こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

源泉所得税について教えてください。

借上社宅の家賃の自己負担額(家賃の半額)を住宅手当として支給し、同額を控除するというのは、実質的に本人の自己負担額「0」ということで、会社は課税対象になりますか?
もしくは、それは税法上まずい(違法な)処理なのでしょうか?

投稿日時 - 2007-08-17 01:09:27

QNo.3261273

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

会社は本人に余分に給与を多く支払っているだけですから問題は無いでしょうね

本人は
給与20万円、住宅手当5万円、所得税は25万円に対して課税
社宅代を5万円会社に支払い

・住宅手当は給与として課税
・家賃は会社が50%徴収している

会社は
借り上げ社宅は10万円、会社は5万円を従業員から徴収

・問題になる点は無いでしょう

http://www012.upp.so-net.ne.jp/sato-nao/column5.htm

ただ、社会保険などの算定等の時は負担額によっては「給与の現物支給」でしょう

http://sme.fujitsu.com/accounting/labor/labor088.html

投稿日時 - 2007-08-17 10:54:31

お礼

すごく参考になりました。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-08-17 22:34:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>同額を控除するというのは、実質的に本人の自己負担額「0」ということで、会社は課税対象になりますか?

 会社が課税対象とはどういう意味でしょうか?
 上記は、本人自己負担は「0」ではないですよね。
 住宅手当は、立派な本人の所得です。所得税も住民税も社会保険も対象になります。
 その所得から本人が支払いをしているわけです。方法が、天引きと言うだけです。

投稿日時 - 2007-08-17 09:55:20

お礼

ありがとうございました。
よく分かりました!

投稿日時 - 2007-08-17 22:35:42

あなたにオススメの質問