こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

このままで良いでしょうか?教えてください。

初めてご相談させていただきます。私(50代・女)は結婚して25年、自営業で主人と仕事をしてきました。その主人が家を出て2年になります。家に帰って一緒に暮らすことを2度、提案しましたが、どうしても許せないと言うのです。
そこで皆様方にご意見を聞かせていただきたいのですが・・。男性の気持ちなど是非お願いいたします。どうすれば主人を説得できるでしょうか?
私は主人とは再婚で、主人との不倫で離婚され、子どもをおいて花嫁道具だけ貰い、家を出されました。それから2年後再婚し、人生をやり直しました。離婚から再婚まで2年の空白があるため、主人は自分との不倫が原因で離婚されたとは思ってないようです。
喧嘩したおり、私が「あなたは加害者、私は被害者」と言ったことが許せない。そんな気持ちだったのか、と思うと、もう一緒には暮らせないと殻にこもり、仕事以外の話はありません。
どうしてそんな言葉が出てくるのか?が私への不信になりました。
「私は離婚により5年間育ててきた多くの物を失い、再婚してからも自分の失った5年を取り戻そうと人一倍頑張った」「あなたは失う物はなかった」という意味で発言したのです。再婚に際しても出来ちゃった婚と思われないよう一度中絶し、正式な結婚、出産となるよう時間もかけました。
離婚という犠牲の上にある再婚なので(離婚した元夫は再婚せず、子どもは祖母に育てられました)、私の気持ちとしては人一倍頑張らねば!という気負いやら焦りやら、思いがあり、それを初婚の相手に私と同じような気持ちになるよう求めるのは間違いでしたし、発言に対して謝りました。離婚した家族に迷惑をかけたので「被害者」で、私が「加害者」という気持ちが常にあり、「被害者・加害者」という言葉がとっさにでましたが適切ではなかったのは確かです。どうしても許せない、許せない自分もイヤだが、一緒には暮らせないとのことで、末の子どもが18歳になるまでは離婚は出来ないが、このまま別居を続けるとのことです。説得は出来ませんでしょうか?

投稿日時 - 2007-09-30 09:23:30

QNo.3388772

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

結婚20年超の50代の男です。

■喧嘩したおり、私が「あなたは加害者、私は被害者」と言ったことが許せない。そんな気持ちだったのか、と思うと、もう一緒には暮らせない…

キッカケになった一言であるのは確かなのでしょう。
しかし、20年以上も連れ添った夫婦がたったこれだけのことで破綻するとは僕には考えられません。

おそらく貴方と夫は、以前からそれほど仲も良くなく、たいして幸せでもなかったのだと思います。
貴方の夫は、以前から幸せでもなく仲良しでもない夫婦生活に飽いていた。
だから、たったこれだけの言葉で気持ちが折れたのだということを理解しないと、話し合いなど成立しないと思う。

「仲の良い夫婦」って、「自分が幸せであるために相手の幸せを『必要』とする夫婦」なのだと思う。
その状態を確保して初めて、自己愛と夫婦愛は矛盾せずに安定する。
僕が幸せであり続けるためには、妻や子供達が幸せで生き生きとしていることが「必要」です。
そして、僕がこのように考えているということを妻や子供達が「確信」しているから、僕がちょっと女遊びしても「バッカだなぁ~・笑」で片づけられる。

■説得は出来ませんでしょうか?

「説得」という言葉遣いそのものが不適切です。
貴方の夫の頭の中では、貴方と共に過ごす老後よりも、貴方が存在しない老後の方が心地よいイメージが支配的なのですから、「そうではない」というイメージを「提案」しなければなりません。

貴方と貴方の夫が、心地よく仲良く、お互いの幸せを必要とするイメージをもてるかどうか?
ごまかしは通用しません。

投稿日時 - 2007-09-30 10:16:18

お礼

貴重なご意見を頂き、ありがとうございます。
一つ一つのお言葉、身にしみました。
主人が幸せでなかったというのはおっしゃる通りです。性格的なこともあり、自営業ということで仕事の苦労も多く、私も子どもを育てながら手伝ってきました。
苦労して大きくした子どもから「ウチは母子家庭と同じ、お母さん一人で育ててくれた」といわれたり、子どものために我慢をしてきたことと思います。私と添い遂げることのイメージが持てない・・、ごまかしは通用しない、とのご指摘は主人の思いを代弁しています。ありがとうございます。さらにどうすればよいのかアドバイスいただければありがたいのですが!お願いいたします。

