわれわれをみている。
祈りをもって、興味深く、わたしたちをみているのだと私は思うのです。

投稿日時 - 2007-05-29 14:48:10

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

 そうですね、私みたいな人間が、
神について触れていいかどうか躊躇してしまいますが・・・・。

 やはり宇宙と神とは切っても切り離せないことのように思えます。

>この綿密に計算されたすべての法則を思うと、神はいる、
>と考えるのが自然のような気がします。

 そうなんです、法則といい、或いはこの世の生物は、
ただの偶然と奇跡が重なり合って存在しているとは思えません。

 地上があれば、地上で活動する生物があり、水があれば、
水中で活動する生物があり、空があれば空で活動・・地中もまた然り。

 それ以外にも考えれば考える程、恐ろしいくらい、
この世は、あまりにもうまく出来過ぎていると思います。

 まるで、神が、設計図を作り、
今の世界を実現させているとしか言い様がありません。

>(生命を育める宇宙はあと3つほどあるらしい)

 私も、ない頭で空想している宇宙が3つあります。
 それは、天国、地獄、四次元以上の世界、の3つです。

 生命が生まれ、そしてやがては死んでゆくのが、ただの自然の掟と割り切る事ができれば、何が生まれても感動はしないし、何が死んでも悲しみはしません。しかし、人間でも、ペットでも、心から「神に召されて天国で安らかに眠ってください。」と願わずにはいられないことって誰にでもあると思うのです。(それが死後の世界だと思います。)

 でも、天国と地獄は、生命を育む世界ではないようです。

 残るは、四次元以上の世界!!。

 そこへ行くなら、無限大のエネルギーを手にいれるか、
もしくは、ブラックホールへ突入するしか道はないと思います。

 人類には、どんなにあがいても、
無限大のエネルギーを手に入れることは残念ながら不可能です。

 なら、ブラックホールに突入しなければなりませんが、
>これはかなり厳しい旅になるだろうと著者は言っておりました。

 真実は分かりませんが、ブラックホールへ突入することは、
厳しい旅どころか、それは壮絶で確実な死が待っているそうですよ。

 ブラックホールを通過することなく、
無事に、別の宇宙へ行く方法はないのでしょうかね?。

>いずれにしても神はわれわれをみている・・・・

 おっしゃる通りです。
 計算の終局図も見てみたいです。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-31 20:31:28

ANo.16

宇宙は最初「点」で、それがビッグバンしたと聞いてますが、点の周りは何だったの?

投稿日時 - 2007-05-29 09:12:25

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>宇宙は最初「点」で、それがビッグバンしたと聞いてますが、
>点の周りは何だったの?

 普通、誰しもがそう思いますよね~~。

 で、その点の大きさは、研究された結果、
1cmくらいの『玉っころ』だったということです。

 その、1cmって、勿論、『玉っころ』の
外側でなければ計ることなどできないはずなんです。

 ここで言う『外側』が、
ytvfinrgさんの言う、点の周りなんですよね。

 その周りって何?、何?、と尋ねてたとたん、
偉そうに講釈していた人の口が、止まってしまうのですよ。

 どんなことでも、何で?、何で?、と問い詰めていくと
結局は、誰も答えることに困って、行き詰ってしまうものです。

 しかし、『その点の周り』というものは不思議なもので、
何?とたった一発聞くだけで、それが『王手』になるんです。

 ひどいときには、その『玉っころ』が全てなんだから、
その外側は、全く考える必要は無し、と結論付けられる始末!!。

 でも、考える必要は無いと言われても、
やっぱり、気になって、少しは考えちゃいます。

 現在、科学がいくら進んでも、点の周りは何?、という
疑問に対しては、人類は、力なく直面しているだけなんでしょうね。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-30 19:54:11

