こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

性格の不一致の離婚って?

性格の不一致の離婚・・・よく聞きますが、結婚する前はわからなかったのでしょうか?
例えば、特に暴力があった訳でもなく、借金があった訳でもなく、浮気があった訳でもなく、ただすれ違って修復不可能なことってあるのでしょうか?
よく性格の不一致と聞きますが、具体的にどういう部分があわなくて我慢できなくなったのですか?
1度は結婚を決めたほどですよね。それを覆す決定打って何なのでしょうか?また、離婚した人は離婚して良かったと思いますか?それとも、あの時ああしていれば・・・と思ったりしますか?
夫婦のことは他人にはわからないと言いますが、それでも実情を知りたいです。

投稿日時 - 2007-08-02 00:42:56

QNo.3219864

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

性格の不一致って、つまり価値観の不一致という事だと思います。
人生や生活においての優先順位が違うと言うことですね。
価値観というのは育った環境や経験の中で培われるものなので変えることは難しく、正しいとか間違ってるとかでなく、それが合うパートナーであるかどうかが問題です。

結婚前は理想を語る事が多いでしょう。でも現実に生活を始めれば、長い間に培われた価値観を隠し通すことはできないし、自分で言動が一致してない事に気づいてないケースも多いです。
互いの価値観を理解しあえる夫婦であれば、結婚後予測できなかった事が起きてもたいていは解決できるのです。
自分の中の一番が相手の一番と一致している必要があり、そうでなかったと判明した場合「性格の不一致で…」となるのでしょうね。
それを見極める力が足りなかったから離婚という残念な結果になるのでしょう。
理想の結婚と現実の結婚は違うのだとわかってないという事だと思います。

投稿日時 - 2007-08-02 02:32:47

お礼

ご回答ありがとうございます。
自分で言動が一致していないこと・・・ありそうで怖いです。
見極める力が足りないと離婚というのも頷けます。やはり価値観が大きな影響を与えそうですね。

投稿日時 - 2007-08-06 23:20:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

本当に性格が合わないケースもあると思いますが、
基本的に「相手の不貞」「借金」「暴力」などといった理由以外で
離婚を申し立てる場合、とりあえず「性格の不一致」を揚げる
ケースが多いようですね。

退職するとき、辞表に「使い込みの責任を取って」とか
「他にもっと待遇の良い会社が見つかった」とか書かず、
「一身上の理由」にしてしまうのと似てるかも。

もちろん、例えば浮気した側(本来は離婚を申し立てられない)が
配偶者にバレる前に離婚を申し立てるときなど、
「性格の一致」を理由に掲げることが多そう…という気はします。

投稿日時 - 2007-08-03 22:33:11

お礼

ご回答ありがとうございます。
わかりやすい名目がないときに「性格の不一致」とするということでしょうか?便宜上の言葉ということですね。そうすると色々なパターンがありそうですね。

投稿日時 - 2007-08-06 23:23:41

ANo.6

普通成人した大人なら、自分の価値観や
性格など違いを受け入れ歩み寄ろうと努力
するじゃないですか?
夫婦ならなおさら ですよね・・・

ところが、 認めることも、歩み寄ることもできなくなったら
性格の不一致なのではないですか?

もともと、育った環境やその人なりの価値観や習慣、ものの考え方は違って当たり前。
ようは それを受け入れがたくなった状態、
なのではないでしょうか?

投稿日時 - 2007-08-02 06:17:21

お礼

ご回答ありがとうございます。
認めることも歩み寄ることもできなくなったら、不一致ですか。
なるほどな~と思いました。
そうすると些細なことでも目につきやすくなりそうで怖いですね。

投稿日時 - 2007-08-06 23:22:05

ANo.4

逆に一度は結婚を決めたから・・・とDVに我慢したり悲劇のヒロインの人生を自ら選んで送る人もいます。

結婚する前にわかることもあるけれど、結婚してからわかることもたくさんあります。

簡単に言うとそういうことで
細かい内容になってくると
「その夫婦にしかわからない事情」
と、なるわけです。

ですからこういうことは週刊誌を読むのがいちばんです。
くだらないケース?(本人は真剣だろうけど)がわかりやすく大袈裟に書いてあるので、いいと思いますよ。

投稿日時 - 2007-08-02 01:26:39

お礼

ご回答ありがとうございました。
週刊誌ですね。確かに勉強になりそうです。機会をみて読んでみたいと思います。

投稿日時 - 2007-08-06 23:19:14

ANo.3

「性格の不一致」とは言っても内容は色々だと思います。
夫婦の事は他人にはわかりません。
今後もそれが続いて、生活に支障をきたすと思えば、
離婚に踏み切るのでしょうかね?

浮気とか、姑関係とか なんですかね?

投稿日時 - 2007-08-02 01:15:17

お礼

ご回答ありがとうございます。
色々な内容を具体的に伺ってみたかったのです。
具体的にどういう言葉や態度の時に感じるのか、知りたいと思いました。

投稿日時 - 2007-08-06 23:18:12

ANo.2

一言では言えないような夫婦間のこじれを、法律に当てはめると「性格の不一致」っと言う離婚理由になるのでは無いかと。これは書類に書く為の便宜上の言葉ではないかと認識しています。

法律上、片方の意志で離婚申請できる離婚理由って意外と少ないかったような覚えがあります。

投稿日時 - 2007-08-02 00:58:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
便宜上の言葉ですか。なるほどと思いました。
片方の意思では離婚できる理由も少ないのですね。勉強になりました。

投稿日時 - 2007-08-06 23:16:56

ANo.1

よく聞きますが、「結婚したら性格がころっと変わった」っていう部分があるんでしょう。
また、もう1つ考えられるのが結婚して同居して初めてわかったこともあるんでしょう。

前にTV番組でやってましたが、
結婚前はお化粧も服装もちゃんとやってたのに、結婚したらすっぴんジャージ…
今までの彼女とは思えない人になった…というお話です。
特に女性は結婚すると気が緩むっていいますからね…
結婚するなら、前もって本性を明かしておかないと×がついちゃいますね;

投稿日時 - 2007-08-02 00:48:06

お礼

ご回答ありがとうございました。
結婚してから変わること、ありそうですね。
具体的にどういう時に思うのか伺ってみたかったです。

投稿日時 - 2007-08-06 23:15:45

あなたにオススメの質問