投稿日時 - 2007-09-30 10:50:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

>どうしても許せない、許せない自分もイヤだが、一緒には暮らせない

これを見て、ご主人の中で、何か一線を越えてしまったというか、何かが壊れたという印象を受けました。
自分の25年が無だった、という気持ちを持ってしまわれたのかと思います。

あなたに、ご主人がしてきてくれたこと、それは、あなたが満足できないものだったかも知れないけど、ご主人の精一杯を、あなたも感じたことはあるのでしょう?
母子家庭なんて言う子どもということなら、ご主人にとって、本当に帰る場所、帰るキッカケとなる家族との繋がりが無い状態なんだと思うのです。

もし可能なら、ご主人が自営されている仕事を、子どもさんに手伝わせて、子どもさんに、自分たちを育てるために父がしてくれていたことを実感させてはどうでしょう。
貴女が直接どうこうというのもいいんですけど、子どもにほだされて、久しぶりに家に帰ってみたら、サプライズ的な居心地、居場所もあったとなると・・・などと思ったりもします。
それでご主人が、元に戻ることはありませんが、新たな関係を作っていくことは出来るはずです。

投稿日時 - 2007-10-01 06:51:24

お礼

長文読んでいただき、回答くださりありがとうございます。
子ども達も一緒に苦労を共にして生活してきたはずなのに、親を頼らなくていい年頃になりますと親に厳しい批判をします。
確かに十分してやれなかったことも辛抱させたことも色々あります。
皆さんの回答にもありましたように、子どもの将来と言うことも含めて私が反省し、考えなければ・・と思います。
助言いただいた父親と子どもとの関わりを大切にし、新しい関係を作っていく・・という方向に努力したいと思います。
親身なお言葉、ありがとうございます。
とても参考になりました。

投稿日時 - 2007-10-01 10:04:23

ANo.11

たかが結婚10年の30代の小娘の戯言です・・・。

類は友を呼ぶそうです。

「私はこんなに頑張ってきたのに」と質問者さんが思っているならご主人も「オレはこんなに頑張ってきたのに」ときっと思っていることでしょう。

夫の考え方は変わらない・・・と思っているのなら、質問者さんの考え方も変わっていないんです。

ご主人を結果孤独に追いやったので、ご主人も突っぱねるのではないですか?

大きな犠牲を強いた結果には大きな歪みも生じることでしょう。
その道を選んだのなら、自分が頑張って生きていくとかではなく、謙虚に、ご主人を、支えていくべきだったのではないでしょうか?

捨ててきたものに、きちんと誠意を見せましたか?

ご主人の為に太陽のような奥さんでいましたか?
温かく心休まる場所を提供できましたか?

敵意を向けた相手が笑顔で応じますか?
悪意を向けられて好意を返せますか?


ここまでで何かお気づきになったことありますか?
それならこれからすることは、お分かりになるのではないでしょうか?

厳しいご意見が多いですが、どうぞご自身を良い方向に変えていい結果を手にしてください。

ご主人にももちろん問題があるかもしれません。
ですが他人を変えるなんて事、まず出来ません。
でも、自分が変わると、不思議と道が拓けるんです。

生意気言ってすみません。

投稿日時 - 2007-10-01 00:12:07

お礼

回答頂き、ありがとうございます。
あなたのような娘がいても良いような私ですが、もっと早く身近な誰かに相談するような方がいたら、もっと早く主人の気持ちや家族の思いなどに、気づき、ここまでにはならなかったと思います。
ここで皆様方が時間をかけて一緒に考えてくださったこと、ノートに書き写し、努力したいと思います。
あなたがおっしゃる通り、自分が変わらなければ道が拓けない・・と思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-01 10:19:06

