こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

挨拶状の封 「緘」と「寿」の使い分け

社長名の挨拶状を出すことになりました。
内容は、先方の得意先の方の昇進祝いです。
その際、挨拶状の封は「緘」なのか「寿」になるのか
迷っています。
どちらになるのでしょうか?

初めての仕事で困っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-09-27 15:06:18

QNo.3381327

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

〆:一般的な封字
寿:「冠婚葬祭」の「婚」に当たる慶事に使用する封字
賀:「冠婚葬祭」の「冠」「祭」に当たる慶事に使用する封字
緘:その他の重要書類等に使用する封字。重い印象を与える

昇進祝いであれば「冠婚葬祭」の「冠」に相当するので「賀」が適当かと思われます。

「緘」は「上から下に向かってモノを言う」ような「偉そう」なイメージがあり、社内での重要事項の通達に使用するのは構いませんが、社外に使うのは不適切なような気がします。ダメって事は無いでしょうけど、受け取り側の印象が違ってきます。

投稿日時 - 2007-09-27 15:29:17

お礼

非常に勉強になりました。
さっそく仕事に役立てていきたいと思います。
初めてこのサイトを利用させて頂きましたが、このようなきちんとしたお返事を頂き、『今日からまたがんばろう』と言う気持ちになりました。
chie65536さん、どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-28 09:25:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

追記。

封:少しあらたまった手紙などで使用する封字
蕾/莟:女性専用の封字。現代では余り使用されない

投稿日時 - 2007-09-27 15:36:21

あなたにオススメの質問