こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本当の友達とは?

最近一年程仲の良かった人から絶縁されました
理由はその友人が困っていて僕にある事を頼んできました
その内容は自分(僕)が頑張ればこなせない内容ではなかったのですが
ある事情がありその事を踏まえ できないという事を相手に伝えました
しかし相手が食い下がらなかった為 自分は渋々その内容を少し受け入れました                            その場では一応相手もそれで呑んでくれたのですが
それ以来電話もメールも一向に返信がこなくなりました
少しジャンルは違うのですがその人とは同業種で
その仕事に対しての相手と僕の価値観は反する物があり
相手側がピンチであるという事も十分わかりましたが
自分に置き換えて考えてみたとしてもそこまで焦燥感や不安を煽られるような事ではありませんでした 
友達なら打算的な考えはなしで協力するべきだったのかもしれません
自分が絶縁された理由はわかるし仕方ないとも思います
只それも自分に置き換えて考えて見ても普通の友達         
親友であろうがそれほど相手に悲観するような事もなかったんじゃないかとも思います 
ピンチの時に支えになってくれたり助けてくれる
一般的にも多くの人が考える友達  
親友の条件というのはそういう事も一つに入るとも思います
自分は今まで友達との関係性をそれほど深く考えた事はなかったのですが 
互いに認め合い悪い部分を理解し合った上であまり干渉しない程度に付き合うのがベストだと思っていました 
生死に関るような事なら別問題ですがやりたくない事を押し付けてまでやってもらおうとまで思えません 
自己弁護するわけではないですが それに対して相手に悲観する事もそれがなぜ悲しいかあまり想像がつかないです        
皆さんは友達にどこまで求めますか?
また本当の友達だと思えるのはどういった時ですか?教えてくださいお願いします

投稿日時 - 2007-06-28 12:34:08

QNo.3122558

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

以前に「親友が食べさせてって言ったら、養える?」と聞かれたことがあります。もちろん、その方は養えるそうですが、私は出来ませんし、私の親友はそういうことを言い出すタイプではないので親友でいられるのです。私がその立場でも、自分で精一杯頑張ろうと思うだろうし、親友にそこまで迷惑をかける自分でありたくないので、言い出しません。私たちはそういう関係です。もたれあうのではなくて、気遣いあうんです。

色々な価値観の人がいます。たまたま、そういう親友の定義がちがう人を親友だと思っていたということだと思いますよ。

投稿日時 - 2007-06-28 13:03:16

お礼

>もたれあうのではなくて、気遣いあうんです

非常によくわかります 今思うとその友達であり先輩であった人とは
そういう関係を築けていませんでした どこかかみ合ってなかったように思います 

>色々な価値観の人がいます。たまたま、そういう親友の定義がちがう人を親友だと思っていたということだと思いますよ
 
ほんとその通りだと思います 
どうもありがとうございました

投稿日時 - 2007-06-28 15:37:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

本当の友達の条件とは…正直難しいですね。
感性が似てたり、一緒にいると楽だったりそれが友達なんだけどじゃあ、質問者様が今回経験した様に
いざとなった時に相手と考え方が全く違っていた…それが許せない
些細な事でも親友や友達と突然疎遠になる事だってあると思います。

もう一つ思うのは、若い頃は何でも言い合える、困った時に親身になれる、それが親友かなって思っていました。
只、年齢を重ねるていくと皆置かれている環境が違ってくるので親友だった人でもそうでなくなる事も大いにある様な気がします。
私は現在30代既婚者ですが、仮に10人の友人が居たら10人とも困った時に親身になってくれると思いますし
間違った判断をしたら間違っていると言ってくれるでしょう。
それは皆、それ程大きく違わない環境に居るからだと思っています。

社会に出て年齢を重ねると環境が人を変える事もあります、社会的地位で格差も出来てくるし、自分よりずっと早く
母や父となる友人もいる。その時にあまりにもかけ離れたもの同士だと少しずつ距離を置いたり疎遠になったりするんですよね。

