こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

度重なる年末調整の訂正で…仕訳等あってますか?

随分前の話ですが…
去年末の年末調整時の事です。
度重なる訂正で、今頃不安になってきました。

※12月分給料と年末調整の日は同じ12月25日です。
決算は12月末で帳簿を締めました。

12月24日の出来事です。
年末調整のざっと計算をし、皆(会社全社員4人)
所得税が超過になりそうなので
社長命令により12月分給料の所得税を0円とし計算しました。

12月25日の午前
この時の計算では全社員(4人分)で77,450円の超過で
銀行よりお金を払いだしました。
内訳は
還付の方が
Aさん 50,550円
Bさん 26,230円
Cさん   720円
不足の方 
Dさん   50円
です。
(初めての年末調整をし、還付ー不足=77450円で計算してました。)

ですが、
Dさんが50円不足だったため
(社長命令で)
12月25日午後
再度給与計算をし
Dさんのみ50円分12月分所得税を給料から引きました

この時のDさんの給料の仕訳は
給料  ○○円 /現金   ○○円
        /預かり金 50円 
        /…
っとしました。

そして、この時再度年末調整を計算し
会社社員全員の年末調整が77,500円でした。
還付の方が
Aさん 50,550円
Bさん 26,230円
Cさん   720円
還付も不足もない方
Dさん    0円
です。

しかし
Dさんの給料計算前にお金(77,450円)を下ろしていたため

口座から下ろした現金  77,450円
会社金庫からの現金     50円
現金で社員(AさんBさんCさんの3人)に年末調整として支払いました。

この時の仕訳は
預かり金  50円     /現金 77,500円
立替金 77,450円
です。

そして12月31日付けで帳簿を締め決算処理をしました。


そして年があけ、
1月10日に所得税の支払いをしますが、
(給与所得・退職所得等所得税徴収高計算書に記入)
12月分給料の税額    50円(1人のため)
年末調整による超過税額 ▲50円
合  計         0円
所得税徴収高計算書備考欄に記載
77,500円-50円=残高77,450円
支払いなしなので、仕訳はしていません。
(仕訳なしでいいですか?)


そして、帳簿を締めるとき、(1月上旬のことです)
Dさんの給料と税額が違うことを発見!

計算し直すと
皆還付で
Aさん 50,550円
Bさん 26,230円
Cさん   720円
Dさん   500円

となり
社長より別に支払う(還付)は面倒なので…っと
Dさんの1月分給料から、
還付しました。

1月分給料の仕訳です
給料 200,000円  / 預り金(年金基金) 5,000円
            / 預り金(雇用保険) 2,000円
            / 預り金(所得税)  3,500円
           / 預り金(市民税)  3,000円
           / 現金  166,500円
立替金  500円  / 現金  500円
※還付の500円以外は架空の金額です

そして、
実際2月分3月分…と
所得税の支払い時(毎月10日)

2月は
所得税徴収高計算書に
77,450円-18,205円(全社員1月分給料合計の実際の額)=残高 59,245円

仕訳は
預り金  18,205円/立替金 18,205円


3月は
所得税徴収高計算書に
59,245円-20,590円(全社員2月分給料合計の実際の額)=残高 38,655円

仕訳は
預り金  20,590円/立替金 20,590円


4月は
所得税徴収高計算書に
38,655円-21,080円(全社員3月分給料合計の実際の額)=残高 17,575円

仕訳は
預り金  21,080円/立替金 21,080円

そして、3月末
今まで、通勤費をすべて非課税にしてましたが、
税理士さんより指摘あり、
再度、計算し直しました。

Aさん 50,550円
Bさん 26,230円
Cさん   720円
不足の方 
Dさん  9,300円

その為またDさんのみ給料で調整

4月分給料で
仕訳を
200,000 給料 / 社会保険料(預かり) 20,000円
        / 年金基金(預かり)   5,000円
        / 雇用保険(預かり)  2,000円
        / 所得税(預かり)   3,500円
        / 市民税(預かり)   3,000円
        / 現金       157,200円
/ 立替金       9,300円

以上です。

適正な処理をしているでしょうか?

