こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

20歳ですけど年金納める気ありません。

20歳の者ですけど、年金を納めるつもりありません。
国に年金を払っていたのに、国はもらってないってことになってる
ケースがかなりあるんですよね?
そういうずさんな管理の組織に安心して年金を納めたいとは思いません。
そもそもなんで国が年金を預かったりするのでしょうか?
自分で運用したいのに。

納めないって何か問題ありますか?

投稿日時 - 2007-06-09 19:07:36

QNo.3070309

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

21人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

そもそも質問するってことは、結局自分の考えに自信がないからではないですか?
自信があるなら勝手にやれば良いだけの話ですしね。
私も年金とかの知識ってあんまりないし、無頓着ですが、納めてますよ。

就職すれば、大体は自動的に年金を納めなきゃいけません。
納めなくても良い会社がないのは、やっぱりそれが間違ったことだからでしょう。
国に払うのがイヤなら早く自分が信頼できる会社へ就職して、
そちらで運用(?)すれば良いと思います。

投稿日時 - 2007-06-21 23:05:45

ANo.17

障害状態になっても一生の保障がある保険に加入して、老後の生活に心配のいらない資産運用ができれば、理屈とは別に問題ありませんが、たぶんそんな保険はありません。限度があります。

投稿日時 - 2007-06-15 21:39:43

ANo.16

ファイナンシャルプランナーをしています。

>ずさんな管理の組織
今問題になっている大部分は番号が統一される前の話です。

いくつか誤解さていますが
1、年金は税ですから納税の義務があります
2.遺族年金、障害年金という保障があります。
  大学生が未納で障害になり裁判になっているのをご存知でしょう  か?
3.自分で運用するといいますが、国民年金でざっと8年で元が取れま す。
 65歳から30年生きた場合ざっと80万円の30年分2400万円の貯蓄できる人がどれくらいいるでしょうか?
 20年で計算しても1600万円です。
もちろん年80万円でくらせませんから、運用も必要です。
国の負担分があるからできることです。
社会保険庁に不満は皆さんありますが、納税ということと制度の存在意味とは別です。そのために選挙もあります。年金がなくなればもっと生活に困ります。

夫婦二人で月20万円で暮らした場合でも20年で2400万円30年で3600万円です。

投稿日時 - 2007-06-13 11:12:48

ANo.15

あなたみたいな人が増えるとどうなるか、怖い予想をします。

年金の歳入が少なくなる→支払いはこれからさらに増える(今年から大量退職時代が始まります)→足りない年金分は国庫から穴埋めしなければならない→穴埋めするため消費税の税率が現在の予測よりも高くなる→毎日の物価が当然上がる→消費が冷え込む→景気が悪くなる→あなたの就職先が見つかりにくくなる

こうなってもいいのですね?
こうなりたくないなら外国語を勉強して、よその国に出国してください。

投稿日時 - 2007-06-12 21:15:04

ANo.14

私の考えは以下の通り。みなさんとはちょっと違っていると思う。
(30歳会社員)

 まずは日本に住んでいる自体で日本国民であり日本国民の義務は果たすべきである(ここは普通かな)。
 ずさんな管理の社会保険庁・・・うんぬんはそういった膿を含めての日本であり日本国民なのである。
 それがいやであれば日本を棄て、税金のない、バチカン市国?等に移住したらいい。

 自分も腹が立つが日本である以上しょうがないと割り切っている。

 日本に住んでいる時点で物の豊かさ・安全等の恩恵は受けているのであるから。

投稿日時 - 2007-06-10 16:15:14

ANo.13

下を読んで好きなようにしましょう。

若気の至りにはならないように。この質問だけで見れば社保庁の問題点だけに囚われて計画性がなかったと反省する可能性は高い。

問題は、成功者(長者)と呼ばれる全体の1~5%を除くほとんどの国民は年金制度がなければ老後は5年も持たないということでしょう。
8割は5年以内に、10%は10年~15年以内には財産が枯渇するでしょう。
中でも、数パーセント以上(今は1割を越えているかもしれない)は年金給付年齢時点で貯蓄もないはずです。

尚、年金制度が破綻した場合は、老齢時セーフティネットがひっくり返りますからきっと経済も政治もかなりの混乱を来す可能性がある。成功者と失敗者や貧民が逆転する革命も起きるかもしれないので、考えなくてよい。
また、日本が崩壊した場合はそもそも日本国がなくなりますから、円など価値がない。要は、国としては振り出しです。

