こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

5社ほど証券会社を回りましたが、何に投資してよいか なかなか決まりません

どうも今 投資のタイミングが悪く思えて、景気が下がっても大丈夫な投資が見あたりません。
個人的には、急激に下がってから買いたいのですが、ほぼ全世界的に上がったままです。

投資素人です 700万円を何か投資したいのですが、困っています。
現在 郵便局に貯金しています。(さすがにこのままではもったいないと思っています)

投資信託は、初めの手数料が高く 20万円ほど取られてしまいます。
その上、長期で運用するのがお勧めとのこと

(1)手数料が少ない(高くても 1%代)
(2)分配金は不要 増えた分は複利として上乗せできる
(3)景気が悪くなって、リスクが分散されている
(4)基本的には余剰金だが、3年とか縛りがあると 困るので、いつでも現金化できるもの


これに合致する
投資信託はないでしょうか?
ご存じの方教えていただければ助かります。

投稿日時 - 2007-07-14 09:37:24

QNo.3166032

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>現在 郵便局に貯金しています。

 今年は郵便局が民営化されます。あわせて社会保険庁も民営化されそうですね。振り返りますと、戦後の日本が急激なインフレになったのは、戦時国債の償還と帰国した軍人恩給の支払いをするために大量の紙幣を市中にばらまいたことが原因でした。
 現在の日本の国債残高は、GNP比ですでに戦時国債を超えていると言われています。また、これから大量に団塊世代が退職して年金支払いや介護等の社会保障費がハイパーインフレ的に増大します。
 
 終戦直後のハイパーインフレを60年ぶりに再現しないためには、国債の最大の引き受け手である郵政を民営化して国債発行増大の退路を断ち、その潤沢な郵政資金で潤っている特殊法人を兵糧攻めで落城させ、あわせて年金を民営化してゆくゆくはすべて確定拠出年金化する以外に日本の助かる道はないのだと、個人的には理解していますし、そうなるでしょう。

 よって、私の目から見れば、日本は確かな再生への道を歩んでいますので、今の円安による物価の上昇や金利上昇による景気の悪化は一時的なものです。少子化で、昔は毎年500万台以上売れた新車も今では、たった280万台しか売れません。今後の日本はあまり成長することもないが没落することもないと考えており、投資対象として「日本国内資産」はどれに投資しようが利益は薄いでしょう。そうあきらめれば、もっと落ち着いて、本当に応援したい一流企業の社債を購入してみる等、あなた自身の目でまずじっくり見てみられることをお勧めします。

投稿日時 - 2007-07-15 02:08:16

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

はじめまして。

ご要望の
(1)手数料が少ない(高くても 1%代)
(2)分配金は不要 増えた分は複利として上乗せできる

投資素人と断言されてるのでしたら個人的には株式インデックスファンドをお勧めします。販売手数料も無料が増えてますし、信託報酬も高くても1%以内で十分購入できます。手数料ばかり高い下手なアクティブファンドを購入するよりも確実、堅実ですね^^(もちろん元本の保証はありませんが)

ただし
(1)手数料が少ない(高くても 1%代)
(2)分配金は不要 増えた分は複利として上乗せできる
(3)景気が悪くなって、リスクが分散されている
(4)基本的には余剰金だが、3年とか縛りがあると 困るので、いつでも現金化できるもの

の高いハードルの全てをクリアできる条件を考えますとかなり難しいですねぇ。もしかして(5)の条件には元本保証なんてのも?^^

投資信託のカテゴリーでの質問ですのであえて回答させていただきますと、質問者様にはバランス型投信が最良なのではないかなと判断いたします。「マネックス資産設計ファンド」もしくは「野村世界6資産分散投信」の分配コース又は成長コースなどはいかがでしょうか?
但し「野村世界6資産分散投信」は隔月ごとにきっちりと?分配金がありますが。

それでも今現在、郵便局に700万円を手堅く貯金されてる方でしたら、
灯台下暗しではありませんが、「野村世界6資産分散投信」が一番無難かもしれませんよ。けっして成績の悪い投信ではないと思います。

ご参考までに。

投稿日時 - 2007-07-14 14:54:35

ANo.2

ETFですね。3年なら日経平均連動でどうぞ。株と同じで、いつでも買えるしいつでも売れます。売買手数料が安いネット証券に口座を開いて下さい。有人の証券会社は手数料が高いです。

アドバイスとしては、タイミングを考えないで投資できるのが投資信託の強みというのを御存知ないのでしょうか?

投稿日時 - 2007-07-14 12:39:18

ANo.1

回答は「そんな便利な金融商品はありません」です。
そんなことを考えていると詐欺的な商品など、だまされるのが落ちです。

「景気が悪くなる」というのは、あなたの(何らかの根拠のある)見通しでしょうか? 確かに景気は循環要因ですからある程度見通すことはできるかもしれません。
http://money.quick.co.jp/know_k/gokui/07.html
何らかの見通しに基づいて投資するのであれば以下のサイトが面白いと思います。当たるかどうかは別ですが。
http://money.quick.co.jp/know_t/scenario/scenarioIndex.do

また、複数に分散してリスクを軽減しておくことも考えられます。
http://money.quick.co.jp/know_t/selection/24.html

なお、分配金はブームになっていて、分配金のないファンドを選ぶ方が難しくなっています。考え方を変えて、分配回数の少ないオープン型のファンドを選び、分配金が出たファンドはポートフォリオの中での割合が大きくなったのだから、他の資産クラスのパフォーマンスが上がっていないファンドを買い増す資金にするのはどうでしょうか?
要するにポートフォリオのリバランスの手段のひとつにすると言うことです。

参考URL:http://money.quick.co.jp/know_t/scenario/scenarioIndex.do

投稿日時 - 2007-07-14 10:41:23

あなたにオススメの質問