ANo.15

10数年前の知識なので自信無しですが、宇宙の一番外側の天体で「クエーサー」というものがあるということ。
そのクエーサーは、もっっっっのすごい速さで、ビッグバンの中心から外側へ移動している(その分宇宙が広がっている)こと。
じゃあ、そのクエーサーの外側には、何があるのだ??とずっと思っていました。
今も「クエーサー」が一番外側の天体なんでしょうかね。
ビッグバン150億年前説も崩れてきているようですし……。


あと、少女マンガの設定にあったのですが。
「地球から200光年離れた星から、望遠鏡で地球を見ると、200年前の光が見られる。主人公はアンドロイドなので、その卓越した視力で、200年前の地球の地表の風景(人が動いている様子)を見ることができた」というのがありました。
これは可能なのかな……ということも、しばらく悩んでいました。

投稿日時 - 2007-05-29 08:34:13

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

 あ~ クエーサーですか~、 懐かしい、
私も10年以上ぶりに、この言葉を思いだしました。

 今の事は(昔のことも分からないのですが。)
私も分からないのですが、確かにそんな話がありましたね~。

 上を見ても右を見ても左を見ても、どの方向を見ても宇宙の壁
みたいなものがあって、そのあたりにクエーサーがあるんですよね。

 この壁や、そのクエーサーまでの距離は、
どの方向もだいたい一定で、百数十億年なんですってね。

 だとしたら、私は、この地球が宇宙の中心だと
思っていたんですが、どうやら何故か、違うみたいです。

 不思議です。

 今まで巨額な投資をして宇宙の研究をしてきて、ビックバンと
いう一つの粒から始まった事を突き止めたのは良いことなんです。

 でも、そこまで分かっているのなら、その粒があった
位置ぐらいは、分かっても良さそうなんですが実は分かってはいない。

 だからと言って、それは、どこ?、なんて天文カテで
質問したら集中攻撃に逢ってしまうかも知れませんね、恐ろしい・・

>そのクエーサーの外側には、何があるのだ??

 似たような質問を天文カテで見たことがありますけれど、
この手の質問は、誰もきっぱり回答できる方はいらっしゃらないです。

>少女マンガの設定にあったのですが。
>ということも、しばらく悩んでいました。

 ということは、これは解決したのですか?、もし、
解決しているのなら、私にだけ教えてもらいたいです。 

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-30 19:18:42

ANo.14

こんにちは。

宇宙の広さを、野球場においたオレンジを地球にたとえて・・・
というような例があるけれど、あれをきいても
なんか、理解できない。

宇宙からみた地球の写真は、とてもきれいだけど
グーグルアースでみたときの地球の写真は、
グロテスクで、あまり明るい感じをうけないけど
宇宙規模で物事を考えたら、もっと壮大なおおらかな
気持ちになれるのかなぁ。

『流れ星』を見るのが好きです。
以前、流星群を見るために寒い中、丘の上まで行って、毛布に
包まりながら、車にもたれてたくさんの流星をみたときは
感動しました。そしてそれから数年後に、車で移動中に
隕石の落下?かと思えるほどの大きな流星をみたとき、
これは!とおもい、ネットで色々と流星研究のサイトを
しらべて、そのほかの目撃情報を探したりして、燃えました。

投稿日時 - 2007-05-29 02:32:08

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>宇宙の広さを、野球場においたオレンジを地球にたとえて・・・
>というような例があるけれど、あれをきいても
>なんか、理解できない。

 同感です、私も同じなんです。

 風邪のウィルスの大きさが、ボーリングの玉としたらマスクの
穴の大きさは、国立競技場だということまでは理解できるんですがね。

 ホント 宇宙の広さというのは、
何を見ても何を聞いても全然理解に苦しむばかりです。

>グーグルアースでみたときの地球の写真は、
>グロテスクで、あまり明るい感じをうけないけど

 私の周りでは、グーグルアースでは、
まず先に、誰もが自分の家を確認する人が多いのです。

 グロテスクって言うと、tipsさんは、いったい
グーグルアースで何を覗いているのでしょうか?、気になります。

>宇宙規模で物事を考えたら、もっと壮大なおおらかな
>気持ちになれるのかなぁ。

 こういう気持ちになるのも、
立派な宇宙への素朴な疑問だと思いますよ。

 でも、宇宙規模で物事を考えたら、
先の回答者様のように死にたくなったりして・・(冗談です。)

