こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

出産退職での失業保険受給延長と扶養について。。

6/20付けで出産を機に退職9/11に出産予定です。
退職という道を選んでしまったのですが、すごく後悔しています。
また、働かなければならない状況になりそうなので、
延長手続きをしたいと考えています。
延長手続きの方法について大体は
理解できたのですが、その際の、健康保険・年金の手続きをどうすれば
よいのかが分かりません。

失業保険を受けるのであれば夫の扶養にはいれないので
健康保険は前会社の任意継続にするか、国民健康保険+国民年金にするしかないと思っていましたが、

ネットで調べてみると 夫の会社の扶養に入った後、失業保険受給の手続きすればよいというのを見つけました。

失業保険受給期間中は夫の扶養から外れなければいけないようですが、
延長手続きは「退職日翌日(6/21)から30日目(7/21)のさらに翌日から1カ月以内(7/22-8/22)の間」なので、退職日6/21から受給まで扶養に入れるのであれば入りたいと思っているのですが、、。

○扶養にはいれるとしたら、扶養手続きをする際に 前会社からの「離職票」を夫の会社に提出することになるのですが、失業保険受給延長の申請時に「離職票」が必要ですが、夫の会社から返してもらえるのでしょうか?

○今現在 前会社の健康保険を返却しており、保険証が手元にない
状態です。7/3に産婦人科へ検診へ行くのですがどうすればよいのでしょうか?
○下記失業保険受給の手続きスケジュールなのですが、その際
扶養をはずれたり、入ったりするタイミングがわかりません。


(スケジュール)
会社から離職表
を受け取る

ハローワークで
延長手続き
退職日翌日から30日目のさらに翌日から1カ月以内に、手続き。給付を申請する

出産後、一段落したら給付金の申請にハローワークへ。手続き日から7日間の待期期間、さらに3カ月の給付制限を経て支給スタート。
28日ごとにハローワークへ

原則的に4週間に1度、失業状態であることの確認、就職活動の状況を報告するためにハローワークへ失業の認定に行きます。お金が振り込まれる

認定の約1週間後に、認定日ごとの失業日数分の失業給付金が指定口座に振り込み。その後、所定給付日数まで認定と受給を繰り返します。

投稿日時 - 2007-06-26 21:31:55

QNo.3118215

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>○扶養にはいれるとしたら、扶養手続きをする際に 前会社からの「離職票」を夫の会社に提出することになるのですが、失業保険受給延長の申請時に「離職票」が必要ですが、夫の会社から返してもらえるのでしょうか?

返してはくれないでしょうね。
なぜかというと

>ネットで調べてみると 夫の会社の扶養に入った後、失業保険受給の手続きすればよいというのを見つけました。

ということをさせない為に健保が預かっておくのです。
どうしても返せといえば返しますが、そのかわり扶養は認めないと思いますよ、健保もそんなバカじゃありませんから。

>○今現在 前会社の健康保険を返却しており、保険証が手元にない
状態です。7/3に産婦人科へ検診へ行くのですがどうすればよいのでしょうか?

今は病院も厳しくなって一旦全額払って、保険証が来た時点で払い戻すような形でないと認めないことも多くなったようです。
もっとも妊娠の検診は保険外のはずだと思いますが。

>○下記失業保険受給の手続きスケジュールなのですが、その際
扶養をはずれたり、入ったりするタイミングがわかりません。

上記のように恐らく扶養に入りつつ、雇用保険の失業給付は受けられない可能性が高いので、どっちを選ぶかという問題がまずあります。
それと雇用保険の失業給付に関する扶養等の基準に関しても各健保の裁量で決められる部分が多いのです。
政管健保ですと規定については大体わかります、やはり「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」であるかどうかが問題になります。
雇用保険の失業給付の場合130万÷(12ヶ月×30日)=3611円と計算して日額がこの金額以内であれば扶養となり、これを超えると扶養になれません。
そこで組合健保ですが

1.日額に関係なく扶養になれる
2.政管健保に準拠する
3.1円でももらえば扶養にはなれない
4.自己都合の退職の場合3ヶ月間は給付制限期間として失業給付はされませんが、その期間さえも扶養になれない
5.その他

というように結構幅が大きいようです。
ですからそれを踏まえて、健保組合に失業給付についての扱いを健保組合に確認してください。
1だったらこれはラッキー、でも数は少ないと思います、このサイトの質問でも今まで1例しか見ませんでした。
2が1番多いでしょうね。
3,4,5の場合はちょっと複雑になりますね。
結論としては健保組合によって対応が異なります、まずそれを健保組合に確認することです。
その対応と失業給付の日額との兼ね合いになります。
ということで夫の健保組合がどのような対応をするかがわからないと回答するのは難しいと思います。

投稿日時 - 2007-06-26 23:21:31

ANo.1

退職した翌日から、無給になるわけですので当然、扶養(健保の被扶養者)に入れます
保険証の手続き中は、資格証という紙をもらっておくか、病院の窓口で手続き中であることを告げれば大丈夫です
いったん10割負担して、その後還付ということになるかもしれません
どちらにしても、妊娠時検診はほとんど自費なのでとくに問題になることはないかもしれませんが。。。


延長手続き後は
失業手当の3カ月の給付制限
はありません(3ヶ月以上延長していた場合)
すぐに給付が開始されます(ただし、説明会出席後)

給付期間は扶養を外れることになります。
実際にお金が振り込まれて。。。ではなくて、スケジュールのカレンダーみたいなのをもらいますので
その給付初日から外れればいいはずです

被扶養者は健保組合によって結構違いますので
ご主人の会社の担当者によくご確認ください
場合によってはそのまま扶養でいけることもあるかもしれません

投稿日時 - 2007-06-26 21:55:41

あなたにオススメの質問