長くてすみません

投稿日時 - 2007-06-13 19:36:38

QNo.3081940

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>>まったく500円の事を考えてなく何も処理してません。
>>単純に、『大変!訂正だ』の処理です。
>>前回の500円で過不足0円だったので、何も考えず1からの処理です。

年末調整による算出年税額と、源泉徴収税額+過不足税額はイコールになるはずですので今一度確認させていただきますが、、

1回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 - 12月分源泉税額50円 = 0
2回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 - 12月分源泉税額50円 + 還付額500円 = 0
3回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 - 12月分源泉税額50円 - 不足額9300円 = 0

もしくは、

1回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 - 12月分源泉税額50円 = 0
2回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 - 12月分源泉税額50円 + 還付額500円 = 0
3回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 - 12月分源泉税額50円 + 還付額500円 - 不足額9300円 = 0

のどちらだったのでしょうか?
それとも、この2通りとはまた違う計算だったのでしょうか?

投稿日時 - 2007-06-18 13:42:06

補足

すみません。理解出来てないです。

年末調整の所得税源泉徴収簿に
間違ったその都度、訂正箇所(給料)を当てはめ書き直し計算をしています。


1度目のとき 
税額45,450円
給与所得金額及び年税額 50,600円で
年調年税額が   50,600円
年調定率控除額が  5,060円
H18年分年税が  45,500円
…で、不足が       50円っとなったため
12月分給料で50円不足分頂き
税額45,500円
給与所得金額及び年税額 50,600円で
年調年税額が   50,600円
年調定率控除額が  5,060円
H18年分年税が  45,500円
過不足           0円
でした。

そして
2度目の時(決算時の足し間違えで)
給料の金額が増えたため
税額45,500円
給与所得金額及び年税額 50,000円で
年調年税額が      50,000円
年調定率控除額が     5,000円
H18年分年税が     45,000円
還付額            500円 っとなり
給料時 500円 払う

3度目の時(給料に通勤費の課税分足し)
税額45,500円
給与所得金額及び年税額 60,900円で
年調年税額が   60,900円
年調定率控除額が  6,090円
H18年分年税が  54,800円
不足        9,300円
4月分給料で、9,300円頂きました。

っとなると
結果12月には源泉税額0円なので
1回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 =0円
2回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 =0円 
3回目 年税額 - 1~11月分源泉税額 =0円
だと思います。感じです 

何度もすみません、理解出来ますか?

投稿日時 - 2007-06-18 19:08:31

ANo.4

>>????       9,300円 
>>っと????の科目を入れる必要がありますよね?

????の勘定科目は、仮払金になります。
仮払金勘定は、金額が未定・費目が不明等で仮に支払って後で清算する場合に使用する勘定科目です。
間違って支払ったので後で回収して0円に清算しなければならないので仮払金です。

>>今回の1月発見時は500円は超過分だったので、
>>1月給料でDさんに500円返したようになってます。
>>科目は立替金にしてました。
>>…という事は、Dさんに500円頂かないといけないのでしょうか?

順番に整理してみましょう。

1.最初は12月給与の源泉税額が0円だったので不足額が50円
2.12月給与の源泉税額を50円にして再計算したので過不足0円
3.給料と税額の相違により再計算をして500円還付した。
4.通勤費の課税区分の訂正による再計算の結果、9300円の不足

上記3までは問題なく処理されていると思います。
ポイントは4の処理で、年末調整の再計算をするときに還付済み額500円をどこかに入力されましたか?(例えば、12月の源泉税額50円を500円マイナスして▲450円で入力した等)
それとも、給与計算ソフトが自動的に還付済み額を年税額から差し引く源泉税額に含めるような仕組みになっていますでしょうか?(まず、そうなってはいないような気がしますが)

源泉税額を一切触れずに課税給与所得額の部分だけを変更して再計算した結果が9300円の不足額なら、500円の還付額を一切考慮せずに年末調整したことになります。
その場合、3の計算時と4の計算時の源泉税額が同額になっているはずです。

おそらく、考慮されずに再計算されたような印象を受けますが、どうでしょうか?
ここがはっきりしないと、前に進めません。
年末調整再計算時の計算書類等が残っているならば、一度確認されたほうがいいと思います。

