こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

知識の著作権。

私は現在ある理系の大学に通っているのですが
授業でわからないことがあるとネットを使って調べたりします。

しかし専門知識だからかそういったことに関するページは
以外と少なく、ほしい情報にアクセスできないことも珍しくありません。

今後の人のために自分が今まで習った知識をまとめてHPを作成するか
ブログにでもして書き連ねようと考えたのですが少し疑問がわきました。

ここで質問するときでも問題をそのまま掲載すると『著作権法違反』に
なり質問が削除されます。私が現在持ってる知識は授業中に先生が
黒板に書いたこと、発言したこと、教科書をまとめたもの、もしくは
抜き出したものが基本となっています。
これはどこまでが著作権として保護されるのでしょうか?

文章もまんまそのままではなく一部自分の言葉に改変する、
複合的にいくつか組み合わせることも考えましたが、確かそれでも
著作権法違反だったような気がします。

でも新しいアイデアならともかく科学という理論的に体系付けられた分野
なら書けることはある程度決まってきますし、表現も似てきます。複数の
教科書を比べて『ここはどれに似ていて』なんてことも珍しくありません。

しかも本人が発見したのではなく著者もまた私と同じようにして学んだことを
書いています。そうやって考えると知識はどこまで著作権で保護されるのでしょうか?

投稿日時 - 2007-09-28 01:54:42

QNo.3383102

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、知識そのものは著作権法の保護対象になりません。
著作権の対象となる「著作物」とは、表現されたもののみを指します。

著作権法 第二条
この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。
(以下略)

特にこの場合ポイントとなるのは、
「思想又は感情」……単なる数値データなどは対象外
「創作的」……例えば、一定の知識や技術があれば誰でもつくれるようなものなどは対象外
「表現した」……表現されていないアイディア、例えば物語のプロットなどは対象外
です。

つまり、今までに吸収した知識を自分の中で咀嚼してアウトプットした文章であるなら、
多くの場合は新たな著作物として認められるでしょう。

また、例えば専門用語の定義などは、人により大幅に違っては逆に困るようなものですから、
似通ってくるのは当然です。というか、むしろそうでなければいけませんね。
(この辺りは「創作」性がないゆえ保護されない、と考えればよいでしょう)

問題となりうるのは、他の何でもない、ある特定の文章(または図など)を基にせずには普通書けないだろう、
という文章(など)があった場合です。
ご質問で気にされていることも、このような場合の話だと思われます。

大学の教授がよく嘆いている、「参考書の抜き書きをツギハギしたようなレポート」は、
やや危険度が上がる、ということにもなりましょうか。もちろん内容によりけりですが。

その分野について書こうとしたなら誰でも大体このようになってしまう、
ということでしたら、問題になることはほとんどないでしょう。

投稿日時 - 2007-09-28 03:07:11

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-08 12:51:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

学校などの教育機関における利用について教えてください。
http://bushclover.nime.ac.jp/c-edu/mdl.asp
授業における著作物の複製、送信
http://bushclover.nime.ac.jp/c-edu/question.asp

著作権なるほど質問箱
http://bushclover.nime.ac.jp/c-edu/

参考URL:http://www.bunka.go.jp/index.html

投稿日時 - 2007-09-28 10:23:32

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-08 12:52:51

ANo.3

著作権って、「表現」を保護するものなんですよ。
だから、知識そのものは、保護の対象外です。
つまり、書き口さえ変えたら、まったく同じ内容でもOKってことです。
同様に、プログラムのアルゴリズムなども著作権では保護されません。

ちなみに、知識(というか発明)を保護するのは、特許権です。
特許として登録・公開することで、保護の対象となります。
ただ、特許権はその性質上公開されている物ですので、その知識を公開することが特許侵害となることはありません。
その知識を利用して「お金儲け」をしてしまうと、特許侵害となるだけです。

なので、安心して書いてかまいません。

投稿日時 - 2007-09-28 09:19:42

補足

じゃあ教科書の書かれてることは特許はとられてないんでしょうか?

投稿日時 - 2007-09-30 17:48:49

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-08 12:52:32

ANo.1

恐れ入ります。

知識は著作権で保護されません。
理系の学生ならネットを使って調べられることは最低限調べましょう。

著作権とは、著作物に関わる権利のことを指します。
著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(著作権法2条1項1号)です。

・頭の中だけの思想・感情は、著作物ではありません。
・また表現したものであっても、創作的でなければ著作物ではありません。
 (「新聞記事の見出しは、著作物ではない」というのが争われたりしてます。「著作権 民事訴訟事件」で調べると出てきます)
・編集物は、素材の選択や配列に創作性を有すれば、著作物とされます。

教科書は、主に編集物ですね。
>複数の教科書を比べて『ここはどれに似ていて』なんてことも珍しくありません。
たまに丸写しのものがあって、裁判になったりしています。
地図の場合も、裁判になっていますね。

***
個人的には、chicken_manさんが著作権について気にするのはまだ早いと思います。
巨人の肩に乗っていることを自覚し、自らも巨人の一部となれるよう精進してください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9

投稿日時 - 2007-09-28 02:17:47

補足

理解度を上げるため練習問題なども追加しようと思ってるのですが
これに試験の過去問を使ったらまずいでしょうか?
もちろん表現や数値は変えるつもりなんですが問う本質は
変わらないというものを。

重要な部分って決まってますし似るのも仕方ないかなと思うんですが。

投稿日時 - 2007-09-30 20:06:29

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-08 12:51:01

あなたにオススメの質問