こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サンフランシスコ滞在の人いませんか?

2ヶ月以内にサンフランシスコへ行く予定ですが、渡米経験なし、英会話もまったくできません。個人で仕事が目的のためにサンフランシスコへ行きます。現地には、知り合いがいるのですが、時差や仕事の関係でなかなか話しができません。
サンフランシスコは家賃が高いと聞いてます。当然、ルームメイトを探すことになりますが、日本にいながら、どうやってルームメイトを探したら良いのか?また、サンフランシスコから日本に送金する場合は、どういう方法があるのか? 日本では、厚生年金や社会保険が給料から天引きされますが、サンフランシスコは社会保険制度がなく、個人で保険に加入すると聞きましたが、そうなんでしょうか?
また、家具付きのウイクリーマンションみたいのはあるのでしょうか?だいたい、4年半ぐらい滞在する予定です。
サンフランシスコで生活するにあたって、色々なことが知りたいです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-09-24 18:45:36

QNo.3373307

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

再びbrashovです。ご家族からの質問でしたか、いい奥様ですね…
今は暗中模索と言うか、五里霧中状態だと思います。確かに英語力も重要ですが結構本人のバイタリティや人間性がものを言うものです。ご本人が行く気満々でしたら、それはそれで良いのではないかと私は思います

人生どう転ぶか分からないので、弁護士に払ったお金が活かされずビザがとれなくてアメリカに行けなかったことが結果的に良かった。となるかも知れませんし、実際に行って働いて、本当に良かった。となるかも知れません。
いずれにしても当面(4年半?)は日本の年金を払い続けた方が良いかと思います
日本の年金には「カラ期間」を認める制度があるので、払わなくて咎められるものではありませんが、やはり満額払った方が多く受給できます。また「日米年金協定」でアメリカで払った分も貰えるとは思いますので、食費を削っても払うべきとは思いませんが…
http://allabout.co.jp/finance/nenkinreceive/closeup/CU20060830A/
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050207mk21.htm
私自身が渡米(L.A.在住です)の際、社会保険庁の窓口で「年金受給時にアメリカ在住だったらどうなるのか?」「仮に市民権をとって日本国籍でなくなったらどうなるのか?」の2点をしつこいくらい確認したら「受給できます」との答えでしたので、やはり払えるなら払っておいた方が良いのでしょう

アメリカは「医療先進国で保険後進国」と言われますが、人口の16%が保険未加入だそうで、保険を転職の条件として会社を見る人もいるそうです。ご主人の既往症や持病、喫煙本数等によっては「保険代が高い…」どころか保険に入らせてくれない。なんてこともあり得るようです。「保険は会社では加入してないそうなので、個人で」と言うことなので、私はこれがネックになると思います(逆に健康に自信があるなら入らないと言う手も、…ないか)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/66477/

日本のオンラインバンキングで、私がasagao1215さんの口座に振り込む場合。例えば1,000円と入力すると、「1,000円振込んだ」って情報が移動してasagao1215さんが1,000円を手にすることになると思います
アメリカでもそう言う手段が皆無ではないと思いますが、各種公共料金等の支払などは未だにチェック(小切手)郵送が主流です。こちらでオンラインバンクと言うと銀行のwebで例えば$100と入力すると、銀行から私名義のチェックが相手先に郵送されます。口座開設の際、この説明を受けて「え!?アメリカなのに、なんてアナログな…」と衝撃を受けた記憶があります
と言うことで、ご主人がアメリカからasagao1215に送金する方法としては郵便局から「国際郵便為替(International Postal Money Order)」が手数料も安く、適当かと思われます
http://www.1st-flower.com/payment/moneyorder.html
http://www.tskshop.com/tskint/tskinfo-1.htm

>クレジットヒストリー?初めて知りました。こういう大きな問題点があったんですね。当然、すぐにはクリアできないので、現地にいる知人に頼むしかないですね

残念ながらこれは、ご主人自身が構築するしかありません。日本ではこういう場合「保証人」を求められますが、アメリカ社会では保証人ではなくクレジットヒストリーがモノを言います。ただ渡米当初はクレジットヒストリーがないので、クレジットカードが作れず。クレジットカードを作れないので、クレジットヒストリーが構築できない。と言う、鶏と卵のような「なんぢゃそりゃ?」な話になります

