こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

抗うつ剤の効き方について、体験されているかよろしくお願いします。

話が長くなりましたので、面倒な方は、(1)からでもお読みください。

私はうつ病の薬を飲んでいます。
まず、うつ病の薬を飲み始めた経緯についてご説明します。
私はもともと10前くらいから緊張症、赤面症で薬を飲んでいました。
抗不安剤である。「レキソタンとソラナックスです。」
しかし、3年前この抗不安剤の量が増え始めたため、抗うつ剤である「デプロメール」を飲みました。結果、医師の処方により最初は2錠、そして3錠と量を増やしていったのですが、3錠目で「テンションがあがりすぎてしまいました。」それから、そのころ2錠くらい飲んでいました。
その後、他の地へ移り新たな場所でやはり「抗不安剤はなるべく少なめに・・・」と医師の診断のもと抗不安剤「レキソタン、ソラナックス」と抗うつ剤を飲みました。確か「パロキシル」だったような気がしますが、あまり自分ではうつ病とは自覚していなかったし、「あくまでも、抗不安剤を減らすため」だと思いのんでいました。しかし、2錠を1年ほど飲んでも「抗不安剤は減りませんでした。」間に何種類かの薬もためしました。現在、比較的新しい抗うつ剤「ジェイゾロフト」を半年以上、毎日、2錠飲んでます。それでも「抗不安剤」は減りませんでした。

ところで、最近3ヶ月くらい前からほんとに「うつ病」ではないかと思い始めました。この期間それが原因で仕事をやめてしまい療養中で家に毎日います。

そして、今日医師に「うつの状態がひどい、何事もやる気が起きないと・・・。」言ったところ「ジェイゾロフトを4錠」にしようと言われました。

(1)・・・・・ここで、不安なのが抗うつ剤を増やしていってうつから開放されたかたっていうのはどんな風に直っていくのでしょうか?

たとえば、だんだん、気持ちが上がってくるとか、やる気が起こってくるとか・・・・・。

とにかく何でもかまいませんうつ病の薬を飲むことによって身体がどのように変化していくのでしょうか?今のこの状態から早く開放されたいのです。

投稿日時 - 2007-06-28 20:19:00

QNo.3123574

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

自分の病状に合った薬を合った量だけ飲んでいくと必ずあるとき、ふっと鬱が軽くなるときが来ます。もちろんそれには「完ぺき主義を止める」「適当に力を抜く」「頑張り過ぎない」といった気持ちの切り替えなども必要ですが。つまり脳内のホルモンの分泌異常で起きた鬱状態が投薬によるホルモンの働きの変化で軽減する時は(それは慣れてくるとほとんどその瞬間が自分でわかるくらいです)必ず来ます。
それまではひたすら副作用と鬱の症状を耐えるのみですが。

「今のこの状態から早く開放されたいのです。。。」と思っている限りは開放されないかも。それよりも「もうこの状態で一生いてもいいや!」と開き直った瞬間に開放されるといった感じですよ。私はもうかれこれ20年近く鬱と付き合っていますが、この鬱というのは禅の修業のようなもんだと思っています。とにかく諦めの境地に達したときに抜けられる。私は最近は風邪を治すように1週間ほどの投薬と療養で鬱を治せます。人並みに子育てもして家事もしている主婦です。10年前には寝たきりに近い鬱でした。

希望を持ってください。明けない夜は決してありません。

投稿日時 - 2007-06-28 23:46:24

お礼

ありがたいお言葉です。「必ず来る」ことを祈ります。
うれしいです。

投稿日時 - 2007-06-29 16:47:57

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ちょっと横槍ですが。。

こううつ薬をたくさん飲んだから治るというものじゃありませんよ。

あなた自身が楽に過ごせる環境が一番の薬ですよ。

精神科は薬をなぜかたくさん出しますが、私の場合デプロメール50を1年半ほど根気よくつづけて、本当にだいぶよくなり、抗不安薬(ソラナックスやセルシン)がほとんどいらなくなりました。今は、ちょっとパニック気味なのでパキシルとデプロメール25を飲んでいますが、昔とは天と地くらい楽になりました。あと、スルピリド顆粒を飲んでいます。これはドグマチールの粉のものです。粉の方が効く人は効くみたいで、これにもだいぶ助けられ、今は1日1回飲んでいます。昔は3回飲んでいました。

