こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「友人がダブル不倫中です」で発言した者です

以前こちらで友人ことで相談させていただきました者です。
その後、友人は不倫相手の男性の子供を妊娠し、旦那さまに
ばれてしまい、離婚協議中らしいです。
一人で産み育てると言っていますが、不倫相手の男性は、
「俺は何も助けない、一人で何とかしてくれ。子供だけは
俺たち家族の幸せのためにどうか堕胎してほしい」と懇願して
いるようです。
また、その男性は奥さまと離婚はせず、「妻への慰謝料を支払え、
金額が少ない、誠意がみえない、職場でひどい目に遭わすぞ」などと
奥さまと一緒に友人を脅しにくるそうです。詐欺みたいな話です
本当に自業自得だなと思いますが、相手の男性はやはりそういう
人間だったんですね。友人は今実家に戻っておりパソコンが使え
ない状況にあるため、このサイトは見ることはないでしょうが、
一人で子供を産み育てるって大変なことですよね
なにかできることがあれば助けになってあげたいと思います

その夫婦からは一千万円の請求がきているそうですので、弁護士を
通し正当な金額になるようにつわりの中頑張っています
友人の旦那さまからもその男性に慰謝料請求はいっているようです
が、妥当な金額です
夫婦からは友人の実家にまで電話がきて、「娘さんに堕胎するよう
説得してください、僕たち家族の幸せのためにはたとえ認知や養育費
がいらないと言われたとしても赤ちゃんの存在自体邪魔なんです」と
まで言われたそうです

友人にも奥さまに慰謝料を支払う義務はあるでしょうが、弁護士さん
に入ってもらって解決するのが一番ですよね
相談を受けている方としても、ひどい話だなと思います
こちらで何かよいアドバイスがいただければ、友人に伝えたいと
思いますので、よろしくお願いします

投稿日時 - 2007-07-01 21:03:28

QNo.3131461

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

一応、アドバイス程度を書きます。

(1)相手方への慰謝料は、相手方が離婚していなければ、
 200万程度が限界ですね。

(2)あなたの友人が離婚した場合、
 貴方の夫の方が慰謝料を多く取れます。
 理由としては、配偶者が取得した慰謝料が、
 不貞行為を行った当事者(この場合は相手の男性)の所得として
 考えられるからです。
 離婚した方が多くとれるということです。
 
(3)子供を生んだ場合、強制認知、養育費請求が可能です。
 相手の収入とあなたの友人の収入で金額が決まります。
 相手の会社がしっかりしていれば、未払い時に 
 給料の50%まで差し押さえ可能です。

(4)相手方からの連絡が有り、きついようであれば弁護士を立てるのも
 良いかと思いますが、弁護士を立てても弁護士は、
 直接交渉を止める権利が無いので連絡が来る可能性があります。
 弁護士介入後に直接慰謝料請求などをすると法廷での心象が悪く
 慰謝料請求金額が低くなった事例もあります。
 弁護士にビビッて連絡が無くなるかもしれません。
 ※電話番号等を帰るのも1つの手では?

(5)『職場でひどい目に遭わすぞ』という言動ですが、
 脅迫罪に微妙に該当する可能性があります。
 同じ会社であれば、セクハラ・パワハラにもなります。
 電話・会話などを録音して、証拠に残しましょう。
 あとでキーになる可能性があります。
 ※メール・手紙も残してください。
 
(6)不貞行為の責任割合を勘違いしている方がいますが、
 基本的に否定行為の過失は、相手と自分の配偶者では
 自分の配偶者の方が高くなります。
 とうぜん、あなたの友人が旦那へ離婚時に慰謝料を払うと
 相手方から得られる慰謝料も減ります。

(7)最後にです。
 あなたの友人は、どうして生むことにこだわっているのでしょう?
 子供に罪はありませんが、生むことが子供にとって本当に幸せかは 判りません。
 年齢が幾つかも判りませんが、人生は幾らでもやり直しがききます。
 本当に両親に愛されて育てられる子供の方が幸せだと思います。
 そうなれる相手を見つけて幸せな家族を築けるように
 一度しかない人生頑張ってください。