>『流れ星』を見るのが好きです。

 宇宙に興味がある人はに共通することは、
流星雨・皆既日食・超新星を見たいことらしいですよ。

 話は変わりますが、流れ星が見える間に、何かを願えば、
何故か、願い事が叶うっていうのも私には素朴な疑問なんです。

 私の場合、「お金がほし   ああっ!!」
ってことばかりで、なかなか成功できないのです。
(せめて3秒欲しい・・・この願いの方が先決かも。)

>隕石の落下?かと思えるほどの大きな流星をみた

 私も見たことがありますよ。
 それは、夕方の曇り空を何気なく見ていたときのことです。

 曇り空だったのに関わらず、
その雲の上を巨大な光が走って通り過ぎていきました。

 多分、それは隕石にはならず、
空中分解したと思いますが、言葉が出ないほどビックリしました。

 流星を見るのもロマンですね~。

 もう少しで、ペルセウス流星群が見られますね、
3秒欲しいと、お願いしてみることにします。(←アホか?。)

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-29 20:39:36

ANo.13

太陽のように自然の状態で核融合を繰り返している物体があるのだから、地球から見えない場所にも太陽のような物体があると思うんですよ。そこでは地球のような環境の星が無いとはかぎりません。実際に地球人は地球ですら完全に調べられないのだから、そこにも文明が無いとは言い切れません。
宇宙を調べつくすことはおそらくできないでしょう。だからおもしろい。
莫大なロマンが宇宙にはあります。それを考えるだけでも今日は眠れなくなりそうです。

投稿日時 - 2007-05-28 23:14:54

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>実際に地球人は地球ですら完全に調べられないのだから、
>そこにも文明が無いとは言い切れません。

 そうそう、おっしゃる通りです、そして本当に
地球外文明が存在しているのなら早く見つけてもらいたいものです。

 逆に、宇宙人に地球を発見してもらっても良いです。
 なんとももどかしい限りです。

 地球人は地球ですら完全に調べられないというのは最もなことです。
 特に、地下のことがよく把握できていないような気がします。

 地下を調べて、やがてはこれを制御することができたら、
人類はもはや、完全無敵、地震に悩むことが無くなると思います。

 というか、そうしたら、「徳川埋蔵金」も発見できたりして・・

 宇宙を調べることよりも、
地下を調べる方がよっぽど実用的かも知れませんね。

 まあ、それとは別に、宇宙には宇宙のロマンがあって、
このロマンをどこまでも追求していく事が面白いんですよね。

 これからも、技術が進歩して
新しい発見があることを期待して待っていることにします。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-29 19:50:30

ANo.12

宇宙は怖いですよね。
常に漆黒の世界でなぜか不安な気持ちになります。
青い空を眺めていても、この上は真っ黒なんだと考えるとゾッとします。

昔から思うことは「宇宙はどこまで続いてるのか」ということ。
どうしても地球単位で考えてしまうので宇宙の存在を認識すると不思議な気分になります。

投稿日時 - 2007-05-28 21:37:52

補足

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

 残念ながら、本日は、もう、
時間がきてしまったので、返信は勝手ながら、明日させてください。

 明日、またお会いしましょう。

投稿日時 - 2007-05-28 22:52:46

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

 満点の星空を見上げていると、ただ綺麗だとか、
不思議だなぁと、思う一方、不気味なものを確かに感じます。

 それが怖いのでしょうね。真っ暗は怖いですよ、ホント。
(この時、幽霊も怖くはありませんか?。)