ANo.10

「あっ、この人と私は全然違うんじゃない」
「あんたのアドバイスは実にトンチンカン」
「だって、私は、子供3人を連れて汽車に飛び乗ったじゃない」
「そりゃ、どん底もどん底の生活だったよ」
「しかし、暴力から解放されて自由を手に入れた生活だったじゃない」
「状況が全く違うじゃない」
「子供を置いての離婚じゃ、罪悪感は一生残るよ」
「そりゃー、しかたないねー」
「○○ちゃんだって、今でも、それで時々荒れているじゃない」
「一生、それを抱えて生きるしかないよ」
「しかし、それと、幸せを逃さないこととは別問題だねー」

「そりゃ、私も子供もあんたに世話になったと思って感謝もしているわよ」
「しかし、それはそれだもんね。一度も負い目なんて感じたことはないね」
「あんたと私は、対等な関係。私の子を育てるのは当然。だから、結婚したしね。」
「なんで、そういう関係を築けなかったのかなー。そこが、問題ね」
「なんで、加害者とか被害者とか、対等とはほど遠い夫婦関係しか築けなかったのかね」
「旦那さんの物の見方、考え方にも問題があるんじゃない」
「こりゃ、解決は難しいね。」
「しかし、そう言っちゃ可愛そうだね」

「これから、どうすべきか?それは、一言ね」
「自分の気持ちを伝えることね」
「25年間疎かにしてきた夫婦の話し合いを今することね」
「戻ってきて欲しいなら、『戻って欲しい』と率直に頼むことね」
「それしかないよ」
「一度でダメなら二度、二度でダメなら三度。これしかないね」

と、いうのが妻に聞いたことのおよそ全てです。

投稿日時 - 2007-09-30 21:54:01

お礼

Husky2007様、奥様にご意見を聞いてくださったのですね。ありがとうございます。
「大事なことは未来を変えること」という奥様の言葉をかみしめています。また「自分の気持ちを伝えること」というアドバイスはありがたいです。
奥様はとても女らしい方ですね。私にない女性としての強さや魅力、潔さをお持ちです。
私はやはり離婚で考え方や性格まで変わってきたように思います。
再婚とか夫婦とかに対する考え方が奥様のように持てませんでした。たぶん主人もそれが不満だったと思います。
「罪悪感は一生残る」確かに主人には申し訳なかったですが、口には出しませんが、常に置いてきた子どものことは頭から離れませんでした。
恥ずかしくないよう生きようと、毎日毎日精一杯やろうとしました。償うつもりで生活しました。
贅沢などしてはいけない、のんきにしてはいけないと自分に強いてきました。
「なにがしてやれるだろう」と思いつつ、結局「何もしないことが一番」とこれの繰り返しで、なにも出来ない後ろめたい気持ちがあります。
奥様の「凜とした」生き方とはほど遠いものです。
今からでもおそくありませんね。努力したいと思います。ご助言ありがとうございます。とても心強くなりました。奥様にもお礼をお伝え下さい。

投稿日時 - 2007-10-01 11:07:57

ANo.9

皆さん悪気はないが、結果として厳しい回答になってしまっています。これも仕方ありません。あと一点気になったのは、ご主人が戻ってくるかは分かりません。これは貴方自身がいくら努力してもご主人の気持ちが変わらない限り無理です、貴方はその努力をされるのみと思います。ただし、今のお子さんには貴方やご主人が辿ったような道のりを辿るようなことがないようにしっかりと言い聞かせてください。躾という面では年齢的に手遅れですが、貴方が今できることのなかでもっとも大事なことと思います。少し、今のお子さんも荒れているようで、少し気になります。

貴方は前のご家族にも罪悪感があるような言い方をしておりますが、特に手放したお子さんへの気持ちがあれば、更にお子さんを作らないという選択肢もあったように思いますが。

投稿日時 - 2007-09-30 17:45:00

お礼

回答頂きありがとうございます。
皆さんに読んで頂き、回答頂いて私も色々考えております。自分では解決できなくてここに相談させていただきました。
主人の気持ちが変わらない限り無理・・とのご意見、その通りですね。
子ども達は静観しています。自分のことで精一杯のようです。心配くださりありがとうございます。