投稿日時 - 2007-07-02 22:34:14

お礼

わかりやすいご回答ありがとうございます
相手の奥さまへの慰謝料は当然ですが、相手の男性の懐にも入ると
思うとなんだかやりきれないとこぼしていました
仕方ないですけどね
ただ、友人の旦那さまからの男性への慰謝料は300万程度、相手
奥さまからの友人への慰謝料は1000万、これってどう考えても
おかしいですよね、離婚しないのに
弁護士さんを通せば正当な金額になるだろうといろいろ相談に通っているみたいです
脅迫罪にもあたるそうですので、その点をついて慰謝料との相殺も
あり得るということでした
世の中にはこんな男性いるんですね、詐欺のような話です
自分が妊娠させておいて、自分の妻に慰謝料を払え、謝れと罵るような
男性。妻に加担することで、妻から自分への怒りを抑えようという
魂胆なのでしょうか
友人は20代後半ですが、自分の子供を旦那さまにかくまわれてしまい
全く会わせてもらえない状況でもあり、おなかの子供だけが生き甲斐の
ようです
以前の発言でも記入しましたが、前よりうつ状態で自殺未遂を起こす
症状があったため、おなかに子供がいればそのようなこともできずに
元気で頑張ってくれることと期待しています
たとえ父親がどんな人物であっても、母親の愛情がたっぷりと注がれれば子供は幸せになれるというのが友人の言葉で心に残りました

投稿日時 - 2007-07-04 17:20:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

ひどいやつですねぇ~
かわいそうだし、これから子供生むのはいいけど
その子供、旦那さんの戸籍で生きていくことになると、思います。
本当に、離婚することがいいことなのか旦那さんとともによく考えるべきかと思いますし、
旦那さんの元に居るお子さん、年齢が低ければ低いほど親権は母親にあるので、取り返すこともできるはずですよ。

体力と気力のいることです。
妊娠中だそうですので、しっかり支えてあげてください。
がんばって!!

投稿日時 - 2007-07-05 11:00:53

お礼

ご回答ありがとうございます
子供さんについては戸籍さえどうにかなれば学校にも通えますしね
旦那さまは大変お怒りで、もう離婚しかないとおっしゃっていました
子供さんは幼稚園児なので母親に親権がいくのではないかと思うのですが、弁護士さんに相談したところ難しいかもということでした
私からはああしなさいこうしなさいなんて出過ぎたことはできませんので、相談があったときに、こちらでのみなさまのアドバイスを元に力になれればと思います

それにしても、友人のこういう話を聞いていると、世の中にはこんなのもいるんだと、こちらが男性不信になってきそうです・・・

投稿日時 - 2007-07-06 15:41:41

ANo.4

自業自得ではありますが、あまりにも酷い話しだと思いますね。
相手の奥様とご友人の旦那様への慰謝料は免れませんし、相手に対して慰謝料を請求するのも難しいかと…
ただ、堕胎するのであればそれにかかる費用は当然請求出来ることだと思います。

また、「妻への慰謝料を支払え、金額が少ない、誠意がみえない、職場でひどい目に遭わすぞ」などと暴言を吐いているのですから、相手の会社にバラしてやったらどうでしょうか?
法律的にどうなのかはわからないので、事前に弁護士さんに相談してからにしてくださいね(汗)

ご友人の旦那さんは怒り心頭なのかも知れませんが、事情を話して同じ額の請求をしてもらうとかもありかな…
相手は離婚せずにこちらは離婚するのだから、もっと多くの金額をふっかけるのもあり?

読んでいたらものすごく腹が立ってしまって、思わず書き込んでしまいました。
他の方も言われているように、まずは専門家に相談してもらってください。
そんな仕打ちをする相手の子供を産んでも、将来幸せになれるのだろうかと言う疑問もあります。

投稿日時 - 2007-07-02 03:06:57

お礼

堕胎はしないそうですので、認知と養育費の請求だけはするそうです
友人の旦那さまは当然お怒りで、離婚協議中、旦那さまには慰謝料、
相手の奥さまにも慰謝料。相手夫婦は離婚をしないため、相手の男性は
旦那さまのみに慰謝料を支払えばよい、しかも認知養育費は拒否すると
いう、なんとも都合のよい話になっています
弁護士さんに相談したところ、脅迫罪にあたるそうです
おなかの子供に罪はないので、おろすということではなく、一生懸命に
育てて幸せにしてあげたいと言っていました

ひとつかわいそうなのは、旦那さまが友人の子供さんを旦那さまの
実家にかくまってしまい、ずっと合わせてもらっていないことですね
こちらも弁護士さんを通じ、いろいろと相談しているそうです

投稿日時 - 2007-07-04 17:12:59

ANo.3

「死」は極端だとは思うけど、きちんと正式な手続きを踏んで処理するのが一番よろしい。
もっと言えば、なぜそんな馬鹿な不倫相手のガキを産もうとする友達の気持ちが全くもって理解できないです。
けど本当に産む気であるのなら、この際一人で育てるなどというのではなく、友人夫婦が敢えて離婚協議を進めているということも考えてみると、とことんまで逆に男を追い詰める方法もひとつあるのではないですか?孕ませた男にも責任はある。
堕胎を望んでも、女が産むといってしまってる以上、認知義務も発生し、養育費の発生もするのではないですか?なぜ、そのあたりを友人は積極的に展開していかないのでしょうか?
要するにそういうことが嫌なので、相手の男は自分の嫁と一緒になって、逃げまくっているのではないですか?
もっと気をしっかり持って、頑張ればいいのよ。
ガキを一人で育てていくくらいの自信があるのなら、それくらいやっても全然おかしくない。
だって、生まれてくる子供には何も罪はないのよ。違いますかね?

