こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

おっぱい育児について

現在、7ヶ月の女の子のママです。

いろんな人に「おっぱいかミルクか」と聞かれます。純粋になぜそんなことを聞いてくるのか疑問です。

私のお世話になった産婦人科はおっぱい推進の割と強いところだと思います。産まれてすぐはなかなかおっぱいも出ず、おっぱいとミルクを7:3くらいの割合でやっていました。おっぱいのことが不安で、2週間、1ヶ月検診などその都度相談していましたが、混合の赤ちゃんは哺乳瓶の方がおっぱいを吸うより簡単に出てくるのでおっぱいを飲まなくなるとは聞いていましたが、どんどんおっぱいを嫌がるようになって…3ヶ月以降はミルクオンリーになってしまいました。そのことは本当に残念に思っています。

本題に戻りますが、
(1)義母は電話や帰省したとき「おっぱいは出てる?」とか「ミルクはどれくらいあげるの?」とか「○○さんだったら健康だからきっとおっぱい出るって心配しなくても」とか内容は違いますが頻度としては2週間おきくらい聞いてきます。
(2)主人の友達の奥さんなのですが、この間一緒に旅行に行きました。そこの家庭は2人(3歳、2歳)がいます。歩いて町を探索しているとき「おっぱいはいい?」と聞かれたので「授乳の時間は大丈夫か」と聞かれていると思い「大丈夫です」と答えました。その後宿での食事に時間に離乳食の話題になったので一日二回あげていることを言いました。そこで「おっぱいは?」と聞かれたので「食べた後飲ませますよ」と言いました。その夜みんなで集まって飲んでいるときに「混合だったよね?おっぱいどお?」という質問に主人が笑って「あ~、かれちゃったよねぇ」と言いました。その場では「かれちゃった訳じゃないけど、混合でミルクの減らし方がよくわからなくっておっぱい飲まなくなっちゃったの」と答えました。すると夜ぐっすり朝まで起きないうちの子は「ミルクは腹持ちがいいから起きないのよ」とか「卒乳するのは大変だから早いうちにミルクになってよかったじゃない」といわれました。
ちなみに完全母乳で育てているみたいです。

主人の発言は悪気はないにしてもみんなの前で言われたことは少し寂しく思いました。

義母のことはこのくらいの年代、そして自分の孫のことですし気になるのはなんとなくわかります。
しかし、主人の友達の奥さんはなぜ「おっぱい」にこだわるのかわかりません。長くなるのでここには紹介しませんが、他の人でも同じようなことがありました。

初めての子どもでおっぱいがうまくいかなかったのは事実ですが、完全母乳にこだわっていた訳ではありません。義母は主人を含め兄弟3人みんな1ヶ月や3ヶ月までおっぱいだったと言っていたし、実母は兄弟4人長い子で6ヶ月くらいだったかなぁと言っていたので、そんなもんかなくらいに考えていました。出来ればおっぱいやりたかったけど仕方ないと思っています。

純粋な疑問です。なぜ自分の子どもでもない赤ちゃんのミルクかおっぱいかを気にするのでしょうか?それとも何かたしなめられてます?

投稿日時 - 2007-09-05 19:33:42

QNo.3318322

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

気にすることないですよ。授乳でも、哺乳でもベビーが元気に育てばけっこう!けっこう!

まず、ご主人の発言はいただけないので、きちんと「あの発言は寂しかった」と伝えましょうね。オッパイ、ミルクをあげる母親の気持は言葉にして伝えないと父親にはわからないものなんです。
寂しい思いをさせたんだってこと、気付かせてあげてください。

義母さんはね、お嫁さんとの共通の話題としておっぱいのことを聞いてしまう、ということもあるんです。
悪気はないのだけど、「おっぱいが出るイコール産後の体調が良い」という質問者さんの体調をはかるめやすにもなってるんだと思うんです。育児疲れやストレスでおっぱいが出なくなるママさんもいますから「体調はどう?睡眠不足で大変だろうけどちゃんと食べれてる?」という心配から「おっぱいは出てる?」という言葉になりやすいんですよね。

ご主人の友達の奥さんの場合、難なく完全母乳ができた人ってミルクで苦労する人の気持ってわかりにくいものなんですよ。なのでミルクに対して変な(ちんぷな)気遣いをしちゃうんですよね。
でも特別「おっぱい」にこだわった人でなくともこういった話題のやりよりは良くありますよ。
”他の人でも同じようなことがありました。”と、おっしゃるように育児の中での共通の話題としてついてまわることなので、このさい開き直って聞き流すのが一番ですよ。