投稿日時 - 2007-09-30 20:43:33

ANo.8

質問者様は、いろんなものを失ったとおっしゃっていますが、
失ったのではなく、自分で捨ててきたのではありませんか。
離婚も、子どもを置いてきたのも、質問者様が不倫がなければおこらなかったこと。
子どもをおろしたのも、避妊をしなかったことが原因で、
世間体を優先したことが原因です。

『失った』というのは、配偶者に不倫をされ離婚せざるをえなかった人、
流産などの残念な結果になった人が言うことです。
質問者様は、いくら辛くても、自分の意志で『捨てた』のです。

きっと今まで、何か問題がおこるごとに、
『あのとき不倫したこと』に結び付けてきたのではありませんか?
そうすることで、本質的な問題から逃げていたのではないですか?
もう不倫していたことを理由にしないでください。
いつまでも、自分たちの問題ではなく、過去に縛られていることに
旦那様は嫌気がさしたのかもしれません。
ずっと第二の男、第二の家庭と見られている旦那様、家族の身にもなてあげてください。
誰かのせいにして生きてきたことを自覚して、
考えを改めたことを旦那様に話して、わかってもらうしかありません

しかし、因果応報・・・。
捨ててきた人はいつか捨てられる・・・・。
その覚悟をしつつ、今は、精一杯気持ちを伝えるしかないでしょう。

投稿日時 - 2007-09-30 16:52:15

お礼

回答頂きありがとうございました。
返す言葉もありません。
25年何をしてきたのかな・・と考えています。
精一杯気持ちを伝えるしかないでしょう・・のお言葉、よくかみしめて向き合っていこうと思います。読んで頂き、ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-30 20:49:28

ANo.7

質問文やお礼を読んでの正直な感想は、キツイ言い方ですが、質問者さんはずいぶんと我が我がという人だな、自分のことを棚にあげて、被害者ぶる人だなと感じました。
正直、読んでいて腹が立ちました。

私から見たら、質問者さんはずいぶん多くの罪を犯したけれど、被害者であったことはないと思います。

>主人との不倫で離婚され、子どもをおいて花嫁道具だけ貰い、家を出されました

嫁入り道具「だけ」って、もらえただけでいいじゃないですか?
本来、質問者さんが慰謝料、養育費を払う立場ですよ?
「家を出された」と言いますが、自分で不倫したのですから仕方ないじゃないですか?

>「私は離婚により5年間育ててきた多くの物を失い、再婚してからも自分の失った5年を取り戻そうと人一倍頑張った」

5年間というのは前の旦那さんとの5年間ということですよね?
なんでそれを今の旦那さんに言うのですか?
旦那さんと5年は関係ないでしょ?
まるで旦那さんのせいで5年を失い、とても後悔しているというような言い方ではないですか?
あなたは別に今の旦那さんにレイプされたわけではないのですよね?
不倫がばれるまでは、楽しんでいたわけでしょ?
おまけに、離婚はしたものの、すぐに再婚でき、ラッキーだったではないですか?
それを「失った5年」「私はがんばったのに」なんて言い方をいつまでもされたら、まるで再婚したのが失敗だった、あなたとなんて本当はいたくない、でも代償をはらった再婚だからしかたなく一緒にいるだけだというように聞こえて、旦那さんにとっては、だったら別れた方がいいだろという気持ちになっても仕方ないと思います。
前の結婚のことは、あなたの人生で、今の旦那さんの人生ではないのです。

それに、子供に対するあなたの考え方に、とても不快感を覚えました。

>再婚に際しても出来ちゃった婚と思われないよう一度中絶し、正式な結婚、出産となるよう時間もかけました

命より世間体が大事なのですか?
堕胎したことは、あなたの犠牲であり、旦那さんの犠牲ではないと思っているのですか?
おなかにいたのは旦那さんの子供でもあるのですよ?

>離婚という犠牲の上にある再婚なので(離婚した元夫は再婚せず、子どもは祖母に育てられました

犠牲は、捨てられた前の旦那さんとのお子さんでしょう。
祖母に育てられていると知っていて、引き取ろうとはしなかったのですか?
再度、親権を争うために努力しようと行動には移さなかったのですか?

>苦労して大きくした子どもから

子育てに苦労するのは当たり前でしょう?
それをとても恩着せがましく言いますよね?