と言うことで、私は最初の部屋はルームシェアが良いのではないかと思います。多くの場合光熱費とインターネット代金が含まれているからです。開設の手間や細かい支払に煩わされなくて済みます
現地の電話はT-mobileなどのプリペイド携帯にすれば、クレジットヒストリーやデポジット(保証金)で悩まなくて済みますし(長電話が好きなら普通に契約した方が安い)
http://www.t-mobile.com/shop/plans/Default.aspx?plancategory=4
asagao1215さんとの国際電話はパソコン($4~500でノートが買える)でskypeを使えば無料です
http://www.skype.com/intl/ja/?cm_mmc=google/search-_-brand-_-AF/JA-_-inc/WO-AF:JA/Skype/skype/Exact/648126507&gclid=CPiOgJbN4Y4CFQUOYAodwW6dUw

その間にANAカードや銀行のセキュアードカードを作って、なるべくそのカードで買い物をし、きっちり支払を続けて地道にクレジットヒストリーを構築して行くのが良いのでは?、と思いますが…
http://www.anacardusa.com/index.htm

投稿日時 - 2007-09-27 02:31:07

お礼

どのURLも全部見ました。とても参考になりました!
年金についてですが、二重生活になるため、主人と私の年金を支払うほどの余裕がないんです。
現在、マイホームローンがありまして、小学生と中学生の子供がいます。この2人の子供と私が日本に残るのですが、サンフランシスコでの手取りから、日本での生活費(ローンや教育費 食費 生命保険 国民保険 他)を差し引いた分で、主人が生活することになります。
お恥ずかしい話しですが、驚かれるかもしれませんが、主人の生活費は日本円で9万円です。この9万円という金額はやっと捻出できた金額なので、もし、2人分の年金を払うとなると・・・。
主人は、サンフランシスコで生活できないどころか、行くこともできなくなります。
受け取る年金額が少なくなることを理解した上で、自分達の老後のことよりも、現在の主人の気持ちを優先に考えました。
とんでもない大人だ?って思われるかもしれません。また、考えが甘すぎると思われるかもしれませんが・・・。
最初で最後のチャンスに賭けてる主人を応援したいと思います。
実は、主人が現在の勤務先を退職して、単身でサンフランシスコへ行くことを私の両親には話していません。隠していても、いつかはバレてしまいますが、話すときっと「何を考えてる!このバカモノが!」と大反対されるのが目に見えてるので、今の段階では何も話していません。
あ!もう一つ、お聞きしたいことがありました。
主人の住民票ですが、日本に残しておいたほうが良いのでしょうか?日本に残した場合、サンフランシスコで不都合な点などありますか?

投稿日時 - 2007-09-27 14:31:23

ANo.9

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

brashovです。お礼ありがとうございました

>主人の住民票ですが、日本に残しておいたほうが良いのでしょうか?日本に残した場合、サンフランシスコで不都合な点などありますか?

私が考える範囲では、ないと思います。日本人のルーツは農耕民族で、アメリカ人のルーツは狩猟民族だなぁって思うのは、アメリカ社会には土地に対する執着がほとんど感じられません。ここ数年の不動産価格の急騰を見ると、もしかして意識が変わって来てるかも知れませんが…
それでも、日本ではまだまだ根深く「住所=不動産資産」的な感じがしますが、アメリカでは「住所=郵送物の宛先として知っておきたい、あるいは、同姓同名の他者ではない確認用」くらいの意味しかもたないって感じでしょうか
それが証拠に私の記憶では、アメリカには「住民票」がありません。転居なんかもお気楽な国柄のせいか、小切手の左上に氏名と住所が印刷で記載されてますが、引越しても手書きで直した住所で普通に受け取ってもらえます。免許証の裏にも、そこらへんを見越して(?)"new address"って欄があって、新住所を手書きで書き込めるようになってます
いずれも日本社会でしたら、住民票をとって、しかるべき機関で訂正してもらわなかったら公文書偽造なんぢゃないの?って思っちゃうようなお手軽さです

日本では住民票が求められるような場面で必要になってくるのが、下の方の回答にもありましたが「ソーシャルセキュリティナンバー」です。いずれにしてもS.F.で働いて納税者になるので、これは必要ですね
http://www.americaseikatsu.net/ssn.html