後は、払っていなければ社保庁に問題があって「ほらやっぱり」とは言えても、あの省庁はダメだ解体しろと言える立場にはないし、批判も十分にはできず、自分の貯蓄がそうならないことを祈ることになります。払っていない以上、預けたお金が返ってこないわけでもないですからね。

まあ、個人で耐火金庫に1億保存して金庫毎盗まれた場合と、銀行が襲われて1億円盗まれた場合とでは、後者ならお金は返ってきますが前者は保証がないというのもある。また、銀行が潰れても保証制度である程度の基礎金額までは戻ってきます。
「ずさんな管理」でも、まもなく行われる選挙や、世論の批判などで確認を社保庁に行わせる手段がある可能性もある。

自己管理は、そこまではできない。あくまで、自分が間違った選択をすればそこで終わりです。よく考えましょう。

本気で自分で貯めたいなら、社会において、老後があると仮定して一年にいくら生活費を使うとした場合、何年でいくらの蓄えが必要で、そのお金を持っている人が何パーセントいるかをしっかり把握しておきましょう。生涯現役で稼ぎ続けるほど自信があるなら別です。

投稿日時 - 2007-06-10 08:57:45

ANo.12

基本は当然払わなくちゃいけないもの。
老齢のときのため、自分が万が一のときのために必要であり、民間の保険をオプションとすれば、こちらは基本の保障ですね。

ただ、払いたくなければ払わなければ?
自分で運用すれば良いのでは?
払わないということは、国に頼らず自分でという意思表示かと思いますので、今後国に頼らず、自己責任で生きていきましょう。その方が責任が自分にしかないため、言い訳が明白ですし。

投稿日時 - 2007-06-10 08:02:35

ANo.11

>納めないって何か問題ありますか?

あります。
特に今は未納年金保険料の取立てはきっちりやるみたいですよ。
まず催告が来るでしょう。無視続けるとそのうち差し押さえ来ますよ。

経済的理由で年金保険料を払えないというのであれば、
「全額免除制度」「一部納付制度」
「若年者納付猶予制度」「学生納付特例制度」をお勧めします。
収入状況が改善したら追加納付をするべきものですが、
これらの制度を利用する期間は障害者年金が付くのが利点です。
また受給資格期間に計上されるので、
保険料納付期間が25年に満たないときに使えます。
「全額免除制度」ではその期間の本来の年金額の三分の一として
年金額に計上してもらえます。使わない手はないです。

でも国の年金制度自体に頼りたくない、とお考えであれば、
そのようなせこい手は使えないですね。

国を批判する前に、
「責任は選挙権を持つわれわれすべての国民にもあること」
「杜撰な管理・不正な使い込み等、政府機関の批判はしつつ、
それ以上に国の機関の恩恵を我々は受けながら生活していること」
を、忘れたくはないです。

すべきなのは年金不払いなどではなく、もっと選挙に参加すること、
年金制度の改革に関心を持ち、良い改革に導くような世論を形成すること、
政府機関の監視をする市民オンブズマン等の活動を支援すること、
なのだと思います。(そうは思っていてもなかなか出来ないことですが。)

投稿日時 - 2007-06-10 02:47:48

ANo.10

20歳で障害者になって70歳までですと、年額1級 993,100円x50で約5000万の支給です。(途中から切り替えがあります)

民間の障害保険で5000万の物に入ると月額6000円程度かかります。
もちろん一括払いと、月づき支給の違いはありますが、その分を

差し引いて残りが積み立てだと考えれば相当得な「保険」だと
思います。

その事を政府は全く宣伝しません。宣伝すると民間の損保会社の
障害保険に加入する人が激減すると思われるからです。

損得勘定だけで言えば、入っておいたほうが得ですが、
政府を批判したくて、あえて損を取るのも自由です。

投稿日時 - 2007-06-10 00:24:50

ANo.9

判で押したように みんな同じ様な回答ですが
本当に 払うの? それでいいの・・・・?
と思えてきます。
質問者は、払わないのではなく
払いたくないという気持ちがどこから来てるか

ずさんな管理の組織に安心して年金を納めたいとは思いません

ということを自分のわかりやすいところで考えると
ホントに払うのでいいのかな? と思えます
例えば、給食費 払ってたのに 払ってないので給食は与えられません
と言われたとします。よくよく調べると
払ったはずのお金 使い込まれていた 飲み食いに・・・・
また、この仕事をしたらこれだけのお金を払います。
ところが、1ヶ月後、給料は振り込まれてなかった
理由を尋ねても日報がなくなったので
証明できるものがないと仕事したかどうか、わからない。
日報を会社がなくしておきながらその言い方はないんじゃないの?
さらに、だれだれが悪いとか悪びれずに言うだけでなく
誤りさえ認めようともしない。
さて、こんな状況と
今の国がやっていることとあまり違いはないとおもうのですが