自分は被害者ではないということ、今までしてきた罪、旦那さんへの心無い言動など、ちゃんと思い返してみたほうがいいと思います。
わかっているといいながら、自分を弁護しまくってますから。

投稿日時 - 2007-09-30 14:01:26

お礼

私には厳しいご意見ですが、返す言葉もありません。
表現がうまく出来なくて、少し状況が違う点もありますが、そのようなことはどうでもいいことですね。
私の考え方がまちがっていた・・ということかと思います。
ご意見いただき、ありがとうございます。
主人が言えないことを代弁してくださったのかと
思います。
主人の思うようにして貰おうと考えています。

投稿日時 - 2007-09-30 14:38:36

ANo.6

ケンカ売るつもりはないのですが・・・
自分は不倫相手と再婚する為に子供置いてまで離婚したのに、自分が置いていかれる立場になったら家を出たご主人をなんとか説得したい…って。
人一倍頑張ってきたんだろうな~って思います、自分の為に。

ご主人が家を出て2年なのに、子供達が「俺たちもお母さん一人で育ててくれた」なんて言うのは、ずっと以前から自営業を頑張っていたご主人がいるからこそ、ご飯食べられる、学校行けるなどと教えなかったからでは??
それなら「お母さんひとりがいつも大変!!」って思いますよ。

>「あなたは失う物はなかった」
ご主人は天涯孤独の方ですか??
私が親・兄弟・親戚で、あなたとの経緯を知っていたら結婚を大反対しますね。
そういう身内がひとりぐらいはいたと思いますよ。

不倫したのも、子供置いて離婚したのも、中絶したのも、ご主人と再婚したのも、ご主人が出て行きたくなるようなことを言ったのも、すべてあなたに都合が良くなるように、選択したのもあなた自身です。
今の家庭がいろいろな犠牲の上で成り立っていると思うと、失いたくない気持ちは分かります。
しかし、ご主人が戻ってくるかどうかはご主人が決めることです。
いくら自分の為に人一倍頑張っても、何もかも自分の思い通りにはいかなことだってありますって。

投稿日時 - 2007-09-30 13:21:51

お礼

私には厳しいご意見ですが、ご指摘の通りと思います。言い返す言葉がありません。主人は無口で我慢する人でしたので、私は「自分の為」だけに頑張ってきたとは考えませんでした。
主人の仕事を手伝い、忙しい主人の分もしっかり子どもを育て、主人も喜んでくれていると思ってました。お盆やお正月、また休日など主人の母の希望を何より優先し、それが主人の喜びでもありました。二人は力を合わせて助け合って来たと思っていました。
しかしそうではなかったのかもしれませんね。
お時間頂き、ありがとうございました。
私の何が悪かったのかよく反省してみます。

投稿日時 - 2007-09-30 14:03:09

ANo.5

お互いに不貞を働いた同志ですよね、貴方とご主人との間ではどちらも被害者も加害者もないような気がします。強いて言うなら、一連の話で二人とも加害者で、被害者は貴方の元ご家族、貴方達は共犯者です。お二人の間では不倫はお互いの責任でしたことなので、貴方一人が離婚されたとしても、それは貴方の責任以外の何者でもないわけでしょ?あなた自身は好きで不倫したのに、離婚されたからと言って、ご主人を加害者呼ばわりするのはおかいしいと思います。あなた自身がそういう気持ちがあることをしっかりご主人は分かったので、貴方自身とはあまり顔をあわせたくないし、貴方との婚姻を継続される意思もないのでしょうね? いずれにせよ、不貞行為をすることができる人ですよね。少しでも嫌になったら、そこまでして家族にこだわる気持ちもないのではないかと思います。通常の人とはご家族に対する思い入れが違うように思います。所詮そういう人達なのです。貴方も元ご家族を裏切って似たようなことをしてきたわけでしょ?今度は逃げるところがないので、自分で支えていかなければならず、以前とは逆の立場に立っただけです。

因果応報と言うか、貴方達は元のご主人、お子さんを不幸にして、酷い目にあわせて、自分達だけが幸せになろうとしたための報いとも言うのでしょうか?

