こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

養育費と年収

私は男31歳です。子供1人います。
ただいま離婚協議中です。相手は代理人を立てております。
婚姻期間中の生活費及び離婚成立した後の養育費の話が出たときに、
弁護士は、養育費算定表を元に交渉してきます。
その中では、年収によって支払っていく金額が違ってくるのですが、
年収は、去年(平成18年)の年収で見るのが妥当なのでしょうか?
もしくは、今年の年収はこれぐらいになるであろうという見込金額で見るのが妥当なのでしょうか?今年の年収でみる場合、当然失業や転職等で、変わる可能性もあるかと思います。

お詳しい方、ご回答お願いいたします。

投稿日時 - 2007-09-17 13:07:34

QNo.3352610

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

はき違えた様で気分を悪くされたら申し訳有りません。
現年度はまだ給与支払い中で、将来半年後も支払い金額は未到来で決定は出来ません。
 市町村民税・国保税・あと児童手当も過年度で査定して来ます。
 決定した確定事項と言う事から来ています。
 現年度が今年ならまだ後半年有るなど、万が一休職するなどの異変も有るから過年度で本算定となると税法上で聞いています。
 養育費も税法上と同じ解釈になると思います。見込みはあくまで予定で何時変動すかのか未定と言う事で過年度が確定と言う判断と解釈です。

投稿日時 - 2007-09-18 05:25:43

お礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2007-09-21 20:12:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

当面は妻の言い分を聞き入れて妥協をしておいて、その後状況変化で減額申請を起こすしか無いのではと思います。
 怒りは理解出来ますが、養育費は子どもに対して支払う扶養義務です。
 妻の方もそんな良い生活は出来ません、児童扶養手当もこの先減額も法改正もあるなど実際は相当厳しいです。
 未払いは絶対しない、強制執行も当然出てきます。
 高い利息分も加算されるなど、妻が貰う物では無く子どもの養育分です。
 気分が収まりませんが、今までの生活の質を落とす事は子どものは酷です。
 養育費は子どもが生活するライフラインです、妻が自分勝手に使える物では無く主体は子どもです。
 

投稿日時 - 2007-09-17 15:08:33

補足

せっかくご回答頂きましたが、質問に対しての内容が違うと思います・・。養育費は当然払います。 取り分け怒ってもいません。
ただ当然養育費は、こちらの収入有りきなので、家裁が示している算定表の基準が去年の年収で見るのか、今年の見込年収で見るのかということでご質問しております。
ご存知でしたら、お教えください。

投稿日時 - 2007-09-17 23:06:03

 離婚調停になれば、調停委員が昨年度の源泉票を提出するように言われます。そして、税引き前金額を基準に算定票の縦軸横軸の交点を求める判断をしています。
 ただ、幅がありますから、下限で応じてもらえるか、上限一杯求められて応じざるを得ないのかは、交渉次第です。女性は別れてパート、公的援助など得ますが、家族手当など無くなる男性にとっては、主張すべきところでしょう。なお、昨年基準ですが、今年度の収入が減少する強固な裏付けでもあれば、出すべきでしょう。

投稿日時 - 2007-09-17 14:39:49

補足

という事は、基本的には昨年度の年収が基準になるという理解でよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2007-09-17 23:02:52

あなたにオススメの質問