こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

姉のうつ

こんにちは。姉の鬱について相談させてください。
長文になりますが、よろしくお願いいたします。

私は三人姉妹の末っ子です。家族とは離れて他県に住んでいます。
兄弟の仲は良かったのですが、昨年夏に長女が鬱病と診断されました。
突然泣いたり笑ったり、話が異常にクドくなるような状態でした。
明るく、気遣いの出来る姉でしたので、驚きました。

原因は、仕事のストレスのようです。
私の実家は大きな飲食店を営んでおり、長女はそこで働いています。
経営者の父は、些か性格に癖があり、姉とは折り合いが悪く
母も父の性格に耐えかねて、数年前に離婚しました。
離婚する以前は、母も同じお店で働いておりましたので
父と姉の間に母が入っていたのですが、離婚して店も辞めたため
姉に相当なストレスがかかったようです。

鬱と診断されて、最初の数ヶ月、姉は仕事を休みました。
父との間には支店で働く次女が入り、私もなるべくサポートできるよう心がけました。
旦那さんも仕事を辞め、しばらく夫婦でのんびり暮らしていたのですが
仕事に復帰したら、二度とこんな長期の休みはない!と言い
姉夫婦は、国内外をまわる2週間の旅行に出ました。
姉夫婦は貯金がなかったのですが、今はやりたい事をやらせてあげたいと
旅費の半分は母が貸し、半分は銀行から借りました。

しかし旅行から帰ってくると、父が『休んでいる間の給料は出さない』と言い、姉夫婦の生活は困窮しました。
労災申請か傷病手当の申請をし、そのお金が入るまでは母がお金を貸し、そのお金で生活していました。

ただ、姉は昔から相当な浪費癖があり、生活観念がありません。
加えてお金に関して見栄っ張りで高級志向なため
母に借りたお金での生活、借金のある身であっても節約した生活が出来ませんでした。
母がお金に関して色々とアドバイスしたのですが、話が平行線となり
母とギクシャクした関係になってしまいました。

そんな状況でヤキモキしている間に、姉も旦那さんも仕事に復帰したのですが
今度は自己中心的で、あまりにも身勝手な言動・行動をとるようになってしまいました。
次女には耐え難いような暴言を吐き、『長女の事に関しては私に一切相談しないで欲しい』と気持ちを切り離してしまいました。

どこからお金が出てくるのか、英会話教室(学費が高い・・・)に通うとも言い始め
私と母が制止すると、『私の行動を抑制するな』と結局申し込みをしてしまいました。
先日も夫婦で旅行・・・。借金もあるのに理解できません。

最近は、母や私への当て付けと思えるような行動や言動がひどく
手におえない、と母が気に病んでいます。

最初にお金を貸すなど甘やかした?のがいけなかったのでしょうか・・・。
母は自分が仕事をやめたせいで、姉が病気になったと思っているようなのですが
これは鬱でしょうか・・・?

軽視出来ない病気なので、鬱じゃない!とは言い切れませんが
ただのワガママに思えて仕方ありません。
皆様から見て、何かご意見をいただければと思います。

長文になり申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-06-27 00:53:34

QNo.3118883

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

鬱病と診断されたとのことで、
その部分だけの自分の経験を書かせていただきます。

明るく気遣いのできるお姉さんだったのですね。
そのような人こそ鬱病になりやすいのです。

一つ気になるのは、鬱病と診断されたということですから
医者からお薬はもらったのですよね?
それはきちんと服用されているのですか?
医師の許可なく、服用を勝手にやめたりはしてないですか?

私は母を鬱病で亡くしました。
鬱病は、家族のものが本当に病気のことを勉強しないと
対応が大変です。
でも、必ず治る病気です。それには薬が大事です。
母は、薬を飲み症状がよくなったとき、治ったと思った父が
薬はもういいと、勝手に飲むのをやめさせてしまいました。
それから、数ヵ月後再発。
再発は、最初のときよりずっと重い症状でした。
何年も長引き、とうとう・・命を絶ってしまいました。

とにかく鬱病の一番怖いのはそれです。

母が生きてた頃は、鬱病だとわかっていても
どうしてもイライラしたり、暴言を吐いたり
優しくできないでいました。でも病気のせいなんです。
わがままに見えるかもしれませんが、
本来は明るく気遣いのできるお姉さんであり、病気になっているんです。