でも、払はないと自分が困る 今の受け取りの人とバランスが等々
政府や権力者が私たちをうまく操作するために
信じ込まされた考え方かも

いつかこの年金制度は根本的に改善しなくてはならない
なら、今の年金受給者は 国民から集めたお金を使って
支払われるのではなく、これまで多くのお金を何とかピアという
年金のお金以外の使いかたしたり、天下りで何億という
莫大で信じがたい退職金を手にしておいしい思いしている
痛みのわからない人たち、その他 議員さんでも
おいしい汁を吸って国民を愚弄し儲けて私腹を増やした人たちが
まかなえばきっと何とかなるのでは。。。。
その後、この制度を廃止にするべきでしょう。
なぜなら、国民からお金を集めて国民にお金を分配するというのは
実は、ある一部のものが好きに使い放題のお金になっているのが現状だ
それを何とか隠し必要だと納得させるために
マスコミを使い洗脳してきた。
だから、みんなのためにあるいは自分のためにも
年金は払うべきという判で押されたような答えが
何の疑問もなく・・・・・・・
新しい社会を作り変えるためにも
もうここらで 年金も税金も使い方を好き放題に使われることを
終りにしなければ、旧い体制は変えなければよりよい世界が来ません。
私たちの子供につけをまわさず
もっと良い社会を創るために この制度 壊す必要があり
その痛みは 国民ではなく 甘い汁を吸ってきた 
国民の痛みを感じれなかった 権力者 に、
なってもらう番じゃないでしょうか・・・・?

さて、じっくり 考えると 本当に払う必要? と思えませんか

投稿日時 - 2007-06-10 00:02:52

ANo.8

基礎年金(国民年金、厚生年金、共済年金などの加入者が加入)は、20歳から60歳の、全ての国民が加入することになっています。
老齢基礎年金は25年以上の保険料納付(納付免除、カラ期間なども算入)義務を果たすと請求できます。
若年者でも、重度障害者、遺族には支給要件、納付などの要件を満たすと請求できます。
給付年金には税金が投入されるし、加入、納付期間が不足だと厚生、共済年金も請求できず、受給権を放棄したようで大きな不利と思います。
今、重大な問題となっているのは、重要な国民の相互助け合いの制度だからです。国の事業であり崩壊しないことを信じています。

投稿日時 - 2007-06-09 23:52:50

ANo.7

納めない場合は結局強制徴収となってしまうだけでは?
強制徴収にはそれなりのコストがかかりますし、そのコストは年金から支払われるコトになるでしょう。

投稿日時 - 2007-06-09 23:19:04

ANo.6

あなたの身内に年金受給者はいますか?
その方達の年金の一部と言うか、かなりの部分は現在納付している方達の
保険料で賄われてしますので、身内の方に受給辞退するように勧めて下
さいね。受給辞退する制度もできてますから。

合法的に納めない方法が取りたければ、すぐにでも出国して下さい。
日本国籍を持っていても、海外居住期間は任意加入になります、
合法的に加入の必要はなくなります。
ただし、ご両親の老後には仕送りをするなり、年金に頼らなくても
生活できるようにしてあげてくださいね。

投稿日時 - 2007-06-09 20:51:37

ANo.5

こんにちわ。
私もそのくらいの歳の時には同じことを思いました(笑)。
でも、不満は不満、義務は義務だと思いましたので、結局真面目に払っております。
人間は誰しもが助け合いで生きています。
誰の手も借りずに生きているなんて人はまずいません。
私たちが今、衣食住という恩恵を受けられるのも、結局社会のおかげ、周りの人々のおかげです。
私たち若い世代が年金を払うことによって、今まで日本をよくするために必死に働いてきたお年よりのみなさんの生活が助けれられます。
これが困っている人たちのもとにいかず、どこかで無駄遣い、私たちが歳をとったらもらえなくなるかもしれないという不安が今の現状ですが、そんなことにならないように努力するのが国民の務めではないかと思います。
また、義務を果たせば権利が得られるというのがルールだと思います。
他の方の回答にもありますが、もしかしたら明日にでも事故にあい、下半身不随になるかもしれない、もしくは知能に障害が残り、誰かの介助なしでは生きてゆけない体になってしまうかもしれません。
そんなときに「今まで払っていなかったから」という理由で障害者年金のひとつ貰えないなんてことになると、想像を絶する地獄です。
私も今の年金管理体制にかなり不安や憤りがあります。でも、不安が現実にならないよう、常に声をあげていくのが大事だと思います。
一緒に頑張りませんか?