投稿日時 - 2007-09-30 12:41:43

お礼

確かにおっしゃる通りです。
私達のせいで人生を狂わされた元家族がおります。だからこそ一生懸命生きなければ申し訳ないとも思い、頑張ることが罪滅ぼし(自己満足ですが)と精一杯やってきました。
どのように言われましても事実ですので仕方がありません。私の過ちです。
同じ過ちを繰り返さないために今何とかしたい、と思い切って投稿させていただきました。
私には厳しいご意見ですが、その通りです。
自分では気づかないことも指摘されまして、「そうかな・」と思う点もあります。
主人もこのこと(私達の過去の事実)は子ども達には口が裂けても言えない・・と言ってました。
よく考えたいと思います。ご意見いただいてありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-30 13:42:58

ANo.4

できるかどうかはわかりませんが、質問を読む限り、子供の独立後もパートナーとして暮らしていきたいという希望があるのでしょうから、できる限りのことはすれば良いかと思います。

質問文を読む限り、たしかに、ご主人が感じられた不信というか空虚な気持ちも理解できる気がします。
「報われない」という感じがします。
年齢も職業も違いますが、わたしも、妻が再婚、わたしが初婚でした。
質問者さんが、人一倍努力してきたことは分かります。
ですが、質問文にはご主人に関する情報が殆ど無いので状況は分かりませんが、ご主人も人一倍努力する面があったはずだと思います。
結果として妻に不満なものであろうとも、努力し、気を遣っていることに変わりは無いので、消耗はします。
なんというか、仕事や家庭生活で苦労するところ以外に、きっといろんな面で努力し、悩みもし、苦しみもあったと思うのです。
質問者さんから見れば足りない部分もあったはずだと思います。
人間だから100点じゃないです、それは誰しも分かっていて、もう少しできれば・・・って悩みだってあります。
その数や種類だって増えるんです。
それでも、結婚を選んだのは自分なんだ、妻の過去も含めて家庭として一体の問題なんだと捉えていないと、今まで続けてこれなかったはずだと思うのです。
質問者さんの目に見える行動があろうがなかろうが、悩みや苦しみはあったはずなのです。
「あなたは加害者、私は被害者」という表現は、言葉のアヤでは済ませられない言葉だと、わたしには感じられました。
これまでの、自分の努力、悩み、苦しみをすべて無に帰されてしまう表現です。

ところで、これまでの期間、質問者さんは、ご主人の苦しみを聞いてきたでしょうか。
質問者さんが、「人一倍頑張り」続ける中で、ご主人は、自分なりの頑張りを質問者さんから認められてきたのでしょうか。
そのあたりが、不安になります。
男性は、そういったことを伝えるのは下手ですし、弱い面を見せたくない気持ちもあります。
また、妻の方が苦しみは大きいのだろうと思うと、自分のことは言えないなんて感情もあります。
ですが、あるものはあるので、「根本的なところは理解されている」と信じて、頑張り続ける部分もあると思うのです。
仮に質問者さんから見れば自分の方が苦労をたくさんして、ご主人にはもっと頑張ってもらいたい部分があったとしても、それでご主人が苦労してきた事実が無くなるわけではないのです。
今回の「被害者・加害者」という言葉が引き金になって、ご主人は、これまで我慢していた部分の堰が切れてしまったのかな、と感じます。
今からでも、この25年間について、お互いの立場で相手がどう見えていたのか、何を考えてやってきたのかを話し合うことしか、道は無い気がします。
せっかく25年間も二人で頑張ってきて、今から、その果実を受け取る時期だと思うのです。
お互いに、もったいないですよ。

別居をいきなり解消しようなんて思わずに、今更慌てたってしょうがない、これからに向けて必要な時期だと捉えて、会う努力だけは続けるようにしてほしいと思います。
会って話をして、一人になって考える、それも悪いことではないですよね。