投稿日時 - 2007-06-15 19:10:04

補足

毎度毎度ありがとうございます。

>4.通勤費の課税区分の訂正による再計算の結果、9300円の不足
>ポイントは4の処理で、年末調整の再計算をするときに還付済み額500円をどこかに入力されましたか?(例えば、12月の源泉税額50円を500円マイナスして▲450円で入力した等)

すみません。まったく500円の事を考えてなく何も処理してません。
単純に、『大変!訂正だ』の処理です。
前回の500円で過不足0円だったので、何も考えず1からの処理です。
ちなみに給与計算ソフトはなく、自分で計算してます。
(社長が一応給料計算してる状態で
還付なら社長に言って給料に足し
不足なら同じく社長に言って給料から引いてっる状態です)


???は仮払金ですね

本当にいつもありがとうございます。
この問題のゴールは近いですね?きっと?
夜も日中も気になり、寝ることも仕事も手につきません。
でも…
本当にひとつひとつ勉強になり助かっています。

最後までよろしくお願いします

投稿日時 - 2007-06-15 22:29:19

ANo.3

>>4月分給料で仕訳を
>>200,000 給料 / 社会保険料(預かり) 20,000円
>>          / 年金基金(預かり)   5,000円
>>          / 雇用保険(預かり)  2,000円
>>          / 所得税(預かり)   3,500円
>>          / 市民税(預かり)   3,000円
>>          / 現金       157,200円
>>         / 立替金       9,300円

この仕訳の立替金の行の意味するところは、税務署に納付すべき不足額9300円を会社が還付金を立て替えた金額が18075円残っているので、それに充てた(立て替え分を返してもらった)とゆうことです。
ですので、この時点で立替金勘定の残高としては
 18075円-9300円=8775円
となるわけです。

>>実際の5/10の納付には
>>4月分全員の所得税合計  18,800円 (給料の時預り金(所得税)で処理)
>>Dさんの4月分給料で差し引いた 9,300円 (給料の時(立替金)で処理)
>>税理士等の報酬があり     17,370円  (税理士さん支払い時預り金(外注)で処理)
>>  合計 45,470円
>>これに、残りの年末調整による超過額 8,775円 を引いた 36,695円を現金で納付しています。

このときの所得税徴収高計算書としては
 給料等    18800円
 報酬等    17370円
 年調還付額 ▲18075円(前月からの年調繰越還付額)
 年調超過額   9300円

 合計額    27395円
になります。

>>この時の仕訳を
>>預かり金(所得税) 18,800円 /立替金  8,775円
>>立替金         9,300円 /現金  36,695円
>>預かり金(外注)  17,370円

二行目の立替金の仕訳は必要ありません。
 預り金 18800円/立替金  8775円
 預り金 17370円/現 金 27395円
となり、所得税徴収高計算書の納付合計額27395円と合います。

実際に納付された36695円と27395円の差額9300円が余計に納付していることになります。

ここで税務署が言われた8800円と私の9300円との差ですが、1月に給与で還付された500円の取り扱いによる違いです。

>>まず、3月末のDさんの年末調整再々々計算後の不足額9300円が
>>  所得税額-{18年中の源泉徴収税額(当初不足税額50円を含む)-再計算還付額500円}
>>  =差引不足税額9300円
>>との前提でお話します。

この前提では、間違って還付された500円が年末調整によって算出された所得税年税額から差し引かれる税額に考慮されていると考えています。

もし仮に1月の500円の還付がなかったものとして年末調整した場合に不足額が8800円になる(考慮されている)なら私が言った9300円の納め過ぎです。
対して還付がなかったとしても9300円になる(考慮されていない)なら、税務署が言われたとおり8800円の納め過ぎです。
この場合、1月に間違って還付した500円は実質Dさんへの貸付金もしくは仮払金になりますので、別途Dさんから返済していただく必要があります。

この500円がどう取り扱われているかで、仕訳は異なることになります。

投稿日時 - 2007-06-14 23:27:27

補足

いつもありがとうございます。
大変助かっています。

本来5月10日は
> 所得税徴収高計算書としては
> 給料等    18800円
> 報酬等    17370円
> 年調還付額 ▲18075円(前月からの年調繰越還付額)
> 年調超過額   9300円

> 合計額    27395円

…っとすればよかったものを
8,775円の超過額にしちゃったのが、よくなかったのですね?