>昔から思うことは「宇宙はどこまで続いてるのか」ということ。
>どうしても地球単位で考えてしまうので宇宙の存在を認識すると
>不思議な気分になります。

 どこまで、宇宙は続いているのでしょうか、
世界中の人が、老若男女問わず誰もがそう思っていることでしょう。

 No1さんに返信した、「スーパー望遠鏡」で
宇宙の果てを見てみると自分の頭が見える・・・なんて。

 これは、何か論点のすり替えのような気がします。
 結局、考えても考えても、何も答えは出ず終わったりして・・。

 地球単位で考えてしまうのは、きっと、
三次元で宇宙を理解しようとしているからかもしれませんね。

 少なくとも、直接、四次元的に宇宙を
観測することができたら宇宙科学はもっと進歩するかもしれません。

 本当に不思議ですね~ 宇宙っていうのは・・・・
(幽霊も・・・・・)

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-29 19:27:37

ANo.11

あ~・・・、たま~に考えるのですが、宇宙の存在を考えると死にたくなります。

自分の意思と、周りの生き物や環境で生きていますが、たとえば「殺人事件」とか「環境問題」とか地球で話題になっていても、宇宙規模で考えたら結構どうでもいいことだし、そもそもそのちっちゃい地球を含んだ宇宙を誰が見てるの?って考えると、どうでも良くなります。「存在ってなんだろう」って哲学に耽ってしまいますねぇ。

ちなみに好きな星は「木星」です。

投稿日時 - 2007-05-28 21:15:10

補足

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

 残念ながら、本日は、もう、
時間がきてしまったので返信は勝手ながら、明日させてください。

 wycoさんとは、昨日、ある質問で、
御一緒に参加させていただいた記憶があります。

 ぶざまな姿を見せてしまって申し訳ありませんでした。

 明日、またお会いしましょう。

投稿日時 - 2007-05-28 22:45:37

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>宇宙の存在を考えると死にたくなります。

 えっ?!!そんなのダメダメと、思っていましたが、
回答文を読んでみていくと何故か納得してしまいました。

 本当に、広大な星空の下、一人で、
ぽつねんと立っていると、確かにそのような気持ちになりますよね。

 人間も、地球も、太陽も、
この世に存在する意味なんかありませんよね。

 限りなく広い宇宙の中、
私達が存在する意味がないどころか、なんの必要性もないです。

 でも、wycoさんが、死んでしまうと、
きっと、悲しむ人はたくさんいるような気がしますよ。

 まっ、宇宙にとって、私達は、
どうせ、いてもいなくとも、どうでもいいことです。

 しかし、誰かにとっては、かけがえのない、
存在になってしまっているのではないでしょうか?。

>ちなみに好きな星は「木星」です。

 私も、木星は好きですよ、それからすると、
木星だって存在している意味はあるんじゃないかな~。

 あっ、そうそう「ジュピター」って良い曲ですよね。

投稿日時 - 2007-05-29 18:58:45

ANo.10

5S6

宇宙。
アニメでは今頃宇宙コロニーや旅行ができているはずなのに
今で一般人にはできないなー。

あの星の輝きは自分が生まれるより昔の姿なのかなー?

投稿日時 - 2007-05-28 21:06:39

お礼

 こんにちは。回答してくささり感謝します。

>アニメでは今頃宇宙コロニーや旅行ができているはずなのに
>今で一般人にはできないなー。

 アニメでは、簡単に宇宙ステーションなどを建造して舞台に、
なっていますけれど、実際には簡単にものではないらしいですよ。

 悲しいことですが、
私達一般人にはとうていできるものではないみたいです。

>あの星の輝きは自分が生まれるより昔の姿なのかなー?

