こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ病と借金…

私は鬱病治療中です。

母に今日言われました。
うつ病は精神力で治せると。
人間には凄いパワーが有る、と言われました。

私は数百万円の借金を抱えていましたが両親に最近
その事が知られて、両親が大変な思いをして払ってくれました。

申し訳ないことをした、もう絶対こんな事はしない。
そう思うと同時に、自分で大変なことをしてしまった…
という現実味があまり湧か無いんです。
借金を返して貰った安堵感が有るから現実味が無いのでしょうか。

今は仕事に行けていなくて借金返済どころでは無い状況です。
本当に焦っているなら少しでも両親にお金を返そう。
そう努力すると思いますが、朝になると仕事に行けません。

きっと甘えなんだと思います。
うつ病という病に甘えてるんです。
きっと本当に心から借金の反省も出来ていないです。
それはもう借金が無くなったからか、現実味が湧かないからです。

母は仕事に行って働いて欲しいから、精神力でうつ病は治る、
本当に反省しているなら仕事に行くはずだと言いたいんだと思います。

だから遠回しにうつ病は精神力で治せるし、
人間には凄いパワーが有るそう言ったんだと思います。

話は戻り、
うつ病でも、数百万円の借金を両親に返してもらったとしたら
仕事に行って両親にお金を返そうとしますか?

それとも仕事に行けず、
ただ家に居て焦燥感でいっぱいになると思いますか?

アンケートでは無いですが、どうか皆様のご意見をお聞かせ下さい。

投稿日時 - 2007-07-21 23:53:37

QNo.3188265

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私はうつ病のことは分かりませんが、「今、自分ができることを
しよう」と思うと思います。
病気でできないことはしなくてもいいです。でも、右にあるものを
左に動かすことくらいはできるでしょう?
そうやって、すこしずつでも自分ができることを頑張らずに
やっていけばよいのでは。
完璧に、ちゃんと、色んな事をやろうと思うから、焦燥感でいっぱいになるのかもしれませんよ。
お金を返そうとか思うと大変な事だから、気持ちが焦るばかりになるかもしれません。まず、自分の足下を見て、できることから少しずつやっていきましょうよ。

投稿日時 - 2007-07-22 00:02:48

お礼

ありがとうございます。
今自分が出来ること、
それは自宅で副業を出来る限りしています。
集中出来る限り、もう少しやろう、後少しやろうと言い聞かせ、
本業には行けていないものの副業は毎日数時間、出来る限り
私なりにしているつもりです。

それでもダメなのでしょうかね。
それでも焦ってしまいます。
でも色々頭で考え、答えは出ないままです。

仕事に行くことが出来れば…。
何百回も自分に言い聞かせてみるものの、結局行けず仕舞いです。
少しずつでもやれることをやって行ければいいという、
温かくて優しいお言葉を下さり、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-07-22 01:01:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

まず、医者に仕事にいける状態であるのか確認してください。
治療があまりに長引いているようならば、薬がきいていないことも考えられます。

うつの時には現実感がなくなるというか、考えがまとまらず判断力も失われています。
焦燥感も付き物です。

借金のことが心に入ってこないのもそのせいもあるかもしれません。
親にお金を返すというよりも、借金から自由にしてもらったのにそれを重荷に感じて病状が重くなってはいけないですね。
でも「絶対に治して仕事にいくよ」と親に宣言はしてください。

精神力で病気は治りません。
うつという病気は脳の中のシステムが狂ってしまっているのです。
薬が効いてくれば頭の中の霧が晴れ、行動ができるようになっていきます。
仕事にいくことができたら、もらったお給料の重みを感じてください。

参考になるサイトを載せます。
質問コーナーも充実しており、甘えかうつか?という相談もありました。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/index.html

投稿日時 - 2007-07-22 00:29:43

お礼

ありがとうございます。

医師に以前聞きました。
それは自分で決めることだと言われました。
そして仕事しながら治療していくか、休養して治療していくか、
どちらが治りが早いかと問うと、人それぞれだから一概には言えない。
そう仰りました。

>うつの時には現実感がなくなるというか、
考えがまとまらず判断力も失われています。焦燥感も付き物です。
そうなのです…。全く考えがまとまらないんです。
と言うか答えが出ないんです…。

