こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アルケンの水素付加とclemmensen還元について

有機化学の教科書としてボルハルトショアーを使っています。
アルケンの水素化に用いられる試薬と
clemmensen還元に用いられる試薬との違いがわかりません。
どちらもPd、H2、EtOHとなっています。(p529,p772)
アルケンの方に関しては
「パラジウム(例えばPd-Cなど)」という記述があるのですが
本質的にただのPdと違うのでしょうか。
p843の問題にカルボニルと二重結合をもつ化合物の二重結合部分だけを
水素化する問題があるのですが解答では
「H2,Pd-C,EtOH」となっています。
やはりPd-Cを用いるとclemmensen還元は起こらないということなのでしょうか?
よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2007-08-03 17:31:36

QNo.3224546

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

教科書を読まれるところを何か勘違いされたようですね。
接触還元:Pd-C/H2/EtOH
Clemmennsen還元:Zn power/HClgas/ether
です。
もう一度教科書を見てください。

投稿日時 - 2007-08-03 18:15:38

お礼

回答ありがとうございます。
完全に勘違いしていました。。
これで安心して先に進めます。

投稿日時 - 2007-08-06 00:05:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

No1ですが訂正です:
Zn power→Zn powder

>やはりPd-Cを用いるとclemmensen還元は起こらないということなのでしょうか?
反応機構が違いますので、Pd-CではClemmensen還元は起きません。

投稿日時 - 2007-08-04 05:48:15

あなたにオススメの質問