投稿日時 - 2007-06-09 20:19:03

ANo.4

勉強しない馬鹿は阿保なマスコミのいうことを真に受けてそうほざくの。
これから50年後の年金なんてどうでもいいの。出るかどうかも解らないのだから。
ただ、目先の利益には気をつけなさい。
年金未加入訴訟と言うのがあって、未加入だった大学生が事故で半身不随になったわけ。でも、大学生は年金未加入だったので、障害基礎年金がもらえずに訴訟になりました。
いつあなたに降りかかるかも知れない話です。ですから、安心料と親の負担をかけないための年金です。

投稿日時 - 2007-06-09 19:57:40

ANo.3

非国民です。m_ _m 言い過ぎました。

年金は国民一人一人が支払う事によって、大勢の受給者の原資となっています。
今支払っている(払ってないか)金額は積み立てられるのではなく、年金を受給されている方に振り分けることによって、年金制度が成り立っています。(足りない分は国庫から補っています)
あなたが支払わないと足りない分は国庫から(つまり税金ですね)支払う事になります。国の財政が益々厳しくなります。そうなると待っているのは増税しかありません。
あなたが支払うべき分を我々が肩代わりするわけです。勘弁してください。

あなたは年をとった時に年金が貰えないだけなので我々は関係ありません。その分貯金しとくなり、投資に回して老後の蓄えをするなりしてください。

ただし生活に困ったとしても、生活保護の申請なんかしないでくださいね。これ以上あなたの面倒は見たくありませんから。

投稿日時 - 2007-06-09 19:25:04

ANo.2

国に年金を払っていたのに、


>国はもらってないってことになってるケースがかなりあるんですよね?
昔コンピュータのなかった時代の名残としてかなりありますね。
本当は基礎年金番号制度をもっと早く導入して一元管理していればそういうことにならなかったのですけど、、、

>そういうずさんな管理の組織
管理は確かにずさんでしたけど、必ずしも社会保険庁だけの問題ではないですね。
何十年も前から基礎年金番号制度が必要だと社会保険庁側からは要望が出ていたけど、マスコミや社会党などが、国民背番号制につながり、国家管理されることになるから反対と言われて導入できずにいたという経緯もありますから。
(ご質問者が生まれる前の話です)

>そもそもなんで国が年金を預かったりするのでしょうか?
株式運用などを誰もが出来るわけではありません。株式のようなリスクのある物を取り入れない限りは、インフレリスクを回避できません。つまり元金が保証される金融商品は、インフレにより目減りします。
また失敗も許されません。インフレリスクに打ち勝ち安定した資金を作るというのは容易ではありません。

失敗した人たちはどうなるのか。生活保護でしょう。今度は100%そのときの現役世代からの税金で養うことになります。膨大な税金が必要となり、高額な税金がかかることになるでしょう。

日本では生活保護制度で、最低限の国による生活の保障をしなければならないと憲法で定められていますが、実はその第2項にて、社会保障制度を更に充実させなさいともかかれています(憲法は国の義務を定めた物です)。

つまり日本国憲法がそういう制度を作りなさいと定めているから国が作っています。


>納めないって何か問題ありますか?
ご質問者が損をするだけです。

年金に対してはかなりの金額の税金を投入しています。保険料だけではなく。
ご質問者はその税金を支払うけど、その見返りはなくなります。
あと、社会保険のある会社に勤めた時には、給与から天引きされるので、拒否も出来ません。でも加入年数が最低必要年数に満たなければ払った保険料はどぶに捨てたことになります。

加入は強制で義務としているので、加入していないケースは損にしかならない仕組みになっています。

投稿日時 - 2007-06-09 19:20:49

ANo.1

ある日突然事故にあって障害を負ったら、貰えるはずだった「障害年金」がもらえません。
障害どころか死亡したら、残された身内に支払われる「遺族年金」がなくなります。
まぁこれらにしたって4,50歳くらいでそうならそれなりに蓄えもあるでしょうが、20代でそうなったらそれでも自腹で賄えれるのでしょうか?

投稿日時 - 2007-06-09 19:13:02

あなたにオススメの質問