大人になると確固たる考えが出来上がってるからプライドや嫉妬云々などややこしい小さな事があるからだと思います。

私にとってはどんな状況になろうとも許しあい、親身になり、押し付けあえ、いつでも分かりあえるのは
家族しかいないと思っています。
親友や友人は何にも変えがたい宝物です、ですがいくら親友&友人であっても他人です。
過度の甘えも期待も押し付けもしてはいけないと思っています。
ちょっと冷めてるでしょうか。私。

投稿日時 - 2007-06-29 03:49:57

お礼

返信遅れましてすいません
>社会に出て年齢を重ねると環境が人を変える事もあります~

そうですね 自分は20代ですが最近になって周りの友人達が結婚
したり子供ができたりで最近徐々に実感してきています

>私にとってはどんな状況になろうとも許しあい~

自分はまだ未婚で自身の家庭というのは築いていないですが
親、兄弟を含めそうなのかもしれませんね
全然冷めているなんて思いませんよ
むしろバランスがとれている位に感じます
中には家族より友人 友達の為になら命を張れるという
人もいると思いますし
人の心も価値観も千差万別で
それはそれで悪いとは思いませんが
そういった人とは今まで生きてきた環境の違い
相手との培ってきた関係性
やはり人それぞれの事情があり多種多様の付き合い方があると思います
どうもありがとうございました

投稿日時 - 2007-07-03 22:50:04

ANo.4

C25

自分が本当に困った時に真剣になってくれるのが本当の友達でしょう。

>互いに認め合い悪い部分を理解し合った上であまり干渉しない程度に付き合うのがベストだと思っていました 

お互いの悪い部分を教えあい磨きあい補い合う仲でなければ
友人でなくてただの知り合いで十分ですよね


>生死に関るような事なら別問題ですがやりたくない事を押し付けてまでやってもらおうとまで思えません。

確かに相手に無理強いはしたくないですね、
例え自分自身が不安や焦燥感により悲観する気持ちが理解できなかったとしても 友人であれば助けたいとお思います。
きっと友人からすれば、あなたにお願いしたことは友人から見てあなたならば十分可能だったことなんでしょう。
それを、できるできないではなくて、やりたくないからと断ったら、、、、、

お互いに干渉しないということは、心の深いところまで触れ合わない関係でしょ
you1979さんのような考えの方は、たわいもない話をして楽しく過ごさす時間を共有する相手としては良いでしょう。

でも真に辛い時、心の支えになってくれたりとか、自分にとって最高の喜びを共に分かち合う相手としては物足りないですね。

唯一無二のあいてにはなれない=代わりの利く友人=居なくてもいても良い友人だと、相手を思っていませんか?
きっと、友人も同じ考えだと思いますよ

まぁ、そういう考えもあるかもしれませんが、、、私はそれじゃ寂しい人生だと思いますよ

NO2の方が言っている様に、もたれあうのが友人関係だとは思いません。
友人にとって、自分のできる一番ベストのことをするのが友情だと思うし、時に突き放すことも相手にとって大事だと言う場合もあります。

今回の場合は、友人はyou1979さんの態度から、
「たいした事じゃないよ、そんなことで自分の手を煩わすようなこと頼んでくるなよ」
そんな空気を感じ取ったのではないでしょうか?
「そんなこと知るかよと突き放してしつこいから渋々やってやる。」
そんな風に受け取られてしまったら、you1979さんならどう考えますか?

投稿日時 - 2007-06-28 14:22:24

お礼

ありがとうございます
すいません自分の文章の書き方とやりとりの詳細を省いてしまってる
せいで少々誤解があるのですが

>お互いに干渉しないということは、
心の深いところまで触れ合わない関係でしょ

全く干渉しないという事ではありません そこの線引きは人にも寄るものだと思うし ある程度付き合って見究めていけない事だと思います 僕はその場しのぎの意味のない会話も大好きですが 人の相談にものるし深い話も苦にはなりません
僕にもできない理由が全くなかったわけではなく
できない理由を上手く伝える事ができなく伝わらなかったのが
原因なのかもしれません 
>唯一無二のあいてにはなれない
全ての友人達にそういう想いを持っているわけではないですが
その人に対しては徐々にそういう気持ちが芽生えてきていたのは
否めません それは自分の度量のなさを表しているのかもしれませんが
きっと相手も同じような気持ちだったんでしょうね