 北極星までの距離は、約1000光年でしたっけ?。

 この光は、私達は、北極星から発せられた光は、
1000年待たねば観測することはできないようです。

 しかし、北極星から発せられた光にとってみては、
地球まで届くのには、信じられない事に0秒だと言われています。

 光は、どんな短い時間でも、
無限の距離を進むことができるようです。

 私には、チンプンカンの現象なのですが、地球上の人間の
持ってる時計と光の持ってる時計は時間の進み方が違うようです。

 ほんとうに、不思議なことですね。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-28 22:36:44

ANo.9

ずっと昔から思っていたことなんですけど宇宙は広いですけど必ず端はありますよね?その端までいったら一体どうなるのか、と「ビッグバン」が起きる前の世界はどんなものだったのか、です。両方とも白い空間が広がっている(た)のかなと思ってます。

投稿日時 - 2007-05-28 20:56:27

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>宇宙は広いですけど必ず端はありますよね?
>その端までいったら一体どうなるのか

 そうですね、誰でもそうおもいますよ。
 素人の私でも実際にそう思っているくらいですからね。

 端までいくことができれば、想像してもいなかった、
全然異なる違う世界が現れる可能性があるらしいですよ。

 一体、何が本当で、何が、
偽りなのか私には、もはや正確な判断はできません。
(というか、これは誰にも分かってはいないはずですよ。)

>「ビッグバン」が起きる前の世界はどんなものだったのか、
>です。両方とも白い空間が広がっているのかなと思ってます。

 残念ながら、私には何も分かりません。

 先にも触れさせていただいたように、この宇宙全体の物質は、
ビックバン以前には、およそ径、1cmにも満たない塊でした。

 これが、信じられない事に、
現在の物理学で証明できるというのです。(どこまで本当なの?。)

 とにかく、このようなものだったらしいですよ。
 (誰か見たんですかね?。)

 白い世界というより、白い闇と言った方が良いと
昔、本で読んだことがありますけれど、同じようなものですよね。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-28 22:13:03

ANo.8

こんばんは。

以前「ビッグ・バン説」の話題になり、
「宇宙の誕生」があるなら、「宇宙の死」もあるのかなって、
話になりました。

「星の誕生」は以前、某国営放送がドキュメンタリー番組で
特集してましたが、「星の死」もありますよね。
派手に爆発する星、「あしたのジョー」のように燃え尽きる星・・。

宇宙はどうなるんでしょうか。

投稿日時 - 2007-05-28 20:38:04

お礼

 こんにちは。回答をしてくださり感謝します。

>派手に爆発する星、「あしたのジョー」のように燃え尽きる星・・。

 申し訳ありません、
なんかこの一行を見て心がなごんで笑ってしました。

 お互い、年齢が分かってしまいそうですね。

>、「星の死」もありますよね。

 はっきりは分かりませんが、あると思いますよ~。

 星の最後は、景気良く壮絶に爆発すか、
爆発しいないで「白色矮星」になるのが代表的な例だと思います。

 残念ながら、yokkyun39さんが見た番組は私は見てはいません。

 私的には、宇宙というのは、膨張した後、逆に収縮して、
ビックバン以前の状態に戻り、また何かの拍子で膨張を繰り返す。

 これはすでに、過去から無限回数起こって、
これからもこれを無限に、繰り返すと信じてみたいです。

 「宇宙の死」・・・
これはエントロピーが尽き果てた状態のことかな~?。

 頭の悪い私はこれくらいしか思い浮かべることしかできませんが、
この後、時間が逆戻りすることが本当なら「死」はないのかなぁ~。

 それはそうと、
星が大爆発する「超新星」を一生のうち見てみたいものですね。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-28 21:42:36

ANo.7

陽子や電子しかなかったような空間から、いろいろな天体ができ、同時にいろいろな元素ができ、最終的に知覚を持った様々な高等生物が誕生してきた歴史を考えると、とても不思議な心地がします。

投稿日時 - 2007-05-28 20:25:52

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>陽子や電子しかなかったような空間から、
>いろいろな天体ができ、同時にいろいろな元素ができ、
>最終的に知覚を持った様々な高等生物が誕生してきた歴史を
>考えるととても不思議な心地がします。

 そうなんです、これはきっと、
偶然に偶然が重なり更に偶然が重なった結果だと思います。

 私には、残念ながら、
これ以上の想像はとてもじゃありませんができません。
 (トホホホ←うなだれてるよ。)

 私のような素人が想像できるのは、このような結果に結びつく
事ができたのは、気の遠くなる程の長久の年月が一因だと思います。

 人間のような、「高等生物」の誕生は、偶然の産物なのか、
必然的なものなのか?・・・、誰にも分かる人はいないと思います。

 ただ、はっきり言えることは、
ただ、ただ、本当に「不思議」の一言だと思っています。
 
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-28 21:12:56

ANo.6

こんにちわ。

地球がこうして人類や動植物が住める星として存在していることにわたしはすごいなって思います。

金星だったら太陽から近すぎて大気とか水分とかないし、地球からそんなに離れてない月でさえ、今度は寒すぎて?生命体が住めないんですよね?