むしろ住民票を残して面倒になりそうなのは、日本側ではないかと思います。バカバカしいのは税金の日米2重払いですが、ご主人がアメリカにいるのに住民税の請求が来るとかがないよう、区役所の窓口に行ってきちんと手続きすべきです
それと現(前?)職が途中退職になると思いますので、税務署に行って確定申告すれば
いくらか戻ってくるはずです。これはアメリカでもtaxシーズンが過ぎてから収入を得て、それまでは日本で納税していたという証明になるはずなので税務署にはぜひ行きましょうね

>単身でサンフランシスコへ行くことを私の両親には話していません
asagao1215さんの親御さんの世代は「大企業に就職すれば生活は安定、老後は安泰」だった最後の世代くらいですよね
以前何かのニュースで北海道拓殖銀行の職員だった人が、同行の倒産の際、雪印乳業に引き抜かれ、例の不祥事でそこも退職するハメになった…、というのをやってました
町のパン屋さんや、まじめに働いてる社員で不二家の不祥事で生活に大打撃を受けてる人もたくさんいるでしょうし、ライブドアの株で一夜にして破産した人もいるでしょう。ご両親の世代では考えられないほど、今の世の中不確実です

そう言う意味で、ご主人の選択を間違ってるとか、愚かだとか言い切れる人が世の中にいったい何人いるでしょうね
能天気になれとは言いませんが、イタズラに不安がることもありませんよ
ご主人の調理師としての腕が確かなら悪い風にはならないと思います

又長文でごめんなさい、何かあればまた質問してください

投稿日時 - 2007-09-28 08:22:34

お礼

brashov様、回答ありがとうございます。
ソーシャルセキュリティナンバーですか。URL見ましたが、こういう大事な事があったんですね!情報ありがとうございます。
知りたいことがあって、市役所に電話した時、やたらと主人の住民票を残すのか?移動するのか?聞かれました。

そうですよね・・・イタズラに不安がることもないのかもしれませんね。ここまできたからには、もう進むしかないので、何とか?なるでしょう。
今朝も、スポンサーの人と電話で話しをし、ビザ取得のために手続きを進める段階にきました。うまくいけば、11月半ばぐらいにはサンフランシスコへ行けるかもしれません。ビザが取得できるか?不安ですが。

投稿日時 - 2007-09-28 13:57:19

ANo.8

今日は、
ご主人様が40代で初めてアメリカ暮らしを決断したのは遅いとも思いませんし、”知人からの何気ない?「こっちで働かないか?」の一言がきっかけで行く気になってしまった主人です。”と言うきっかけでアメリカに移住してくる人は多いです、きっかけとはそんなものです。

ただし、アメリカは個人主義の競争社会です、個人がしっかりしていないと、誰も周りが面倒見てくれません。誰も面倒見なくても自分で可能性を見つけて、発展させる事が出来る国でもあります。

まず、
就労VISAというのは、アメリカ国内で雇用する会社がスポンサー(保証人)にならないと取得できません。普通雇用する会社が全て経費を負担します。大企業の求人案内には、外国人の雇用に関するこうった会社の義務について細かく書いてあります。

アメリカの医療保険は一定規模以上の会社では、社員を加入させる義務があって、会社から補助が出ます。個人で入ると医療保険が一人月4-500ドルです。
歯科医療保険は、一人月1-200ドルぐらいだと思います。歯科医療保険は、入っていても治療費の7-80%しか保証されません、年間の治療費の支払い金額も1500ドルとかの上限があります。

借家の場合、家賃の3倍以上の月収がないと家を貸してくれません。
クレジットヒストリーと言う、銀行などとの金銭のやり取りの記録がないと、お金に関係する信用がなく色々な面で支障が出ます。
家が借りられない、クレジットカードが作れない、ローンが組めない、電話や電気の契約に保証金を取られるなどです。
日本から移住すると、誰でも最初はこれに面食らって、この問題をクリアするのに苦労します。

40代で日本からアメリカに移住するとなると、一定の生活水準を維持できないととてもやっていけないと思います。
南米やアジアの国から来ている20代ぐらいの人だと、かなり慎ましい生活で頑張っている人も多いですが。大人の日本人ではとてもそんな生活は出来ないと思います。

http://en.wikipedia.org/wiki/San_francisco
http://en.wikipedia.org/wiki/Daly_City
でみると、サンフランシスコ市民の家長の平均年収が5万7千ドル、デリーシティで6万2千ドルです。
ご主人様の年収がこの程度は得られる見込みがないとすると、アメリカ移住は考え直した方が良いかも知れません。