僕もデプロメール飲みはじめは75とか100とか出されましたが、あたまがボケーとして時に軽い撹乱?みたいなことがあったので怖くてやめました。本当に悪い人はそれでもボケーとして楽になるみたいですが。。ですから、自分の症状にあった薬の適量を根気よく飲み続けることが大事かと思います。私も中々治らずいらいらしましたが、飲まないよりはいいだろうと思い、飲んでるうちに半年・1年と段々らくになり、今は2年近くですが、完全に近いです。落ちた体力を戻している途中です。

気長にいったらどうでしょうか。

投稿日時 - 2007-06-28 23:58:40

お礼

ご意見まことにありがとうございます。
あせらずと環境を変える・・・・わかってはいるのですが・・・。

投稿日時 - 2007-06-29 16:44:09

ANo.2

#1回答者です。

#1回答で不安にさせてしまったなら、すみません。

「薬が多く出てても、その後、飲まなくてもいい状態まで回復した」といったことを伝えたかったのですが。。。

>たとえ治ったと思っても、再発や周期があるなんて・・・・。
>その人の性格の現れなんでしょうか?

鬱病になりやすい性格として、鬱病気質というものがあることは統計的に分かっています。これは、真面目、几帳面、完ぺき主義といった性格です。ただ、これらの性格の人が必ず発病するかというと、そうではなく、環境が大きく関係しています。親族など大切な人との死別、仕事が変わったり、進学、失恋などが該当します。
鬱病になったということは、この環境面も該当するということであり、その条件が取り除けていないなら、再発の危険性はあるということになります。それだけに、「~過ぎない」というセルフケアが重要になります。

投稿日時 - 2007-06-28 23:44:26

お礼

そうですね。どうしてもこの状況下の中ではあせりがでます。いかにそれを落ち着いた環境に持っていきケアできるかですよね。何度もありがとうございます。

投稿日時 - 2007-06-29 23:54:29

ANo.1

20年前にですが、抑うつ状態になりました。当時は私自身も周りの人にもメンタルヘルスの知識がなく、心療内科に初めて行った時には、「仕事を長期休養するしかない」という状況でした。私の場合は、不眠、頭痛、腹痛、左胸部圧迫感、左胸部痛、顔のひどい皮膚炎などに苦しみ、多いときは睡眠導入剤、抗鬱剤、精神安定剤などを主治医によると「通常の人の4倍」処方されていました。

復帰を焦っては失敗を繰り返し、本来の職場とは別の職場(発病~休養中に上長が変わり、前の上長の職場)で、「お試し出勤」などを続け、3年かかって本来の職場復帰を果たしました。
薬もまったく飲まなくてもいい状態まで、回復させることができました。
ただ、体調が安定してくるとついつい頑張り過ぎてしまったり、いろいろなことが重なり、3年周期くらいで体調の安定期と不安定期(長期休養もあり)を繰り返してしまっています。鬱病になる人は、再発させることが珍しくないので、自分でも「頑張り過ぎない」、「完璧を求めすぎない」、「几帳面になりすぎない」といった注意が必要です。

鬱病で出る薬は治療薬ではなく、症状を緩和するためのものなので、薬で楽になったら、ゆっくり休んだり、規則正しい生活、適度な運動などの自分での努力が必要です。

私の場合は、体調が安定してきたら、散歩したり軽い運動をしたりしていました。

投稿日時 - 2007-06-28 21:43:56

お礼

簡単に考えてはいませんが、怖い病気なんですね。
私の場合、今休職中ということもあり昼と夜が逆転してます。これもいけないのでしょうが。生活のリズムをつくりたいです。
たとえ治ったと思っても、再発や周期があるなんて・・・・。
その人の性格の現れなんでしょうか?すごくへこみます。
ご意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-06-28 22:57:11

あなたにオススメの質問