たまたま、ちょうど太陽から良い距離に地球があって、そしてわたしたちがこうして生きている。
不思議です。

投稿日時 - 2007-05-28 19:16:08

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>たまたま、ちょうど太陽から良い距離に地球があって、
>そしてわたしたちがこうして生きている。
>不思議です。

 同感です。正にそう思っています。

 しかし、心無い、科学者は、太陽は膨張してきて、
いずれ地球を飲み込んで火星の軌道にまで達するというのです。

 そんなことが本当に起こったら、
地球は消滅してしまうではありませんか?。
(その前に、人類が絶滅しちゃうよ~、恐ろしい・・・・)

>地球がこうして人類や動植物が住める星として存在していることに
>わたしはすごいなって思います。

 これも同感です。こうなったのは、
奇跡というものをはるかに超えたものの仕業ではないでしょうか?。

 この地球と太陽の年齢は同じだとされていますが、
どうやら、地球と太陽は、兄弟ではないらしいですよ。

 地球は、昔に存在していた星が、
爆発した残骸が固まったものだと学者は言います。

 更に学者は、恒星が核融合で、
造ることができるのは「鉄」までなんだそうです。

 鉄ができた段階で星が爆発して、その後の複雑な、
反応によって、鉄より重い「鉛」「金」などが作られたようですよ。

 この残骸が、たまたま、
太陽に拾ってもらって今日の地球が存在している・・・・。

 もし、これが本当だったら、
不思議と同様にロマンを感じられずにはいられませんよね。

>金星だったら太陽から近すぎて大気とか水分とかないし、
>地球からそんなに離れてない月でさえ、今度は寒すぎて?
>生命体が住めないんですよね?

 usa_hoppeさんのこの言葉、私は地球の環境をただ漠然と、
考えていましたが、このように表現したら良いことを知りました。

 ありがとうございました。 

投稿日時 - 2007-05-28 20:53:17

ANo.5

以前読んだ宇宙の本に載っていたのですが
この世に存在する全ての概念(力やエネルギー・法則など)は宇宙誕生とほぼ同時に誕生したそうです。もちろん「時間が未来にしか進まない」(「時の矢」というそうです)もです。
それについて本に載っていたのですが、イギリスのトーマス(?)って人が1958年に「時の矢が未来にしか進まないのは宇宙誕生から当然のこと。では宇宙が収縮し始めたら時の矢は逆方向に向いて、時間の流れは過去に向かうのではないか?」と仮説を立てたそうです。

それを読んで以来、宇宙の収縮始まんないかな~と考えている今日この頃です
変なこと言ってすいません

投稿日時 - 2007-05-28 19:14:11

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

 あ~「時の矢」ですか?、
美しい表現ですね、こんな言葉は、今始めて知りました。

>それを読んで以来、宇宙の収縮始まんないかな~と考えている
>今日この頃です変なこと言ってすいません

 これを言ってしまったら、私も「変」になってしまいます。
(私は、もともと 変 なのですがね。)