投稿日時 - 2007-09-30 11:55:42

お礼

貴重なご意見を頂き、ありがとうございます。私より遙かにお若い方のように思いましたが、とても真摯で、思いやりあふれるお言葉に涙がとまりません。
本当に素直な優しいお気持ちをもたれた方なんだな・・と教えられました。
主人は早くに父親を亡くし、母親思いで、何かと苦労してきました。また無口ですし、暇があれば母親の相手をしたいので、趣味などにも時間をもてませんでした。また家族の時間ももてなかったと思います。
おっしゃる通りです。主人の思いを代弁していただいているように、お言葉の一つ一つが身にしみました。
「かゆいところに手が届くようには出来ないのでやって欲しいことがあれば口に出して欲しい」と言っても、我慢することが多く、子ども達がそんな主人にあぐらをかかないように、主人の仕事を家族で支えてきました。私たちだけで楽しんだり、楽することのないよう、主人が稼いでくれたお金を無駄遣いしないよう生活してきました。
おっしゃるように私の過去を一緒に背負ってくれてここまで努力してくれました。
皆様に頂いたお言葉を何度も思い返し、時間をかけて話し合います。ありがとうございます。
このように一緒に考えてくださり、本当にありがとうございました。
やはり私が世間に対して気負いすぎ、頑張りすぎたのかもしれません。一番大切な素直な気持ちや思いやりの気持ちがもてないほどに片意地や、見栄を張っていたと思います。
主人の望むことが何なのか?どうすれば気持ちが安らぐのか?
焦る気持ちを抑えて、時間をかけてみます。
親身なご意見を本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-30 13:02:33

ANo.3

>どうしてそんな言葉が出てくるのか?が私への不信になりました。
「私は離婚により5年間育ててきた多くの物を失い、再婚してからも自分の失った5年を取り戻そうと人一倍頑張った」「あなたは失う物はなかった」という意味で発言したのです。再婚に際しても出来ちゃった婚と思われないよう一度中絶し、正式な結婚、出産となるよう時間もかけました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今のご主人は初婚なのですね?
たとえ双方が不倫の再婚であっても、【被害者=あなた】はおかしい。
初婚のダンナ様が【加害者】とはかなりひどい。

ご自分が犠牲・被害者と考えていたものはあなたが誰と再婚しても、
再婚しなくても、あなた自身の問題で、
あなたのいわば人生における負債?借金。

逆に言うなら、ソレを支払うあなたのために今のダンナ様が逆に
被害者です。
あなたのいわば、不倫といわれたくなくての見栄で、
子供をおろしたとかね。

なんとなくダンナ様が怒るわけがわかる。
拉致監禁されての強いられた不倫というわけでもなく、
あなたの意思での不倫で、再婚。
仕掛けたのはダンナ様かもしれないが、【恋】にのったのは100%
自己責任。

夫婦をやり直すということなら、どちらが被害者という認識では
岡目からは、ご主人のほうが被害者です。

【どうしても許せない、許せない自分もイヤだが、一緒には暮らせないとのことで、末の子どもが18歳になるまでは離婚は出来ないが、このまま別居を続けるとのことです。説得は出来ませんでしょうか?】

この結婚生活の最初から、コレだけすれ違っていたのかというのは
今までのなんとなくの齟齬のあったあなたの態度の端々にきっと
ダンナ様なりに納得のいった結果でしょう。
【許せない自分も嫌だが・・・】というでも【一緒には暮らせない】というのはわかる。

実は我が家も2年間別居状態です。
父と、高校中退での引きこもりの下の息子とのいさかいで押した押されたの一種体力勝負に父が負け、欝になり、喘息になり、パニックになった。
一時、だんなの実家(歩いて5分)に避難でそのまま2年。
その間、我が家では母息子でのまさに命がけのバトルです。
家の中はいまだにあっちこっちが破壊状態。

1年ぐらいして、一度戻りました。
何事もなく、一晩とまって、また来週。
翌週からまた息子が荒れた。

また週末にだんなが戻って、何事もない風(破壊されているうちなかの状況を問わない)。
このときはじめて私の中で何かが切れました。
こちらで母息子でバトルしていても、だんな?父が避難していてもよかったのですが、自分に何の責任もなく、その間のことに思いがまったくないということに【切れた】

つまりですね、
おそらく、あなたのだんな様は
この私で言うなら、
『自分に何の責任もなく、その間のことに思いがまったくないということに【切れた】』状態なのです。

それがあなたが被害者、だんな様が加害者。
ダンナ様が元のあなたの生活に何も思っていなかったということはおそらくないでしょう。
でも、ソレは、初婚のダンナが思うことではなく、
あなたの「負債」を一緒に負うというおもいです。
ソレを、一方的に、『アナタが悪い。 私は悪くない、私は努力している』というのは、思いやりがない。