サンフランシスコ市内に限って言えば、バス地下鉄、路面電車、などが発達しているので、車なしでも生活は出来ると思います。

投稿日時 - 2007-09-26 14:04:14

お礼

詳しい説明をありがとうございます。
スポンサーになってくれる会社についてですが、オーナーは日本人で電話とメールでのやり取りのため、面識はありません。
就労ビザに関しては、個人負担と言われてます。また、保険は会社では加入してないそうなので、個人でと言われました。
日本とサンフランシスコとの二重生活になるため、ギリギリの生活費になります。いえ、ギリギリ以上の生活になりますね。キツイです!
サンフランシスコ市民の家長の平均年収5万7千ドルですか。
あぁ、主人の年収は↓です・・・・。
それでも、主人の気持ちは変わらないので、応援するしかないですね。
クレジットヒストリー?初めて知りました。こういう大きな問題点があったんですね。当然、すぐにはクリアできないので、現地にいる知人に頼むしかないですね。今から、電話してみます。

投稿日時 - 2007-09-26 16:12:56

ANo.7

No.6です。書いた通りのようなアパートメントホテルでもいいかもしれませんね。簡易台所付で、専用浴室TVがあれば。家具を買う必要もないですし、シーツ等の大物は洗濯してくれます。コインランドリーは近くにありますし。
もし良かったら、私が利用した所も当たってみてください。

投稿日時 - 2007-09-26 13:53:21

ANo.6

(勤務場所は、SFジャパンタウンと言う所です。自転車で片道20分以内で住めるアパートだと、家賃はどのくらいなんでしょうか?)

JPN Townですと、もろSF市内ですね。

以下のURLで見てみました。月$750位でホテルの部屋のようなところの賃貸はありますね。ダウンタウンのど真ん中です。一応食事付ですが、浴室は共同です。日本で言うウイークリーマンションですか。
私も上の所の近くのそのような部屋に住んだことはありますよ。月$500位で。但し、簡単な料理が出来、冷蔵庫付、専用浴室付でしたが。もう13年前の話ですから、値段も上がっているでしょうね。私が住んだ所は、Post STとJones STの角の辺りです。Post STを西にそのまま歩いていくと15分位で、JPN Townに着きます。

JPN Townに20分ではこれが最低線でしょうが、永くは住めないでしょう。前に書いたOakland辺りでしたら、$800位で浴室付で広い所を探せると思いますが。JPN Town20分は$1000以下のアパートは難しいでしょう。
いずれにしても、日本でやきもきしていても詳しい事はわからないでしょうから、知人、あるいは雇い主の方とよく相談されたほうがいいですね。

何故、自転車かがわからないのですが、車の購入の余裕がないからですか。運動にはいいですが、SFは坂道の街ですし、それも半端ではないですよ。

参考URL:http://www.rentalguide.com/listing.php

投稿日時 - 2007-09-26 13:41:46

お礼

「日本でやきもきしていても詳しい事はわからないでしょうから」
本当にそうですよね。昨日、現地にいる知人に電話してみたところ、仕事が休みとのことで、ゆっくり話すことができました。
住む所についてですが、現在、知人は日本人のルームメイトがいるそうです。
でも、そこを出て、主人と一緒に住んでくれると言ってくれました。部屋探し・契約等も知人がやってくれるそうなので安心しました。
何故、自転車なのかと言うと、特別な意味はないんです。たまたま知人が自転車で通勤してるそうで、自転車なら維持費もかからないので、自転車で通勤できる場所が良いかなあと思いました。
ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-27 13:24:45

ANo.5

今日は。No.2です。お礼を有難うございます。
どんなビザで行かれるのかと不思議に思っていましたが、お尋ねするのは失礼かなと考えていました。やはりビザはまだなのですね。それはご心痛ですね。
最終的にはSFの知人の方と直接お話になって助けていただく以外にないでしょうね。従って私の方からは基礎知識みたいなものを追加で。

家:$1500といったのは、どの程度の経済力の方か分からなかったので、場所としても治安の良い所を想定しました。Oakland(SFまで地下鉄で30分位
)でしたら、もう少し安くなりますが、それでも$1000はみたほうがいいと思いますが。
他の方が紹介されたURLを見ましたが、Daly Cityで$500位でしたね。Dalyは低所得者層が多くて
治安が余り良い所ではありません。Oaklandもそのような所が多いですが。しかもこれはシェア―でしょう。ご職業柄昼から夜中まで家にいないわけですし、何か問題があった時に余程信頼の置ける人でないと難しいと私は思いますが。全ての責任をご主人に押し付けられそうな感じがします。一応よろしかったら下記のURLの"housing"をご覧になって下さい。

