こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新興国市場への投資について

こんにちは

現在、新興国市場(BRICs、その他)の株式で運用する投資信託の購入を検討しています。3年後くらいである程度の運用益を期待しています。

ここで質問ですが、今後最も値上がりの期待できる国はどこでしょうか? また、過去の運用実績や手数料等の観点から新興国市場で運用する投信の中でお勧めのものがあれば是非教えてください。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2007-07-26 07:24:59

QNo.3200331

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

現在のところ新興国は経済・株価とも好調で、今後長期では、さらなる発展が期待できると思います。

しかし”3年後ぐらい”と期限を区切るとどうでしょうか?
だいぶ危ないと思います。というのは、今日の新興国市場の好調さは、新興国経済の発展と並んで、世界的な過剰流動性に支えられたものであり、この流動性が収縮していく過程で、新興国市場にクラッシュがおきる可能性もあるからです。例えば、米国や欧州の長期金利が6%を超えると、新興国市場は危ない、と思います。

いま、新興国は先進国やオイルマネーでジャブジャブになっており、インド、中国A株、ベトナム株などはPERで30倍を超える割高な水準にあります。この状態が3年後まで続く可能性もありますが、たいていの場合、潮のように満ち引きを繰り返すと考えた方が良いと思います。したがって、あくまで余裕資金で不定期の長期にわたって、国際分散投資の一環として新興国へ投資するという視点が重要かと思います。私は、現在割高な新興国株式の比率を徐々に下げ、割安な欧州株式や日米の小型株の比率を上げているところです。

その上でのご質問に対する回答です。経済発展ではBRICs4国は圧倒的です。中国とインドの成長力は抜群ですが、両方とも株価はその成長を織り込んで高値水準です。ロシアとブラジルはまだ割安で、ファンダメンタルは良好です。したがってこれら4国全てに、継続して投資されることをおすすめします。

比較的成績が良い投信は、
三菱UFJ チャイナオープン
SGロシア東欧株ファンド
HSBC ブラジルオープン
HSBC インドオープン
アジア製造業ファンド

などがあります。投信の成績は、あくまで過去のものであり、今後のリターンを保証するものではないことにご留意下さい。なお、新興国投信は、手数料・信託報酬ともやや高めです。

投稿日時 - 2007-07-26 15:47:56

お礼

大変参考になるご意見をいただきありがとうございました。
株価はその国の長期的な成長を占う指標と言う側面ばかりでなく、その時々の短期運用資金に左右されることを知りとても勉強になりました。数年前東アジアを襲った金融危機が再度起こらないとも限らないですものね。
いただいたご意見を参考に購入する投資信託を決めたいと思います。

投稿日時 - 2007-07-27 07:39:52

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

直接的な回答になっていないこと、ご容赦ください。

他の方もご指摘されている通り、新興国への投資はリスクが大きいとお考えになったほうがよろしいと思います。
また、保有期限も決めず、定期的なチェックとロスカット条件を予め決めておくと良いと思います。

急激な下落に対応できるか否かは、ベータという指標を見ると良いでしょう。
ベータとは、ベンチマークに対する感応度を示す指標で、ベータ=1とは、ベンチマークの1%の動きに対して、投資信託のリターンも1%動くという事を示します。
急激な下落に備えるには感応度を鈍くすればよく、ベータ値が低いものを選びます。

実際、新興国に投資する投資信託のベータはおおむね低く抑えられるようです。
とはいえ、近年においては新興国の市場全体が大きく上昇していますし、ファンドマネージャのスキル(=アルファ)によってリターンを稼ぎ出しています。

新興国ファンドでリターンの最上位に来ているようなファンドはベータが少々高め(0.7-0.8)で、市場全体の動きを利用しながらリターンを稼いでいます。


アドバイスは、リスクを回避する為にベータを低く抑え、アルファの高い投資信託をセレクションする。という事です。
そして、冒頭の通り定期的なチェックとロスカット条件を決めておく事をお勧めします。

という事で、ファンドを少し検索してみました。条件は、(1)1年間のリターン(年率換算)2桁(%)以上、(2)ベータ(1年)が0.6以下、(3)アルファ(1年)が2桁(%)以上

この条件を満たす投資信託は下記のようなものです。
(1年間のリターン順になっています)

損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式オープン 損保JPN
オーロラ2(トルコ投資ファンド) 野村
ドイチェ・ロシア東欧株式ファンド ドイチェ
りそな東欧フロンティア株式ファンド ドイチェ
オーロラ2(東欧投資ファンド) 野村
東欧諸国株式ファンド 野村
JPMロシア・東欧株ファンド JPM
ブラックロック拡大欧州株式ファンド BRJ
インベスコ 欧州東方拡大株式ファンド インベスコ
DWSロシア・欧州新興国株投信 ドイチェ
HSBC 新BRICs ファンド HSBC
ノムラファンドマスターズ新興国株 Bコース<為替ヘッジなし> 野村
SG ロシア東欧株ファンド ソシエテ
住信 エマージング株式オープン 住信AM
欧州新成長国株式ファンド T&D
シュローダー・ワールド・エマージング・オープン シュローダー
HSBC BRICs オープン HSBC
エマージングP(シュローダーセレクト) シュローダー
アライアンス・バーンスタイン・新興国成長株投信Aコース アライアンス
ノムラファンドマスターズ新興国株 Aコース<為替ヘッジ付き> 野村

投稿日時 - 2007-07-26 19:32:49

お礼

大変有難うございます。
具体的な銘柄を教えていただきとても参考になります。
「ベータ」という指標初めて知り興味がわきました。
もう少し勉強したいと思います。

投稿日時 - 2007-07-27 07:44:09

あなたにオススメの質問