こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

妊娠と退職が重なった場合での失業保険、教えてください。

同じような質問があるかと思いますが、よろしくお願いします。

私は今32歳で18歳から同じ職場を長年は働いてきました。
今現在妊娠3ヶ月です。
給料未払いが数ヶ月続いたのと妊娠が重なり辞めようと思っています。

給料未払い2ヶ月以上続いた場合には、失業保険が特別に早めに
もらえると聞いて、会社には妊娠していることはまだ伏せています。
書類を作成して、会社に未払いがあると認めてもらうためです。
妊婦は自己都合になるそうなので。
しかし、会社を辞める頃には4ヶ月に入ります。
お腹が大きくなれば仕事をする事が出来ないだろうということで
数ヶ月分失業保険をもらうということになるかと思います。

または、妊婦は最長で4年間延長して、新たに働く時に失業保険を
もらえるとなっていますが、どちらを選んだ方がいいのか
困っています。
ハローワークに妊婦での延長申請した後、会社未払いがある
特別失業保険は出産後にも適用され、通常よりも早く失業保険が
もらえるものなのかどうなのかもわかりません。

ご本人・家族・知人・・・みなさまはどのようにしましたか?
先に数ヶ月だけもらってやめるか、出産後にあらたにもらうか・・・
正直今とても迷っています。

投稿日時 - 2007-08-21 13:31:03

QNo.3273323

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

雇用保険の求職者給付の基本手当は文字通り労働の意思及び能力を有するにもかかわらず、
職業に就くことができない状態にあるものに支給されます。

通常妊婦が請求した場合の産前42日は事業主は労働せせることができないことと、
産後56日(例外42日)は労働基準法上産婦の労働は禁止されています。
また妊婦が請求した場合に業務変更や、時間外労働の制限など制約があり妊婦を採用する企業はまずないのが実情です。

労基法上の制限もあり、基本手当も上記産前産後期間は支給停止となりますので、
退職後できるだけ早く受給期間延長することになると思われます。
本来の受給期間1年に3年が延長され最大4年間の受給期間になりますが、
この期間内に受給完了しなければ残りの分は消滅します。

特別失業保険というのが何のことか不明ですが、特定受給資格のことであるなら、
給与不払いによる退職(不払いがなければ継続勤務したかった)が離職理由なら特定受給資格はあると思われます。

32歳勤続14年ですと210日分の基本手当が受給できます。
期間延長される場合は3年を少し過ぎたあたりで給付開始手続きが必要です。

詳しくは公共職業安定所(ハローワーク)で確認ください。

投稿日時 - 2007-08-21 14:06:17

お礼

制約があり妊婦を採用する企業がほぼなくとも、産前42日前までなら
働く意志があれば受給出来るということですか?
もちろんそんなに大きなお腹をしてまで「働く意志あります!」と
いうのもそこまで私もしようとは思っていませんが。

ただ、期間延長の申請をして数年後に働く意志がなくても
働く意志があると偽って受給するのも・・・
ちょうど働く意志があればいいのですが。

特別失業保険は私が勝手にわからず言葉にしたものですが、
Equator360さんが言う「特定受給資格」です。

ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-08-21 14:46:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問