保険:お勤め先で団体保険に入っているような気がしますが。個人で加入の場合には結構するでしょうね。
私も詳細はわかりかねますが、知人の子供がSF近郊の大学に4ヶ月だけ通うことになっていますが、保険料は$800です。4ヶ月分か1年分かわかりませんが。

参考URL:http://sfbay.craigslist.org/

投稿日時 - 2007-09-25 11:05:17

お礼

shunnak1様、回答ありがとうございます。
勤務場所は、SFジャパンタウンと言う所です。自転車で片道20分以内で住めるアパートだと、家賃はどのくらいなんでしょうか?
参考URLは、英語でわかりません。

投稿日時 - 2007-09-25 18:25:38

ANo.4

ANo.1です。
運転免許証について忘れていました。
カリフォルニア州法では、カリフォルニア州に転居してから10日以内にカリフォルニア州の運転免許証を取得することを要請しています。実際には、国際運転免許証は1年間有効なので運転するのに支障はないはずですが、法律上はそのようになっています。
www.cgjsf.org/jp/m02_03.htm
に在サンフランシスコ日本国総領事館の見解があります。
参考にしてください。

投稿日時 - 2007-09-25 06:09:33

お礼

参考URL、見てみました。ありがとうございます。初めてのことだけに知らないことがたくさんあって、今、頭の中はとんでもない状態かもしれません。
脳内メーカーで調べたら、私の脳は、「悩」という文字で占領されてました。

投稿日時 - 2007-09-27 13:36:01

ANo.3

>日本からそうした情報にアクセスするのは難しいので

こちら↓で、ある程度は日本からでも話を進められると思いますが(信用できそうな相手なら決めてしまうことも可能なはず)
http://sanfrancisco.vivinavi.com/JA/re/

車は買った時と売った時の差額が、新車でも中古車でもさほど変わりません。
と言うことは初めに新車を買える余裕があるなら、その方が故障などのトラブルにみまわれるリスクを軽く出来ます。ムダな修理費用などの出費も抑えられることになりますし、英語で修理依頼するのを極力回避することにもなると思います

投稿日時 - 2007-09-25 04:31:21

補足

回答へのお礼に書き込みができないので、ここに書きますね。
教えて頂いたHP見ました!とても参考になりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-09-25 18:14:13

お礼

たぶん、車を購入する余裕がないと思います。

投稿日時 - 2007-09-25 09:47:51

ANo.2

(渡米経験なし、英会話もまったくできません。)

本当ならば、状況はかなり厳しいですね。仕事をやりながら生活に必要な事柄をすすめることは出来ないと思いますが。事前に1ヶ月位準備期間は取れないのでしょうか。

家:まずホテルに泊まりながら、日系の不動産業者に
相談する以外ないでしょう。英語ができなければ、自分で探すことは不可能でしょう。契約、保証金、家賃、トラブルの際の処理方法等。シェア―ハウス、ルームは言葉が出来ず、現地情報に疎い人にはリスクが多すぎます。家賃は広さ、場所によりいろいろですが、1部屋のもので$1500前後はみたほうがいいでしょう。

保険:健康保険はありませんから、個人の場合は医療、歯それぞれの保険に入ることになります。医療、歯の治療共に高額ですから、例え保険金額が高くても
仕方がないですね。

送金:送金に限らず、銀行口座の開設は必須です。No.1の方の言われる方法が、ご質問者の場合は良いかもしれません。それ以外には現地でSSNを取得して
口座を開設してください。現地での支払関係には、現金、クレディット及びデビットカード、小切手の4種類が必要です。銀行口座を開設すればすべて準備OKです。

車:とりあえずは国際免許証で運転できても、米国の
免許証は必須です。また運転の場合のみならず、身分証明証としても持たなくてはなりません。
中古車の購入は、素人で英語ができなければ無理です。どのような車を掴まされるかわかりません。高くても小型の新車(できれば日本車)を購入されるほうが、メインテナンスの手間、費用を考えると長期滞在ですから結局得だと思います。