>親にお金を返すというよりも、
借金から自由にしてもらったのに
それを重荷に感じて病状が重くなってはいけないですね。
確かにそうですね…。どうしても申し訳ない気持ちが出てしまいます。
親もお金のことは考えなくて良いからと言ってくれています。
今は病気を治すことに専念して、少しずつ前に進むことですね。

参考URLありがとうございました。
拝見させて頂きました。
今後も役立てていきたいと思います。

最後に、皆さんのお陰で、少しでも前に進むと言うこと、
それが私に出来ることだと考えがまとまりました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-07-22 01:38:45

ANo.3

可哀想なお母様ですね
お腹を痛めて大切に育てて来たのに
こんな目にあって
そして、現実逃避する息子さん
いいかげん現実をみて生きてください。
ちゃんと1人で生きていけるようにして下さいね
親はいつまでも、生きてるわけではありません
親が亡くなられたら、彼方はど~するつもりですか?
いつまでも、そ~やって親のすねかじって
生きていける訳じゃありませんよ
借りたものは、返さないといけません
お母さんにちゃんと返してあげてください。
今まで困らせてきた分、恩返しして下さい。
引き篭もってて楽しいですか?
引き篭もっていて、頑張って生きても
年は撮るものですからね
今出来る事をちゃんと考えて生きてください。
生きてれば、空気も吸うし、ご飯も食べます。
働かないで、ご飯が食べれる
借金を肩代わりしてくれた。
誰のおかげですか?自分が親になったら
子供に何がしてあげられるでしょうか?
一生そ~やって、現実逃避して
ただ生きているつもりですか?
楽しいですか?楽しくなかったら、
もっと良い生き方をよく、お考えになってみて下さい。
自分は、不幸だとか考えてるんですか?
むしろ、幸せでしょ?そんなに親にいつまでも
甘えて生きていけてるんだから
自立してください。格好悪いですよ

投稿日時 - 2007-07-22 00:22:37

お礼

ありがとうございます。
すみません、私は男性では無く女性です。
説明不足で申し訳ございません。

>親が亡くなられたら、彼方はど~するつもりですか?
いつまでも、そ~やって親のすねかじって
生きていける訳じゃありませんよ
そう親にも言われました。本当にその通りですね。

>引き篭もってて楽しいですか?
引き篭もっていて、頑張って生きても
年は撮るものですからね
引き籠もっていますが副業はしております。
頑張って生きています。今やれることはやっている。
掃除分では思っています。しかし本業に行くことが出来ないのです。

現実逃避、マイナス思考、そればかりです。
私自身何か少しでも変えれる部分が有れば
今一生懸命変えて生きたいと思っています。

病気を早く治し、自立していきたいです。
今の自分を受け入れ、それも私なんだと思い、
それでも一歩前に踏み出せたら良いと思いました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-07-22 01:31:24

ANo.2

私はうつ病1年目で休職中です
ここにくる人たちは
なぜかいろいろな事考えている人が多いですね
まず借金は親が肩代わりしてくれたので
とりあえず置いておきましょう
あなたが今することは病院にいき薬をのみ
病気を治すこと考えましょう
はっきりいってうつ病人が自問自答して
いい答えが見つかるわけないです
うつ病が精神力で治るなら医者は要りません
その精神力の元になるものが脳から分泌されないので
薬を飲むのです。
何度もいいいますがあなたが今することは病院にいき薬をのみ
焦らず病気を治すこと考えましょう
けっして甘えではないです。

投稿日時 - 2007-07-22 00:16:29

お礼

ありがとうございます。
同じうつ病を持っていらっしゃるんですね。
色々考えてしまうのは焦っているからだとおもいます。
考えないのは焦ることが無い、もしくは考えるほどの元気が無い、
そう言う方達だと私なりに勝手に思っております。

今、私は病院で薬を貰い、治療中です。
うつ病の人の自問自答…。
良い答えは確かに出ないかもしれないです。
でも最終的に決めるのは自分自身では無いかと思っています。

>焦らず病気を治すこと考えましょう
ありがとうございます。
その通りだと思います。でも焦ってしまうのです。
どうすれば焦らずに生きられるかも分からずに
ただ家で悶々と過ごしております。

>けっして甘えではないです。
甘えではないと仰って下さり、少し安心しました。
でも自分の中でどこか甘えが有ると確信して居るんです。

投稿日時 - 2007-07-22 01:07:57

あなたにオススメの質問