でも、実際現金は、この時36,695円支払っているわけですから、
やはり
預かり金(所得税) 18,800円 /立替金  8,775円
預かり金(外注)  17,370円 /現金  36,695円
????       9,300円 
っと????の科目を入れる必要がありますよね?

>この500円がどう取り扱われているかで、仕訳は異なることになります。

…の部分ですが、私は、間違いがわかる度、
不足なら、貰う
多いなら、返す
っとしてます。

今回の1月発見時は500円は超過分だったので、
1月給料でDさんに500円返したようになってます。
科目は立替金にしてました。
…という事は、Dさんに500円頂かないといけないのでしょうか?
すみません。またまた、頭がパニックです。

5月10日の納付時の
???? 9,300円を減らす必要があるので、

6月分給料でDさんより500円貰って
現金  500円 /????  500円

7月10日の納付時は
例えば皆の所得税合計が15,000円だとしたら
預かり金(所得税計) 15,000円/????   8,800円
                  /現金     6,200円
ですね?
????の科目はなんでしょうか?

投稿日時 - 2007-06-15 13:18:58

ANo.2

まず、3月末のDさんの年末調整再々々計算後の不足額9300円が
 所得税額-{18年中の源泉徴収税額(当初不足税額50円を含む)-再計算還付額500円}
 =差引不足税額9300円
との前提でお話します。

立替金の残高を整理してみると・・・

1月の所得税徴収高計算書(12月分給料)の時点で
 年調還付額77500円-12月源泉税額(当初の年調不足額50円)=翌月繰越77450円
 (この時点での立替金残高)
2月の所得税徴収高計算書(1月分給料)の時点で
 前月繰越77450+年調再計算還付額500円-1月源泉税額18,205円=翌月繰越59,745円
3月の所得税徴収高計算書(2月分給料)の時点で
 前月繰越59,745円-2月源泉税額20,590円=翌月繰越39,155円
4月の所得税徴収高計算書(3月分給料)の時点で
 前月繰越39,155円-3月源泉税額21,080円=翌月繰越18,075円

ここで、4月給料で9300円の不足額を立替金勘定で処理しているので、4月末での立替金勘定の残高としては
 18075円-9300円=8775円
となりますが、実際はどうなっていますでしょうか?
また、住民税、社会保険料その他を除く源泉所得税のみの預り金の残高は0円になっているはずですがどうでしょうか?
残高が合っていれば、現時点の情報でわかる範囲では仕訳は合っていると思われます。

なお、毎月の源泉税額を見てみますと4月給料で立替金がなくなると思われますので、5月10日の源泉所得税の納付時の仕訳としては
 預り金 ▲▲▲▲円/立替金 8775円
              /現金  ○○○円(差引納付額)
になると思われます。

投稿日時 - 2007-06-14 10:47:29

補足

いつもありがとうございます。
説明が下手で色々伝わらない部分もあると思いますが、
お答え頂き感謝感謝です。
自分でも、頭の中で整理が出来、理解出来ました。
そして何がわからないのかも…
5月10日の納付の事がよくわからないです。


4月末での立て替え金勘定の残高は8,775円です。
間違いないです。

>5月10日の源泉所得税の納付時の仕訳
 預り金 ▲▲▲▲円/立替金 8775円
          /現金  ○○○円(差引納付額)

ですが、預り金 ▲▲▲▲円の金額は、
4月分本来の金額だけでいいのでしょうか?
これとは、別に、4月分給料の時不足分9,300円を立替金にしてますが…
特に、何もしなくてもいいのでしょうか?
教えて下さい
(今後の為に教えてください)