参考になりました ありがとうございます

投稿日時 - 2007-06-30 13:45:53

ANo.3

>皆さんは友達にどこまで求めますか?
仕事なら頭を下げて頼み込んだりはします。
でも借金などの内容は頼まないですね。

>本当の友達だと思えるのはどういった時ですか?
こちらが何も云ってないのに心配してくれたりすると、実際に助けられた訳でなくとも有り難いと思うことがあります。
また楽しい時間を共有できることも友人の条件だと思います。

投稿日時 - 2007-06-28 14:11:20

お礼

ありがとうございます
よくわかります 友人達とならそれが何気ない会話で
あったとしてもその瞬間に心が和む事がありますよね

投稿日時 - 2007-06-28 16:01:25

ANo.1

どんな親友であれ常に喧嘩も揉め事もなく過ごせるというのは非常に少ないでしょう。
本当の親友なら今はまだわだかまりが合っても時間がたてばまた元に戻りますよ。
また、それが出来ないならそれまでの関係でしかなかったということです。

>また本当の友達だと思えるのはどういった時ですか?教えてくださいお願いします
you1979さんには申し訳ないかもしれませんが、
やはり自分が本当に困ったときに親身になって助けてくれる人。っていうのもあります。
>ある事情がありその事を踏まえ できないという事を相手に伝えました
それが何なのかわかりませんからなんともいえませんが、自分がそれでは仕方ないな。と思うことならば納得できるでしょうが、納得できなければその程度の関係か。と思ういます。
>友達なら打算的な考えはなしで協力するべきだったのかもしれません
それが本当に打算的な考えならなおさらそう思うでしょう。

>自分に置き換えて考えてみたとしてもそこまで焦燥感や不安を煽られるような事ではありませんでした 
そのことを言いましたでしょうか?
友達からのそういう言葉で冷静になれることもあります。
あなたがどうしても動けなくても、アドバイスなどを言ってあげるだけでも話してよかったと思います。

>互いに認め合い悪い部分を理解し合った上であまり干渉しない程度に付き合うのがベストだと思っていました 
干渉しすぎてはいけないでしょうが、干渉しないのもそれでは知り合いと変わらなくなってきます。
仲の良い友達ならある程度の干渉はしていった方がいいと思いますよ。

投稿日時 - 2007-06-28 13:01:12

お礼

早速の回等ありがとうございます
その人との関係性は先輩、後輩の間柄で自分は後輩にあたりまして
普段接している時でもやはり相手は先輩ですので普通の友達感覚の
間柄ではありませんでした

>それが本当に打算的な考えならなおさらそう思うでしょう。

すいません打算はちょっと言い過ぎましたこれに関しては相手が
僕の言い分を理解する事ができなかったんだと思います

>そのことを言いましたでしょうか?
友達からのそういう言葉で冷静になれることもあります

普段からそういう論議をする事もあったのですが大抵は噛み会わない事が多くうやむやになっていました 
元々色々な面で価値観が自分とはズレがあるのはわかっていたし
最初はそれ程気にならなかったのですが
会う機会が増える程それが顕著になっていました  
今思うとこういう結果は必然だったのかもしれないです
いつもプライベートで一緒にいるから仲が良いと双方で誤解しあっていたのかもしれません

>干渉しすぎてはいけないでしょうが、干渉しないのもそれでは知り合いと変わらなくなってきます

そうですよね ここの線引きが難しくて人による物だと思うのですが
以前少し引かれた経験もありますので.....
只今回のような仲が良いと思っていた人にスッパリ切られてしまった
のが初めてだったものですから少しショックでした
これからはもう少しよく相手の事を知った上で付き合い方を考えていこうと思います ありがとうございました

投稿日時 - 2007-06-28 14:56:21

あなたにオススメの質問