こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国民年金を一ヶ月払わなかった!

昭和42年に就職しまして厚生年金を現在まで481月納めています、途中転職しまして平成13年4月の一ヶ月国民年金を納めていません、そろそろ60歳を迎えますので年金をと考えてます、この一ヶ月国民年金を納める、納めないとでは貰える年金の額は大きいものなのでしょうか、それとも小さいものなのでしょうか、それとも納めるべきなのでしょうか教えて下さい。

投稿日時 - 2007-06-20 13:54:12

QNo.3100621

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

平成19年度、年金支給額で計算してみます。(満額792,100円)
国民年金の納付期間は20歳から60歳までの40年で、MAX480月です。
(厚生年金の納付月数とは別)

払わなかった場合
792,100×479/480≒790,450

払った場合
792,100円

差額1,650円
1,650円違います。

年金額計算
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm

ちなみに国民基礎年金は2年以上前の納付はできません。ですので平成13年4月の国民年金は納めることができません。
ですが、市役所に届け出て任意加入の届出をすれば1ヶ月分を払うことができます。(年金増額が目的であれば65歳迄納付可)
詳しくは市役所に聞きましょう。

尚、厚生年金や配偶者の年金はまったく考慮に入れてません。

投稿日時 - 2007-06-20 14:17:22

お礼

定年の無いサラリーマンです、厚生年金はいつまで払うかわかりませんが、そろそろ考える時期なので町役場で相談してみます。

投稿日時 - 2007-06-20 20:17:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

未納分を追納することはできませんが、60歳になったら任意で国民年金に加入することにより、未納分をカバーすることができます。
ただし、その加入期間は5年間だけです。

詳しくはお近くの市役所保険年金課へ

投稿日時 - 2007-06-20 14:19:01

お礼

ありがとうございました、町役場に行ってみます。

投稿日時 - 2007-06-20 20:13:44

あくまで簡単な目安で しかも現在の状態という条件付なら
一年の未納で 受取額は 年間マイナス2万円です。
ひと月ということであれば 2万÷12か月ですので
年間にしてマイナス約1700円
月にすれば100円強です。
大差なしですね。
でも 生涯のマイナスなので この1700円を
大きいとするか、小さいとするかは
あなた価値観によりますので・・・

投稿日時 - 2007-06-20 14:12:27

お礼

ありがとうございました、考えてみます。

投稿日時 - 2007-06-20 20:40:16

ANo.1

影響は極めて小さいと思われますが、念のため参考URLの年金見込み額試算を行ってみてください。

ちなみに2年前までの未納分しか納められないので、平成13年4月分は現行制度ではどうしようもありません。

参考URL:http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htm

投稿日時 - 2007-06-20 14:04:07

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-20 20:41:07

あなたにオススメの質問