こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

特別控除は認められますか

不動産の賃貸しているものです先日税務署より呼び出しがありつぎのような指摘がありました。青色申告特別控除について次のような指摘がありました。
1,貸し付けが1社に対するもので青色申告特別控除65万円の適用は認められない。 というものでした。
私は特別控除ができてから特別控除を控除してきましたがなぜ今になりなぜ指摘してきたのかわかりません。そこで税務署に対しどのような根拠により指摘したのか訪ねましたが貸家、5件アパート10室いがいの明確な回答はありませんでした。申告の説明書もみましたが書いてありませんでした。ただ事業ではないの一点張りでした。回答は留保しています。事業であるというわたしの主張は認められるのでしょうか。
私は納得が行かないので回答はしませんでした。
詳しい方の回答をお願いいたします。
ちなみに賃料は620万円で年金以外収入はありません。

投稿日時 - 2007-08-06 15:38:42

QNo.3232442

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#1です。

一の土地の上にプレハブ造建物と駐車場(重機置き場)を設置しておるとのことですが、駐車場の規模も外形基準で判断されます。

駐車場5台分でマンション1部屋と換算されますので、50台分の貸付を行っていてマンション10部屋=事業的規模となります。

判断に迷うのが正直なところだと思いますが、税務署は、外形基準と日々の管理状況から「賃料回収や清掃、必要経費等から管理にさほどの労力と手間を要しない」と見て事業には該当しないと判断したのだと思います。

この事例で税務署と争うことは得策ではないと思います・・・。

投稿日時 - 2007-08-07 12:12:49

お礼

ご返事が遅れ申し訳ありません。先日税務署の担当統括官と話しましたがもう一度良く検討しますとのことでしたここで税務署の回答があれば従いたいと思いますありがとうございました。

投稿日時 - 2007-08-14 09:51:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

税務署の回答は、単純に通達に規定されている不動産所得に係る事業要件の外形基準をお伝えしたようですね。

建物の貸し付けの場合には、税務署の言う外形基準が一つの判断材料とはなりますが、絶対的なものではなく、外形基準に満たない場合でも事業と取り扱われる場合があります。
貸付資産の規模、設備、家賃金額、管理状況及び賃貸人の賃料依存度等を総合勘案して取り扱われるべきものです。

ご質問の文言からは、家賃額しか読めませんが、同族会社に対する貸付なのでしょうか?

投稿日時 - 2007-08-06 15:55:38

お礼

早々の回答ありがとうございます面積は土地が約800坪建物が80坪あり同会社への貸し付けではありません。建物はプレハブ造です駐車場は駐車場、重機置き場として使用しています。

投稿日時 - 2007-08-06 19:35:30

あなたにオススメの質問