それから付け足しですが、ご近所の人や通りすがりの人にもおっぱいのこを聞かれたりしませんか?
私はすでに4人の育児をしてきたので、沢山の人達におっぱいのことを聞かれ続けてるので言えることですが、赤ちゃんを見かけて「おっぱい?ミルク?」と聞くのは恒例の話題だな~ということです。
「何ケ月?」「女の子かな?男の子かな?」って聞くのと同じレベルですね。
この3つはかならず聞かれますね(^^)
でもこれは赤ちゃんのお母さんに失礼な話題にならないための予防線のようなものなんですね。
「何ケ月?」と聞くのは、その月齢にあった話をするためで、成長の遅れなど(ママさんが気にする場合があるので)うっかり指摘してしまわないようにという予防線。
「女の子かな?男の子かな?」と聞くのは性別を間違ってママさんを不快にさせないための予防線。
「おっぱい?ミルク?」と聞くのは混合や完ミルクのママさんに完全母乳をすすめるような押し付けな話をしないための予防線。

完全母乳を自慢したくて「おっぱい?ミルク?」なんて聞いて来るママさんもいるけれど、単に共通の話題だから、という程度のこともあるし、不快にさせないための気遣いだったりもあるんですよね。



私は1人目の赤ちゃんの時から混合で最初の内は完ミルクの時もあり、やっぱり質問者さん同様「おっぱいは?」の発言にはピリピリ、カリカリしたもんです。(あ、質問者さんはそこまでピリピリしている訳じゃなかったですね)
けど回数を重ねて4人目ともなると「おっぱいは?」発言には「両方なんですよ~、おばあちゃんがあげたがるんで」とか「今はミルクに頼りっぱなしでお金がかかっちゃって、エヘヘ」と軽く返してます。
マイペースで行きましょう(^^)

投稿日時 - 2007-09-05 20:39:59

お礼

回答有難うございます。

そうなんですかぁ、おっぱいは恒例の話題なのですね。
回答者さんみたいに軽く受け答えが出来るようになるといいです。

投稿日時 - 2007-09-06 09:03:27

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

お友達の奥さんは単純に「話の種」に聞いたんだと思います。
実際,赤ちゃんつながりのお友達とはおっぱいの話(大変だよね~とか
充実感あるよね~とか)になること多いですから。
意地悪したわけじゃないですよ。
これからは「ハイハイする?」とか「離乳食良く食べる?」「たっちする?」とか聞かれるかな?
別におっぱいや成長を気にしているのではなくて,「調子どう?」くらいな感じだと思いますよ。
小学生に「夏休みの宿題終わった?」って聞くのと同じです。

私は混合からミルクにしました。
質問者様の赤ちゃんも,哺乳瓶を使うのあと数ヶ月ですね♪
ダンナは「お父さんのおっぱい」(←気持悪いですね~)と言って
喜んで飲ませていました。

投稿日時 - 2007-09-06 09:15:43

お礼

回答有難うございます。

単純におっぱいは話の種なのですね。初めての子育てで「へぇ~」とうなるばかりです。

ちなみにうちの主人も「お父さんのおっぱい」やってました。全然興味を示さない娘に「へぇ~やっぱお母さんと違うってわかるもんやねぇ」と言っていました。(笑)

有難うございました。

投稿日時 - 2007-09-06 20:25:07

ANo.3

おっぱい神話です。
で、お子さんのいる方は「経験者」として語れるからつい聞いちゃうんでしょうね。

「今日はいい天気ですね」という会話と同じようなもんだと思って、深く考えない事をおすすめします。

投稿日時 - 2007-09-06 00:37:34

お礼

回答有難うござます。

そうですか、天気の話のような日常会話なんですね。
なるほど…

投稿日時 - 2007-09-06 09:12:17

ANo.2

おっぱい神話ですね。
おっぱいの栄養が一番!!って感じなんでしょうね。
ちなみに、うちの息子は混合でしたよ。
最初のうちはおっぱいだけで足りていたのですが、2ヶ月の後半くらいから足らなくなり、夜の寝る前だけミルクを飲ませるようにしました。
離乳食が始まって、結構離乳食を食べる子だったのですが、夜のミルクは飲んでました。
その頃から昼寝や夜寝るときに添い乳としておっぱいは飲ませてました。
断乳した1歳まで飲ませてました。
今二人目を妊娠中なのですが、経済的に苦しいので本音はおっぱいでがんばりたい所です。
でも、また混合だろうなぁ…って思ってます。(苦笑)

ちなみに、私の妹は3人の子の母ですが、一人目は混合、二人目はミルク、三人目は母乳のみで育てましたよ。
どの子も元気に育ってますから大丈夫ですよ。

投稿日時 - 2007-09-05 21:44:40

お礼

回答有難うございます。

おっぱい神話というのですね。調べてみます。
回答者さんの経験談や妹さんの話参考になりました。

投稿日時 - 2007-09-06 09:08:02

あなたにオススメの質問