こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

元仏領インドシナにおいてのフランス語教育

元仏領インドシナ(カンボジア、ベトナム、ラオス)の現在のフランス語教育について質問です。

以前ベトナムとカンボジアに旅行をしたことがあるのですが、彼らはフランス語を話しませんでした。また、フランス語を使用することをあまり好ましく思っていないような印象を受けました。大学の教授にちょっと質問したのですが、これらの国ではフランス語は一部のエリートしか使わないと言うことです。

これらの国のフランス語教育と言うのはどのようになっているのでしょうか?義務教育(あるのかな?)で教えると言うのであればいつ頃から、教えられるのでしょうか?教えてくださいお願いします。

ちなみに、元仏領のモロッコなどは7歳くらいからフランス語教育を行っているようです。ですがあの国、公用語がアラビア語と(一応多分ベルベル語と)フランス語ですものね。子供たちもフランス語で会話していました。

投稿日時 - 2002-07-13 02:46:29

QNo.312923

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ベトナムもカンボジアも中学校から外国語が教えられています。ベトナムでは英語、フランス語、ロシア語のなかからの選択で英語が圧倒的に多い様です。カンボジアは中学は英語が必修となっており高等教育でフランス語をも含めた選択で行われてます。これに対して、チュニジア、モロッコなどの北アフリカ国家は小学校段階からフランス語が必修になっています。アジアの国家はフランスの後に現れたアメリカの存在が大きいのに対し、北アフリカ諸国では出稼ぎなどで、フランスに日常的に出入国していることなどで未だにフランスの存在が大きいからでしょう。
 各国の外国語教育の原状は下記のHPを参考にしてください。

参考URL:http://www.jpf.go.jp/j/urawa/world/kunibetsu/ichiran.html

投稿日時 - 2002-07-13 08:07:40

お礼

すばらしいホームページ(日本語国際センター)の紹介ありがとうございます。
やはり、現在はもうフランス語を学ぶと言うことが東南アジアにおいて実情に合わないのですね。

それにしても、強制されていないのに元支配者の言語を学ぶと言うのは興味深い現象です。(日本でも)やはり経済のためか。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-07-13 08:24:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問