そして、家族の方もまた大変です。
どうか、身内だけで悩まずに、どんどん心療内科や精神科の先生にご相談することをお勧めいたします。

お気持ちよくわかります

投稿日時 - 2007-06-27 01:05:12

お礼

ご回答ありがとうございます。
とても辛いご経験をお話してくださり、恐縮です。ありがとうございます。

お母様のお話を伺い、やはり鬱は侮れない病気だな、と改めて感じました。
そしてサポートする家族も、根気強く付き合っていかなければならないのだな、と。

お薬の事なのですが、病院で何種類かいただいています。
ネットでどんな薬なのかも調べた上で、運転などもなるべくしなくて良いように
みんなで協力してサポートしていました。

お父様のように、家族が薬をやめさせてしまうケースがあるという事を耳にしていましたので
しっかり規則正しく飲むように促していたのですが、うちの場合は、姉自身が薬を正しく飲んでくれずにいます。
原因はお酒です・・・。

姉は元々一切お酒を飲まない人だったのですが、仕事の関係でワインの本を買ってから
ワインにはまり、最近はビールが好きなようです。
吐くまで飲みます。
薬を飲むとビールが飲めないと言い、薬を飲んだり飲まなかったりを繰り返しています。

例のごとく、お酒を止めても聞いてくれない上、ベロベロに酔っているのに
そこに睡眠薬を飲んでしまうんです。
睡眠薬を飲もうとした瞬間にやめて!と止めるのですが
ニヤニヤしながらこちらを見て『あ~ん』と言いながら飲むような感じです。
鬱の薬は飲んでくれませんが、睡眠薬は大好きです。
弱いので、お酒を飲む量も少なく、アル中という感じではありませんが
病院の先生に注意されても、聞いてくれません。


今日たまたま高島一家の鬱の番組を見て、再発の恐ろしさを感じました。
鬱を軽く見ずに、気持ちを長く持って、姉を見守っていかなければなりませんね。

お母様の安らかな眠りと、ご家族の穏やかな生活を心からお祈りしています。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-27 01:41:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

そううつ病のそうの症状のようですね。お薬もありますし、お医者さんに状況説明相談がいいと思います。

投稿日時 - 2007-06-27 11:47:44

お礼

ご回答いただき、ありがとうございます。

ここで皆様に躁うつ病との煽っていただき
私自身、あまり躁鬱病の事を理解しておりませんでしたので
ネットで色々と調べてみました。
正にその通りだ!という程、症状がぴったりで
曖昧にではなく、病気なのだと確信いたしました。

色々と対策をとっていかなくてはなりませんね。
ご回答いただき、ありがとうございまいした。

【ご回答いただいた皆様へ】
ご親切にご回答いただき、ありがとうございました。大変感謝しております。
すべてのご意見が参考になり、順番などつけられませんので
ありがとうポイントの付与は、ご回答いただいた順につけさせていただこうと思います。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2007-06-29 16:05:23

ANo.3

やはり以前からの浪費癖等をご存知だったのなら、お金を貸すべきではなかったかもしれませんね。あなたがたのお姉さんを思う気持はよくわかるのですが…。
お母様も恐らく自分が離れてしまったことでウツ状態に追い込んでしまったことに負い目を感じてお金を貸してしまったのでしょうね。
でも身内の借金というのはある意味、一番のクセモノです。【貸した】のではなく【くれてやった】と思っていたほうがいいでしょう。

そして問題があるとすれば、お姉さん夫婦に問題があるのではないかと。ご主人がお姉さんのことを心配して?仕事を辞めたのかもしれませんが、生活の根幹となる収入を完全に絶ってしまったというのはどうかと思います。お姉さんだけではなく、そのご主人にも生活能力が無いのではないかと思います。
家族でありながら、それぞれが世帯を持っているのですから、別のモノです。
病気へのサポートは必要かと思いますが、これ以上お金を貸すという行為などは止めた方がいいでしょう。貸してくれと言ってきた場合はまずご主人の意向を伺うことです。『もうこれ以上貸せない』ということと『あなたがた夫婦はどうなっているのか』ということなどを話し合う必要があるかもしれません。

例えば次女の方と店舗を替わってもらうことなどは出来ないのでしょうか。お父様がウツの原因というのなら、元のお店に職場復帰するよりも店舗異動するか、もしくは完全にお父様から離れる(職を変える)方がいいと思います。
恐らくお父様にはウツへの理解はないでしょうから、元に戻ればまた同じことの繰り返しではないかと思います。

