こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

役員給料・報酬・賞与の違い!おしえてください

役員給料・報酬・賞与の違いについておしえてください

FP問題でよく上記の問題がでますがいまいちわかりません

Q1.法人と役員のどのような時に”役員給料・報酬・賞与”となりますか?
Q2.”役員給料・報酬・賞与”の税制面はなにあたりますか?

報酬は確か損金(経費)算入できましたよね・・・

投稿日時 - 2007-08-30 20:03:13

QNo.3301102

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

旧商法は、役員賞与は毎期の利益から支払われるものでした。
損金算入とはせずに利益処分(利益配分)で充当するのが原則でした。

しかし、2006年の会社法施行以降の決算から、
端的に言えば、役員賞与は役員報酬(定期支給される給与)と同様に扱われます。
つまり、「役員賞与は費用(損金)として計上」するのが原則となります。

#厳密に言うと「事前届出給与」、「利益連動給与」の2つ方法がありますが、
#利益処分型の「利益連動給与」は手続きが複雑なのでここでは割愛します。
#詳しくは参考URLをご覧ください。

役員賞与は定期的な役員報酬とともに
国税局にあらかじめ届出を提出した金額分だけ、
「販売費及び一般管理費」に計上されます。

参考URL:http://www.smbc-consulting.co.jp/company/solution/accounting/accounting_487.html

投稿日時 - 2007-09-03 14:06:23

お礼

有難うございます
大変参考になりました

投稿日時 - 2007-09-07 12:48:10

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

会計学では、役員給与とは、法人が役員に対して支給する給与で、定期的に支払われるものです。臨時的に支払われるものが役員賞与、退職に際して支払われるものが役員退職金です。
その辺の考え方は、普通の従業員と同じです。役員に対して支払うものは「役員報酬」、従業員に支払うものとして「従業員給与」として、科目を分けるのが、一般的ですね。

いまから、法人税法上の理論を説明します。

1.確かに、役員報酬は損金(経費)算入できます。が、定期的にかつ同額である部分しか認められません。仮に、月20万円を毎月支払うのであれば問題ありませんが、年の途中から、増額したり減額すると税法上問題が出てきます。

2.役員賞与は、損金不算入です。が、事前に、○年○月○日に、○円の給与及び賞与を支給するなどの書類を提出し、かつ、同日においてその金額を現金支給すれば、損金算入が認められます。
 法人税法では、事前確定届出給与と言います。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/houji302.htm
辺りが、質問者の答えになるかと思います。参考にしてください

投稿日時 - 2007-08-30 20:55:11

補足

お早い回答有難うございます
大変助かります
上記の内容より
役員賞与は損金算入できないようですが
役員賞与は経理上どこに算入になりますか?

投稿日時 - 2007-08-31 09:33:13

あなたにオススメの質問