投稿日時 - 2007-07-02 01:01:35

お礼

友人は、どうしても堕胎はできないそうです
自分のおなかに宿った命を自分が消すなんてことはあり得ない、
産んで一人で一生懸命育てることが私の仕事だと言っています
相手男性は認知も養育費も絶対に支払わない、場合によっては
(同じ職場なので)ひどい目に遭わすぞと言っているわけですが
それが自分のクビをしめていることには気づいていないようですね
脅迫罪で訴えることも視野にいれているそうです
子供のためなら何でもすると友人はだんだん強くなってきました

投稿日時 - 2007-07-04 17:08:58

一日でも早急に、弁護士を入れた上で対応しないと、友人一家が死を覚悟させられないとも限りません。無論、不倫相手の奥様に対しては、慰謝料の支払いは当然ですが、友人に対して、不倫相手からまでも請求される権利も何もありえません。費用は掛かりますが、友人の安全と精神面からも、早急に弁護士を。友人のお住まい(住民登録地)の役所にも、法律相談できる担当者がおられますので、一度、連絡だけでもして見て下さい。また、お近くの弁護士会でも相談と弁護士紹介を致しておりますので御利用下さい。費用が掛かるくらいではなく、将来のことまで影響してきますから、お早めに手続きを。

投稿日時 - 2007-07-01 22:50:28

お礼

ご回答ありがとうございます
不倫相手の奥さまからの慰謝料請求ですが、度を超えた金額
ですよね
不倫相手の男性は、奥さまと友人の慰謝料の話し合いの場にも
参加をし、友人に罵声を浴びせていたそうです、本来ならその
男性はそんなことをいえる立場にないはずなのですが。
すべて弁護士を通すので連絡してこないでと話すと、相手夫婦は
「実家の両親に知られたくはないのでそれだけは困る」と話して
いるそうです、勝手な話ですね
妊娠は一人ではできない、男女両方に責任があるということを
男性は理解できないのですね

投稿日時 - 2007-07-04 17:05:25

ANo.1

こんばんわ
ひどい話ですね><。
専門家でないがわかりませんが
よく聞く話です
お友達は 自分のご主人と 相手の奥様には払わないといけないかもしれません
しえ心的不安とかいろいろ有ると思いますから
不貞行為ですから、言い逃れも何も出来ません

でも
不倫相手には言われる筋合いもなく お友達と同じように責任があるので
逆に訴えることも出来ると思いますまた、お友達のご主人が訴えてもいいはずです
その弁護士に依頼した内容によりますが
1000万は支払わなくてもいいし

また、その男性は奥さまと離婚はせず、「妻への慰謝料を支払え、
金額が少ない、誠意がみえない、職場でひどい目に遭わすぞ」などと
奥さまと一緒に友人を脅しにくるそうです。詐欺みたいな話で

本とですね!!いくら、不倫が悪いといえど
本とに欲望だけむき出しの最低男ですね。
自分にも思い切り責任があるのにお友達にだけ責任擦り付けて被害者になろうという神経。許せません
職場で 脅されているなら 
また違う方法で 訴えれます
仕事は別ですし関係有りません
逆も言えて、お友達がその不倫相手に訴えたらどうなるんだ!ということですし。。
ほんとは罪はないですが
子供には本とに罪はないですが
この場合 本当は産まないほうが いいかもしれません
産まないほうが幸せということもありますから。。。
もちろん お友達に 何も事情がない場合ですよ。
やはり一人で子供を産んで育てるということは容易ではないですから。。。

うまく行くといいですね
また貴方も聞きすぎて参らないようにしてくださいね
参考にならなくてごめんなさい

投稿日時 - 2007-07-01 22:49:52

お礼

ご回答ありがとうございます
産まないのが一番の選択肢なのですが、友人はどうしても
産みたいそうです、父親が誰かなんて関係なく、自分の子供
だからと。
今は弁護士に相談中でさすがに1000万円は支払わなくても
よいそうです、当然だと思いますが
友人は妊娠する前からうつ状態で自殺未遂を繰り返していたので
おなかの赤ちゃんだけが頼りで頑張っているようです
友人の人生、相談が有る限りは見守っていきたいと思います

投稿日時 - 2007-07-04 17:00:51

あなたにオススメの質問