こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

タバコ

タバコの害。●発がん性タバコの煙には約60種類の発がん性物質が含まれていますが、それらは有害な活性酸素を発生します。喫煙によって体内に活性酸素が多量に発生すると、細胞核の中にあるがん遺伝子や、がん抑制遺伝子、修復遺伝子がどんどん傷つけられ変異を引き起こします。発がん性物質は特にがん抑制遺伝子に襲いかかり歯止めを外すと、がん遺伝子の思うがままになります。喫煙は「早く芽を出せがん細胞」というがん作りの習癖です。

男性のがん死のNo.1は肺がんです。喫煙の寄与度は90%と言われております。20歳から毎日1日20本の喫煙者は6人に1人が60歳までに肺がんで死亡と国立がんセンターが発表しております。その他、脳腫瘍、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、胃がん、肝臓がん、膵臓がん、膀胱がん、前立腺がん、子宮がん、乳がん、白血病等、全ての悪性腫瘍にタバコは作用しております。

ブリンクマン指数

発がんの時期の目安になる指標

1日20本の喫煙者の場合で30年間の喫煙歴だと20×30で600となりますが、400を超えると危険というものです。800だと極めて危険となります。
臓器に特異的に作用する発がん性物質
・4-aminobiphenil:膀胱癌

・砒素:肺癌、リンパ系癌

・benz(α)pyren:肺癌

・1,3butadiene:造血器の癌

・カドミウム:前立腺、血液、肺の癌

・6価クロム:肺癌

・ホルムアルデヒド:鼻腔癌

・βナフチルアミン:膀胱癌

・210ポロニウム(放射性物質):肺癌

・塩化ビニル:肝癌

・シアン化ビニル:脳腫瘍、肺癌、腸癌

たばことがん

●一酸化炭素の害

1、動脈硬化の原因に

コレステロールのうち悪玉コレステロールは喫煙によって酸化コレステロールとなり、血管の内皮細胞に取り込まれ、白血球がそこに集まりそれを自らにくわえ込み死滅し、その蓄積で血管の内腔が狭くなり血管が詰まりやすい状態になります。これを動脈硬化といいます。また喫煙は血液が粘り血が詰まりやすい状態にもさせており、いろいろな条件が重なって完全に詰まると、心筋梗塞や脳梗塞、下肢の壊疽・脱疽を引き起こします。喫煙は血管の老化を促進しているのです。痴呆症や難聴や視力の低下も導きます。

2、身体は酸素不足

タバコの煙には多量の一酸化炭素が含まれています。肺に入ると血液中の赤血球は酸素を取り込むはずが、強い結合力の強い一酸化炭素によってによって酸素はおいやられ一酸化炭素が先にくっつため、血液は慢性の酸素不足に陥ることになります。このため運動能力は低下し強い持続的な運動ができなくなります。スポーツ選手にとってはタバコは敵なのです。

3、活性酸素を生み出す



●ニコチンの害

1、血管収縮

ニコチンは抗不安作用のあるセロトニン、幸せな気分にさせるドーパミン、血管収縮と血圧上昇や興奮作用のあるアドレナリンを生じさせます。セロトニン・ドーパミンの作用で多くの人はタバコがやめられなくなります。アドレナリンは末梢血管の血流を悪くします。喫煙した手の皮膚温度や脳内の温度が下がることで証明されます。一酸化炭素と相乗して、脳、歯ぐき、卵巣、精巣、胎盤、胎児、胃十二指腸粘膜、網膜の酸素・栄養不足を招きそれぞれの働きが低下します。痴呆症、歯周病、エストローゲンの低下による生理不順・不妊症・早期閉経・声の男性化、性的能力の減退、早流産、低体重児、胃潰瘍、視力障害などなどの原因になります。高血圧症や糖尿病にも悪影響を与えます。

2、依存症

ニコチンの忌まわしい作用に脳内で生じるドーパミンによる依存症があります。程度に個人差がありますが、喫煙習慣が身につくと麻薬と同じように簡単にはやめられなくなります。とくに未成年者・若年者の喫煙は依存度をより強めタバコの虜になり、早い年齢で病気に襲われたり長生きできないことになります。肺がんも10年から15年早くやってきます。働き盛りで倒れては残された家族は不幸です。

猿やマウスの実験でもニコチンを覚えると繰り返し求めるようになり、猿はタバコを吸うようになります。

●奇形の問題

赤ちゃんの口蓋裂や口唇裂の奇形の要因になります。口蓋裂を生んだ16歳から19歳までの母親の約70%はタバコを吸っていた。本数が増えるほど顔面に障害を持つ子どもを産む確率が高くなります。また、生まれた子どもが口蓋裂や唇顎口蓋裂であった女性の42.1%が妊娠第一期に喫煙しており、子どもに顔面障害がなかった母親の中の喫煙率は23.1%という報告があります(WHOプロジェクト)。妊娠初期の喫煙は危険です。


らしいです。なぜ止めないのですか?

投稿日時 - 2007-09-23 13:00:07

QNo.3369403

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

私は吸いませんが、それは全て「自己責任」だからです。
タバコを吸う人は、将来ガンになろうが、体調を崩そうが、子供に悪影響を及ぼそうが、それは自分が好きでやった結果ですから後悔はしないのです。
きっと末期のガンになっても隠れて吸うでしょう。
そのくらい好きなのです。
タバコを吸う人は、おっしゃっていることの発症率が、吸わない人に比べて格段に高いことは知っていますが、「それがどうかしたの?」「で、何が言いたいの?」「自分の好きなことをやって何がいけないの?」「そんなの余計なお世話」で終わってしまいます。
そういう人種です。
だから止めないのです。

投稿日時 - 2007-09-23 14:09:19

あなたにオススメの質問