そう、今までのオレのがんばりはなんだったのだと
【許せない自分も嫌だが・・・】ですが、がっかりして
立ち上がれません。

私も、そうです。
今から、反省してもらっても、あーそうだったのね・・だけ。

自分のことを考えるなら、【このまま別居を続けるとのことです。】ならずーっあなたの状況も変わらないとおもう。
でも、また一緒に生活するのは、もう、
思いがココまで今までもすれ違って思い込んでいたとなったら
むなしいです。

投稿日時 - 2007-09-30 10:57:23

お礼

ご意見、ありがとうございます。息子さんのことをお聞きし、我が家でも昨年高校受験の3男が反抗期のことを思い起こしました。
家出や学校呼び出し、暴れたり、2男との大喧嘩など父親不在の中で乗り越えました。誰にも相談できず、涙、涙の毎日で3男に向き合いました。
助けてくれなかった主人に腹が立ったこともありましたが、「俺たちもお母さん一人で育ててくれた」「お父さんを当てにするな」と励まさ(?)仕事に専念し、心身共に元気になって貰いたいと別居を続けました。主人は初婚、ご意見を頂いたように夫婦の絆よりも子どもを優先、仕事を優先してきたことの結果ですね。
解決に向けてさらにご意見を頂けたらありがたいです。

投稿日時 - 2007-09-30 11:47:50

Q、説得は出来ませんでしょうか?
A、説得という発想が・・・。

>再婚に際しても出来ちゃった婚と思われないよう一度中絶し・・・。

命ってもんを何と心得ているのですか?
命を粗末にし、「正式な結婚、出産」などあり得ようもないです。
どうも、最初からボタンを掛け違ったんじゃありませんか?
その掛け違いが4半世紀を通じて露になっただけのような気がします。

>離婚という犠牲の上にある再婚・・・。

基本的な物の見方・考え方が、観念的で評論家のそれで伴侶としてのそれじゃないです。

「過去の解釈は評論家の仕事。私にとって大事なのは未来を変えること」
これは、私の妻の揺るぎなき考え方であり生き様です。
私が言うのも何ですが、この<凛とした生き様>は尊敬に値します。

そりゃ、離婚に至る過程で、相当に、周囲の人々に迷惑をかけたことでしょう。
が、それに応える唯一の方法は「未来を変えること」じゃないですかね。
質問者の物の見方・考え方は、こういう発想とはどうも対極にあるようです。
それじゃ、ボタンを掛け違えは拡大する一方だったんじゃないですか?

>説得は出来ませんでしょうか?

説得という発想がいただけませんね。
色々と経緯が書かれていますが、突き詰めれば夫婦としての絆がなかっただけ。
色々と経緯が書かれていますが、生き様に対する共感と尊敬がなかっただけ。
<凛とした生き様>こそが再婚の成功を保証するんじゃないですかね。

「過去は過去。私にとって大事なのは未来を変えること」と考えること。
そうして、<凛とした生き様>を日々の言動の本質たらしめることが先決。

私は、このように思いますよ。

投稿日時 - 2007-09-30 10:48:54

お礼

ご意見を頂き、ありがとうございます。
奥様のご意見も聞いてくださったのでしょうか?
離婚の時の辛さは一人で背負いました。相手の人生も狂わせてしまい、その後の交流はありませんが、罪悪感は今もあります。「凛とした生き方」が出来なかった未熟さが私にあります。主人の仕事を手伝い、子どもをしっかり育てること、それが私に出来ること・・と思いそのことを優先させました。おっしゃる通り夫婦の絆とか、夫婦の楽しみなど二の次、三の次、子どもを育て、仕事を回していくのが精一杯でした。母親思いの主人が義母を大事にすることは理解し、思うようにして貰いました。「未来」に関しましてさらにアドバイスをいただけましたらありがたいのですが。奥様のご意見もお聞かせください。

投稿日時 - 2007-09-30 11:15:23

あなたにオススメの質問