こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スピーカー端子の復活(清掃)について

数十年ほど前から、NS-1000MとNS-10M(共にYAMAHA)のスピーカーを愛用して音楽を聴いております。(まだ現役でバリバリ鳴っております)数年前からアンプはPMA-2000II、CDはDCD-1650AZ(共にDENON)に買い換えました。(以前はYAMAHAのB-4、C-4でした)
最近になってスピーカーの端子の汚れが気になり、このせいで多少の伝送ロスが発生し、音質にも影響しているような気がします。
ネットで端子の復活材等を調べましたが、何が向いているのか全くわかりません。詳しい方がおられましたら教えてください。
ちなみにスピーカー端子は購入時から全く掃除はしていません。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-06-05 18:50:54

QNo.3059261

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1000M,10Mとも使った事が無いので端子の形状や素材はわかりかねますが、一般的な端子として助言です。
端子が錆びたり、変色しておりますでしょうか?もしもそんな状態なら磨くだけでも効果が有るかもしれません。(水、洗剤、アルコールなど)
私の経験から、端子よりもケーブルの導線、酸化して黒っぽくなっておりませんか? 数センチ切り直して接続でも効果が有りそうです。
あとは、わりと年代物なので、金メッキ端子とかで無い場合も考えられますが、そんな時はちょっと高価な端子に交換が近道でしょうか(メーカー製の物なので改造したく無いのでしたら別ですが)
よほどの劣化が無ければ、ふつぅに聞いて違うほどの効果は考えられません。真剣に!じっくり聞き込むと違いがあるかも知れません(感受性の個人差の方がおおきいものです)
 ちなみに、プロ機の世界では「接点復活材」とは、現場で発生した接触不良などの時の応急処置、翌日パーツ交換です。ただし、中には潤滑、防錆び(酸化防止)を目的としたものもあり、このたぐいはプロ分野でもそれなりの効果が有るそうです。
参考になりましたら 幸いです。

投稿日時 - 2007-06-05 21:54:34

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
端子はプッシュ式で金メッキではありません。(古いですので)
ケーブルは気が付けが切り直して使っておりました。
ご指摘のように端子は酸化して黒っぽくなっています。端子を磨くだけでも効果があるのですね。早速試してみようと思います。
端子の交換も考えられますが、分解の方法がいまいち理解できません。
何せ頑丈に作られているようですので・・・。
ちなみに、簡単な市販の磨き材(メンテナンス用品)をご存じでしたらまたご教示ください。
今回はどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-06 22:26:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

「プッシュ式」とは以外でした。
スプリングにより、常にテンションがかかるので接触不良がおきにくいという意味では良いものです。しかし接点やケーブルにこだわって音質がわかる方にはベストな端子ではないようです。
 ちょっと調べてみましたら、ユーザーが多いのでいろいろなサイトが見つかりました。ほとんど個人のHPなの勝手にリンクははりませんが、検索サイトで探してみてください。 けっこう皆さん改善してますよ。
 私の検索状況
グーグルで 「NS-1000M 修理」 「NS-1000M 改造」 
などです。
 まだまだ現役で良い状態を保って居る方々も多いので、がんばってみてください。

投稿日時 - 2007-06-06 23:17:42

お礼

度々のご回答ありがとうございます。
まだまだこのスピーカーは皆さん使っておられるんですね。
早速検索して調べてみます。がんばります!!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-06 23:35:27

あなたにオススメの質問