こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

傷害事件の被害者です。慰謝料の請求について

昨晩、知らない男性に因縁をつけられ、殴る、蹴るなどの暴行を受け、腕に全治2週間の怪我をおいました。
(今日、病院にいき、全治二週間の診断書を書いていただきました。)
暴行をうけた現場ですぐさま警察に電話し、被疑者と警察にいきました。警察では刑事さんに事情徴収と被害報告書と被害届を出しました。
現在被疑者は逮捕されているそうです。
帰り際に、警察の方に今後、どのように進めていけばよいですか?
と聞いたところ、相手の弁護士から電話があり、示談の交渉をされるかケースがよくあるとおっしゃってました。昨晩、朝5時まで警察にいたので、眠くて頭が働かなかったので、そのまま帰ってきました。
非常に、理不尽な事件で精神的にも非常に傷がつきました。
慰謝料を50万ほど請求したいのですが、どのような方法が得策でしょうか、教えていただけると幸いでございます。

投稿日時 - 2007-08-25 19:03:19

QNo.3285782

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

相手が一般の方なら、示談を望みます。
弁護士を通じ交渉してくるでしょう。
まずは相手の出方を見るしかないでしょう。
下記サイトを参考にしてください。


http://www.jidan.biz/mame/mame_shougai_isharyou.html

傷害事件の慰謝料については、明確な基準はありません。
被害者感情が優先されるので、特に高額な慰謝料が請求されるのでなければ、概ね被害者の請求額がそのまま認められるケースも多いです。
(加害者の経済力も影響しますから、その支払能力を超えた金額を請求しても、支払いの期待はできない場合もあります。逆に、加害者が事件を公にしたくないとの理由から、通常では考えられない高額な慰謝料で和解することもあります。)

刑事手続の起訴前であれば、民事で慰謝料を支払って和解すれば、起訴猶予や罰金処分で済むことも期待できるので、加害者も積極的に示談をしようとする傾向にあります。
その際に、慰謝料をどのくらいにするべきかというご相談は多いです。
明確な基準は無いのですが、怪我の程度によってある程度の傾向はあります。
全治1週間程度  1~5万円
全治1~2週間  5~20万円
全治2~3週間  20~30万円
全治4週間程度  30~50万円

この位の金額を基準にして、事件の悪質性や刑事告訴への影響なども加味しながら、話し合いで金額を定めることが多いです。



下記は過去ログです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2846617.html

投稿日時 - 2007-08-25 19:15:12

お礼

ご回答ありがとうございます。相手は会社員ですので先方の出方の様子をみようと思います。

投稿日時 - 2007-08-26 11:06:58

弁護士に相談してください
それが一番です
金額は内容にもよりますが、弁護士の腕次第で変わります
良い弁護士はそれだけ弁護士料も高いですが、高額の慰謝料をとる事が出来るでしょうし
裁判になっても強いです
ですから良い弁護士さんに相談するのが一番ではないでしょうか
ただ、この程度の事で裁判をしてもお互いに無駄な費用がかかるので
そうならないように出来るうまい弁護士さんが良いと思いますが
こればかりは自分で探すしかないですね

投稿日時 - 2007-08-25 19:11:37

あなたにオススメの質問