こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

前置詞withについて

The gentleman is talking with a happy look on his faceという正解文があったのですが、解説に、
「~を・・・して」は<with~+前置詞の導く句>の形・・・☆
とありました。自分なりに考えると、ここでいう”前置詞”というのは「with」のことをいっていると思うのですがあってますか?(ひょっとしてon?)そして”前置詞の導く句”というのは「a happy look on his face」のことをいっているのでしょうか?「~」が「a happy face」で、「・・・して」は「on his face」であってますか?
またThe girl with a red coat on is my sisterという正解文もあったのですがこれも☆の説明がありました。前置詞がwithで、前置詞の導く句というのがa red coat onであってますか?
自信がないのでよくわかられてる方、回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-07-28 00:39:14

QNo.3205662

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。7/15のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<ここでいう”前置詞”というのは「with」のことをいっていると思うのですがあってますか?>

違います。withは既に説明に記載されていますから、前置詞句はwithのことではありません。

(1)解説にあったという
<「~を・・・して」は<with~+前置詞の導く句>の形>
とは、withを使った付帯状況の用法の説明です。

この説明で言っている、「前置詞の導く句」とは、ここではon his face「彼の顔に」という前置詞句(場所を表す副詞句)を指しています。

(2)with a happy look on his faceの部分の意味は
「顔に、幸せそうな表情を、して(浮かべて)」
となり、動詞is talkingにかかる副詞句の働きをする、付帯状況になっています。

(3)全文の意味は、
「その紳士は、顔に幸せそうな表情を浮かべて、話している」
となります。

(4)付帯状況を表すwithの用法

1)付帯状況を表すwithの用法は、with+O+Cと考えられます。この時、OとCの間に、S+Vの関係が成り立ちます。

2)ご質問文では、a happy lookがO、on his faceがCの関係になりますから、これを主語S+動詞Vで表すと、

a happy look (is) on his face
「幸せそうな表情が、彼の顔に、ある」
というS+Vの文ができます。


ご質問2:
<The girl with a red coat on is my sisterという正解文もあったのですがこれも説明がありました。前置詞がwithで、前置詞の導く句というのがa red coat onであってますか?>

違います。

(1)ここでは、with+名詞+副詞の関係になっています。

(2)名詞はa red coatで、副詞はonになります。このonは「(衣服などを)着用して」という意味の副詞になります(前置詞ではありません)。この例文はon一語で「着用して」という状況を言い表す補語になっているのです。

(3)上記の公式with+O+Cに当てはめると、O=a red coat「赤いコートを」、C=on「着用して」となりますから、この部分の意味は「赤いコートを着ている(少女)」となります。

(4)こでは、with a red coat onは、名詞the girlにかかる形容詞句としての、付帯状況になっています。

(5)全文の意味は
「赤いコートを着た少女は、私の妹である」
となります。

以上ご参考までに。

投稿日時 - 2007-07-28 01:37:56

お礼

回答ありがとうございます。やっぱり自分の理解ミスでしたね。質問してよかったです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-07-28 02:01:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

すみません,
>The girl with a red coat on
についてですが,
この場合,on 一語が C の部分にあたります。

文法的にはこの on は副詞であり,
「身につけて」「接触した状態で」
のような意味です。

したがって,厳密には
<with~+前置詞の導く句>
という形にはなっていません。

投稿日時 - 2007-07-28 01:18:09

お礼

回答ありがとうございます。「厳密には<with~+前置詞の導く句>
という形にはなっていません」というので私が引っかかっていた面があったと思います。おかげですっきりしました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-07-28 01:58:56

<with~+前置詞の導く句>
とあるとおり,with はすでに出ています。

「~」が a happy look という名詞であり,
前置詞の導く句が on his face です。

with は前置詞ですが,SVOC という第五文型の形をとる動詞と似ていて,
with O C のような形を取ります。

O は名詞であり,C の部分にさまざまな形がきます。

高校になれば
with your eyes closed
「目が閉じられた状態で」→
「目を閉じて」
のように C の部分に分詞がくるものを学びます。

その最も基本的なのが C の部分に前置詞句がくる場合で,
with a book in my hand
「本を手にもって」のような形です。

ここで前置詞句が導く句というのは
in my hand とか,on his face などです。

要するに,with O C で
O を C の状態にして
という意味になるのですが,
C の部分に in my hand「手の中に(という状態)」
on his face「顔の表面に(という状態)」
という前置詞によって導かれる句がくることができる
ということです。

投稿日時 - 2007-07-28 01:13:04