そして、本題のよくわからないところですが…
実際の5/10の納付には
4月分全員の所得税合計  18,800円 (給料の時預り金(所得税)で処理)
Dさんの4月分給料で差し引いた 9,300円 (給料の時(立替金)で処理)
税理士等の報酬があり     17,370円  (税理士さん支払い時預り金(外注)で処理)
  合計 45,470円

これに、残りの年末調整による超過額 8,775円

を引いた 36,695円を現金で納付しています。

ちなみに、この仕訳も教えて下さい

この時の仕訳を
預かり金(所得税) 18,800円 /立替金  8,775円
立替金        9,300円 /現金  36,695円
預かり金(外注)  17,370円
こうしてますが…、

色々訳がわからなくなり税務署で確認して頂いた時
(6/12の5月分納付後に税務署で確認))
税務署さんより
AさんBさんCさんの還付合計の77,500円を
1月納付時
77,500円-50円=残高 77,450円
2月納付時
77,450円-18,205円(全社員1月分給料合計の実際の額)=残高 59,245円
3月は
59,245円-20,590円(全社員2月分給料合計の実際の額)=残高 38,655円
4月は
38,655円-21,080円(全社員3月分給料合計の実際の額)=残高 17,575円
っとなり


5月10日の納付を
4月分全員の所得税合計      18,800円 
(給料の時預り金(所得税)で処理)
Dさんの4月分給料で差し引いた  9,300円 
(給料の時(立替金)で処理)
税理士等の報酬があり      17,370円 
 (税理士さん支払い時預り金(外注)で処理)
  合計 45,470円

これに、残りの年末調整による超過額 17,370円

を引いた 27,895円の現金を納付すればよかったものの8,800円多く納付していますっと言われました。

ちなみに
5月給料の所得税合計が15,870円で
給料    / 預かり金(所得税)
と仕訳をし
6/11に納付15,870円
預かり金  /現金
っと仕訳になります。

このままでやると、5月納付時の仕訳が違う気がします。

教えて下さい

投稿日時 - 2007-06-14 21:23:09

ANo.1

本来は、還付した立替金残高があるうちは、預り金勘定を使用しない方がいいのですが・・・。
(使用しているために、預り金/立替金の仕訳を余計に起こさなければならなくなっている。)

2月は
所得税徴収高計算書に
77,450円-18,205円(全社員1月分給料合計の実際の額)=残高 59,245円

この18205円は、Dさんの年末調整の再々計算後の還付額500円を差し引いた後の4人の源泉税額ですか?差し引く前の1月分給与にかかる本来の源泉税額ですか?

また、3月末の年末調整再々々計算後に、市町村に対して給与支払報告書は提出されましたか?

投稿日時 - 2007-06-13 20:49:31

補足

ありがとうございます。

>この18205円は、Dさんの年末調整の再々計算後の還付額500円を差し引いた後の4人の源泉税額ですか?
差し引く前の1月分給与にかかる本来の源泉税額ですか?
…ですが、
差し引く前の1月分本来かかる源泉税額です。
(本当は、これがわかった時
 2月の所得税徴収高計算書(1月分給料)は
 500円足した78,000円ー50-18,205円=59,745円
 3月の所得税徴収高計算書(2月分給料)は
 59,745円ー20,590円=39,155円
 4月の所得税徴収高計算書(3月分給料)は
 39,155円ー21,080円=18,075円
 っと、通勤費非課税・課税問題発見まで、こう計算してましたが、
 とても、説明が難しくなると思い
 訂正し、本来の金額を記入しています。
 すみません…これ…理解出来たでしょうか?)

>また、3月末の年末調整再々々計算後に、市町村に対して給与支払報告書は提出されましたか?
…ですが、
はい!わかり次第すぐ訂正し、市町村に対して給与支払報告書を
提出しました。

>本来は、還付した立替金残高があるうちは、預り金勘定を使用しない方がいいのですが・・・。
(使用しているために、預り金/立替金の仕訳を余計に起こさなければならなくなっている。)
…はい。すみません。
 私が入社前の方がそうあげていたため真似してました。
 今回のことでとても勉強になりました。

あってますか?
なかなか頭の中で整理出来てなく
パニック状態です。

投稿日時 - 2007-06-13 21:46:04

あなたにオススメの質問