お姉さんの浪費癖は恐らく、病的なものもあるかもしれませんが、お父様が飲食店経営ということは良くも悪くも自営業。長女であるお姉さんは贅沢をさせられて育ったのではないでしょうか。それが大人になっても抜けきっていないのかもしれません。
そういう人は一度本当に困らないと自分で解決しようとはしませんので、借金をして自己破産ということになろうが冷たいようですが静観していた方がいいような気がします。一人孤独に病気を抱えて…という場合にはそんなわけにもいかないかもしれませんが、配偶者が居るのですから任せた方がいいです。

投稿日時 - 2007-06-27 01:12:41

お礼

ご回答いただきありがとうございます。

兄の仕事の事に関しては、今となっては本当にそうだなと感じます。
兄も姉の贅沢な生活に漬かってしまっている所があるため
生活観念が相当ズレてしまっているのかもしれません。

おっしゃるように、母は自分の負い目から姉にお金を貸したようで
もしお金が返ってこなくとも母が困ることはないのですが
姉のお金に対する姿勢などを見て、ここまでだったか・・・とショックを受けたようです。
貯金が全くなかった事にも驚いていました。

英会話教室に通うと言い出した時、入学金を貸してくれと母に言ったようで
そこで母が断固として反対、お金も貸さないと言ったところ
ブチギレてしまい、その後ぎくしゃくしてしまったという状況でした。

姉はプライドが高く、見栄っ張りなため、自分から人にお金を借りるという事は
今まででは考えられないことでした。
母の申し出で旅費を借りたにせよ、新たに自分から無心をしたのには本当に驚き、ショックでした。

職場の事なのですが、姉はフロアを任されているのですが、次女は料理を担当しています。
部門が違い、異動が難しい状況です。

また、確かに父は鬱に対する理解はありませんが、父なりに姉を刺激しないよう努力しているようです。
ただやはり同じ職場。仕事の事で衝突する事も時にはあり、父も相当ストレスを感じているようです。

皆で店を辞めていいんだよと何度も話したのですが
『お母さんが今まで頑張ってきた店は捨てられない』と言って辞めようとしません。
しかし酔った勢いで、お金への執着を暴露していましたので
両方の気持ちから、店を手放したくないようです。

育った環境は、確かに生活に困るような事はなく、少し余裕のある生活だったように思います。
姉が子供の頃は、父が店を開いたばかりで生活は楽ではなかったようです。
多分『私はここの娘だ!経営者になるんだ!』というプライドが姉をそうさせるのかもしれません。

病気に関するサポートは最大限に、だけど金銭的なことに関してはあまり感知しないのがいいのかもしれませんね。

長々と失礼しました。
ご回答いただき、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-27 02:34:36

ANo.2

これは躁鬱病だと考えられます。
そして現在のお姉様は躁の状態にあると思われます。

精神疾患は大体において患者自身は自分が病気だという自覚を持ちにくいものですが、
鬱症状に関しては実際に苦しく感じるのである程度病気を自覚しやすく、
治療にも積極的に取り組もうとする態度が現れます。

一方、躁状態は、本人は本当に元気で何でもやる気があって頑張れるので
病気という認識を非常に持ちにくい病態ですが、
周りに大きな迷惑を掛ける事が社会的に問題となるため、
医師の元で適切な治療を受ける必要があります。

まずは、本人を説得して一緒に主治医の精神科医にかかってください。
おそらく、躁状態と診断されて然るべき薬物療法が行われると思われます。
ただ、本人はなかなか病識を持とうとしませんので
治療がうまく行うのは難しいです。良く医者と相談してください。

それと、躁鬱病は放っておくと躁状態と鬱状態を交互に繰り返しますから
躁転したら躁の治療を、鬱に転じたら鬱の治療をしないといけません。
状態を常にイーブンにキープし続ける必要がある根気のいる病気です。

投稿日時 - 2007-06-27 01:11:58

お礼

ご回答、ありがとうございます。
躁鬱の気が、確かにあるように思います。

病院には月に何度か通っており、母や旦那さんが同伴した事もあります。
その病院で叔母が働いているので、疑問に思うことなどは叔母に頼んで
主治医の先生に聞いてもらったりもしていました。

『医師の元で適切な治療』を私たちも望んでいるのですが
最近は、病院の日だからと仕事の休みをもらっても
英会話やダンスなどの習い事を優先して病院に行かない事もあるようです。
これも『躁状態』にある故なのかな、とアドバイスを読ませていただいて思いました。

私たち家族が、医師に直接相談に行くことを検討したいと思います。
根気強く、治療の勉強をしながら付き合っていかなければなりませんね。

ご回答、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-27 01:54:21

あなたにオススメの質問