こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

30代での専門学校について。(理学療法士、作業療法士)

 はじめまして。私は現在、35歳・独身・建設会社勤務・
職種=一般事務 の者です。

 以前交通事故で1年ほど入院した時に、リハビリを行ない
初めてリハビリの本質を目の当りにして以来、出来れば、
理学療法士か作業療法士の専門学校に行って、
将来はその関係に就職したいと考えてます。

しかし、年齢が年齢ですし今からそういう行動にでるのも
不安な面はあります。

 私がその仕事をしたい理由は、収入とか安定よりも
誰かの役に立ちたいというのが大きいです。

 今の仕事は確かに収入はあまりよくないんですけど
慣れた仕事なんで楽ではあります。
でもそれよりもやってる内容に魅力を感じないというか
なにか役に立ってるんだろうかという考えがあります。
もちろん甘い考えだとは思いはしますけど。

 実際、30代でリハビリの道に進む方は
いらっしゃるんでしょうか。
もしよろしかったら、参考までに教えていただければ幸いです。

投稿日時 - 2007-09-28 16:47:36

QNo.3384291

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

マレにいますが、そんなことよりまずは体験入学にいくことをお勧めします。
収入、安定、年齢ももちろんありますが、理学療法士、作業療法士は向き不向きがあります。


簡単にいってしまえば、障害者のリハビリを目的としています。
精神障害から事故で手足を失った。
今までふつうの生活していた人が、不便になるなるわけです。
心のケアもあります。
八つ当たりされることもあるでしょう。

そういった人たちと対応できる性格でないと勤まりません。
介護職と比べれば離職率は低いですが、やはり一度見学するのがいいと思います。
リハビリを受けた側でなく、やる側も現場もみてみましょう。

警察に助けられたから、警察になる。
医者に救って貰ったから医者になる。

子供の夢ではないので、もちろんなるのも大変なのはご存じだと思いますが、
向き不向きを感じてください。

人を助けたい。
というのであればボランティア、献血などもあります。
募金もありますがこちらになると小銭はともかく、
きまえよく100万、200万できる人は個人では少ないですよね。

投稿日時 - 2007-09-29 12:55:40

お礼

 貴重なご意見ありがとうございました。
理想と現実の違いをもう一度再考して判断したいと思います。

投稿日時 - 2007-10-07 13:57:48

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問