 私は、よくは知りませんが、宇宙の始まりから現在まで、
宇宙空間は膨張していて、これをハップルの法則というらしいです。

 この宇宙には、まだ発見されていない「ミッシングマス」
とか「ダークマター」と呼ばれる暗黒物質があるそうなんです。

 この「暗黒物質」の量が多いと、宇宙の膨張が止まるというのです。
 そして、宇宙は、今度は収縮に転じるのだそうです。

 この世は、なんでも4次元でできていて、
立て・横・高さ・時間・で成り立っているらしいです。

 私には分かりませんが、時間軸も、
長さと同じように考えてよろしいと言われているそうですよ。

 現在、立て・横・高さ・時間軸も、
ハッブルの法則により、膨張しているとのこと・・・ホントかな?。

 もし、宇宙が本当に収縮に転じれば、
立て・横・高さ・は短くなって、時間軸も短くなるというのです。

 すなわち、時間の流れが逆になるというのです、でも、
ビデオが逆さ送りになるような綺麗な戻り方はしないらしいです。

 私のイメージでは、時間の逆戻りは、
    ーーーーーーーー→  ではなくて
    ~~~~~~~~→  のようになるんじゃないかな~
 と勝手に思っています。

 私も秘かに「宇宙の収縮」を待っています。

 ありがとうぎざいました。

投稿日時 - 2007-05-28 20:21:10

ANo.4

350億年前に起こったビックバンは
何が爆発したの?
今広がりつつある宇宙の星、物質が凝縮された物?
それって何?
それとビックバンが起こる前の空間って何?

投稿日時 - 2007-05-28 19:11:21

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

 そーなんですよ。

 それを、お偉い学者さんが、
一生懸命に調べているそうなのです。

 でも、本気で真面目に研究しているのかなぁ~?、
まだまだ、現在でも、何にも分かっていないようですしね。

 彼らいわく、ビックバンが怒る前には、この宇宙全体が、
たった1cm未満くらいの大きさだったと言っているようです。

 それだけ、物質が濃縮されたら、
頭の悪い私は「ブラックホール」が出来上がると思うのです。

 しかし、そうじゃないということみたいですよ。

 たとえ、大きさが、1cmでも、
その外側が無いから「B・H」にはならないんだそうです。

 本当に、不思議ですね~。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-28 19:49:14

ANo.3

そもそも宇宙なんてあるの?
みんな騙されているんじゃないの?

投稿日時 - 2007-05-28 19:08:22

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>そもそも宇宙なんてあるの?
>みんな騙されているんじゃないの?

 うっ!! 鋭い指摘ですね。

 そう言われれば、宇宙なんて所詮、
人間が勝手に考えだした概念かも知れませんね。

 これは、人類には解明できないことかもしれませんね。

 となると・・・・・・・
「地球外知的生命」に事実を教わらなければなりません。
(ホントかな?・・・)

 その「宇宙人」にも騙されたりして・・えへへ・・

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-28 19:33:31

ANo.2

地球以外に生物はいるのか?です。

投稿日時 - 2007-05-28 19:07:08

お礼

 こんにちは。回答してください感謝します。

>地球以外に生物はいるのか?です。

 昔、アメリカで、NASAを巻き込んで、
「地球外知的生命」の探査が行われたそうですよ。

 その作戦の名前は、「オズマ計画」、
異星人から送られているかも知れないメッセージを受け止めようと
したのですが、結局は、見つからないまま終わってしまったようです。

 その後、逆に、アレシーボ電波望遠鏡で、
地球から電波を発信して、今、返事を待っている段階なんだそうです。

 現在は、ただの、
「地球外生命」すら見つかってはいないようですよ。

 もし、いるのなら、早く見つかってほしいですよね。
(欲を言えば、私が生きているうちに・・・・)

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-28 19:24:14

ANo.1

宇宙空間に限りはあるのか?

投稿日時 - 2007-05-28 18:53:08

お礼

 こんにちは。回答してくださり感謝します。

>宇宙空間に限りはあるのか?

 う~ん、私も星空を見上げてはよくこのことは考えます。

 だからと言って「宇宙は無限なのか?」
と言えば、実は、そうでもないらしいのです。

 まだ、開発されていない「スーパー望遠鏡」
で宇宙の果てを見ると自分の頭が見えるそうです。

 本当にそうなんですかね~?。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-28 19:03:17

あなたにオススメの質問