こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

車の保険「人身傷害」と「搭乗者傷害」の違い

タイトルの通りなんですが、違いがわかりません。
何が違うのでしょうか?

投稿日時 - 2007-09-04 23:26:29

QNo.3316152

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

どうも今晩は!

「搭乗者傷害保険」とは事故を起こした側の車に搭乗していた人、即ち運転者と同乗者の
死亡または傷害を補償するための保険です。
これに対して「人身傷害(補償)保険」というのは、事故によって車に乗っていた人が死亡し
たり怪我をした場合に、その責任、過失割合にかかわらず、保険会社の基準によって「実
損害額」の保険金が支払われる保険のことを言います。
また記名被保険者と配偶者、およびその同居親族、別居の未婚の子にあたる人が、歩行
中に自動車事故にあった場合にも補償されるのが特徴です。

詳しくは、↓こちらで
http://www.enetnavi.com/kuruma/syurui.html


ご参考まで

投稿日時 - 2007-09-04 23:40:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

一番の違いは「人身傷害」は実損払い「搭乗者傷害」は定額払いということです。

人身傷害は実際にかかった治療費が過失割合に関係なく、被保険者に支払いされます。
搭乗者傷害は日額払いですと、一日いくら。
部位症状別ですと、部位ごとにいくら。
という感じで、定額払いになります。

下の回答の「人身傷害」=「対人保険」というのは間違いです。
対人保険とはまったく別の物です。
人身傷害は自分側の補償をする保険です。
運転者自身はもちろん、対人で対象とならない家族まで補償の範囲に入ります。

投稿日時 - 2007-09-05 00:17:38

ANo.2

>車の保険「人身傷害」と「搭乗者傷害」の違い

「人身傷害」=「対人保険」車で人を傷つけたり乗ってる人を傷つけた時にでる保険。
「搭乗者傷害」=「搭乗者保険」自分の車に乗ってた人が傷ついた時にでる保険。

投稿日時 - 2007-09-04 23:43:09

あなたにオススメの質問