いろいろあって書き切れませんから、何かございましたら補足でどうぞ。

投稿日時 - 2007-09-25 04:04:47

お礼

本当に厳しい状況です。あまりにもリスクが多いので、家族として最後まで反対すれば良かったのかと少し後悔しています。実は、具体的に話しますと、就労ビザの申請はこれからになります。弁護士に40~50万支払うらしく、だけど、ビザが取得できなかったら、そのお金も戻らず、サンフランシスコで働くこともできません。本当なら、ビザが取得できてから質問のスレを立てるべきなんでしょうが、ビザが取得できてから、現地での生活にいくらかかるのか?を調べてたら遅いと思いました。
家賃、$1500前後ですか・・・。高すぎて無理です。保険も医療と歯と2種類に加入しないといけないってことは、月の保険料も相当高いのでしょうね。
考えが甘かったようです。でも、主人は行く気満々です。もちろん、本人が一番、不安で心細いと思います。

投稿日時 - 2007-09-25 09:45:47

ANo.1

元シリコンバレー在住(今は北京在住)です。
サンフランシスコ市内は、土地が限られていることもあり、家賃がべらぼうに高いようです。ということで、多くの人はベイをはさんだ対岸のオークランドや南のサンマテオ郡あたりから通勤している人が大半です。
サンフランシスコ近郊にはいくつかの大学があり、その付近にはルームシェアで生活している留学生もたくさんいます。とはいえ、日本からそうした情報にアクセスするのは難しいので、現地に入って安いモーテルにでも泊まりつつ、家を探すことになります。現地では、スーパー等の掲示板に個人売買やルームシェアの宣伝が出ますので、そこから交渉をすることになります。
送金方法ですが、サンフランシスコに住むということでしたら、ユニオンバンク・オブ・カリフォルニアがひとつの候補です。三菱東京UFJ銀行からユニオンバンクの口座を開設することができますので、出発前に銀行口座を持つことができます。その口座に日本からドル建て送金することになるでしょう。
社会保障制度ですが、就業すれば当然税金を払うこととなり、Social Security Numberをもらい、最低限の社会保障を受ける準備ができます。しかし、日本の国民健康保険のような制度はないため、医療保険や損害保険をを個人で入ったり、会社から斡旋してもらうことになります。また、厚生年金と確定拠出年金に相当するような制度(401kと呼ばれています)もあり、個人で掛け金を払ったり、企業経由で掛け金を払います。(大雑把な説明なので少々間違っているかも)
家具つきのウイークリーマンションもありますし、キッチン付のコンドミニアムのようなホテルもありますが、4年半も在住するなら割高になりますので、アパートを借りて、フリーマーケットで家具などを購入するほうが割安です。
ダウンタウンに住むのでなければ、おそらく車は必需品です。リスクはありますが、これも個人売買で比較的安く手に入れることができます。日本と違って、中古車の値段は下がりにくいので、帰国時の転売価格を考慮して値崩れしにくい日本車を買うといった選択肢もあるでしょう。
とはいえ、
> 英会話もまったくできません
という状況だとかなり厳しそうですね。
だいたい、渡米して最初の数ヶ月間は、英語で注文して、思い通りのもの届かなかったり、期日を過ぎて音沙汰がなかったりする店に対して文句を言い続けるという日々が続きました。でも、そうやって文句を言ったり交渉している間に、英会話は上達するものです。何せ生活がかかりますからね。
がんばってください。

投稿日時 - 2007-09-24 19:26:44

お礼

詳しい説明ありがとうございます。実は、主人が単身赴任でサンフランシスコへ行きます。サンフランシスコにいる知人からの何気ない?「こっちで働かないか?」の一言がきっかけで行く気になってしまった主人です。仕事は、調理師です。当然、就労ビザで行くわけですが、受け入れ先になるオーナーを探すことから初めました。ようやく、オーナーも見つかり、2ヶ月以内にサンフランシスコへ行きたいと思っています。ただでさえ英会話ができないのに、個人で行くのは大変なようですね。日本と比べると生活費も高そうですね。収入は変わらず、二重生活のための出費が増えるので、切り詰めた生活になります。40代で個人で外国で働くのは無謀なのかもしれませんね。でも、これが最初で最後のチャンスだと思うので、家族としては主人を応援したいと思っています。甘いかもしれませんが・・・・。

投稿日時 - 2007-09-25 09:07:25

あなたにオススメの質問