こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヘスの法則と中和熱

ここでいくつか質問させていただいたおかげで、だいぶ宿題も終わってきたのですが、またいくら調べてもわからない問題がでてきてしまいました。

問題は
☆エチレンC2H4について次の問いに答えよ
問 少量の酸があるとエチレンに水が付加してC2H5OH(液)ができる。
この反応の反応熱は何kj/molか。エタノール(液)の燃焼熱は1370kj/molとする。

☆次の問いに答えよ。ただしH=1 O=16 Na=23 問題中のすべての水溶液1.0gの温度を1.0℃上げるのに必要な熱量は4.2Jとする。
(1)2.0gの水酸化ナトリウム(固体)を、398gの水に溶かしたところ、液の温度が1.3℃上昇した。水酸化ナトリウム(固体)の溶解熱を求めよ。
(2)水酸化ナトリウムを0.10mol含む水溶液500gと、塩化水素を0.15mol含む水溶液500gを混合したところ、液の温度が13℃上昇した。
水酸化ナトリウム水溶液と塩酸の中和熱を求めよ。
ただし、混合前の二つの水溶液の温度は等しいものとする。
(3) (1),(2)の結果より、次の熱化学方程式の反応熱X(kj/mol)をもとめよ。
HClaq+NaOH(固)=NaClaq+H2O(液)+X(kj)

中和熱の問題は結構多くでてるのですが、混合液に温度までまじってわけがわからなくなりました・・・
一度に大量の質問失礼しました。

投稿日時 - 2007-08-26 17:33:44

QNo.3288321

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

うーん、問題丸投げですか?ヒントだけ書いてみます。
その前にジュールは大文字"J"です。単位は必ず最初の1文字目は大文字とすることが約束です。(例 Pa:パスカル)

>☆エチレンC2H4・・・
・・・何kj/molか。エタノール(液)の燃焼熱は1370kj/molとする。

エタノールの燃焼熱が与えられているのでエタノールが燃焼して二酸化炭素と水になる熱化学方程式
C2H5OH + A(O2) = B(CO2) + C(H2O) + 1370 (kJ) を使ってC2H4 + H2O = C2H5OH + QのQを求める・・・。
これ、エチレンの燃焼熱が与えられていませんか?あるいは前の問題の
回答がエチレンの燃焼熱とか? エチレン燃焼の熱化学方程式とエタノール燃焼の熱化学方程式を組み合わせれば解けます。

>☆次の問いに答えよ。ただしH=1 O=16 Na=23 問題中のすべて・・・

NaOH 1mol当たりの溶解熱も中和熱も
Q (kJ/mol) = (比熱:J/℃.g) x (調整した水溶液の重量:g) x (上昇温度:℃) / (実験に用いたNaOHのモル数:mol) / 1000
です。これで(1),(2)は解けます。比熱は4.2 (J/℃.g)
(3)の中和反応は(1)と(2)の反応の組合せなのでヘスの法則を良く考えればすぐにわかります。

投稿日時 - 2007-08-26 22:52:38

お礼

回答ありがとうございます
例題などがどこにも乗っていなくて手のつけようがありませんでした。
ヒントの通りやってみたら無事できました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-08-27 11:25:21

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問