こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

認知症、アルツハイマーの診断

認知症やアルツハイマーの診断には客観的な指標はあるのでしょうか?
物忘れ診断や心理テストのような患者本人の実感による診断ではなく、たとえば、血液検査、MRI、MRAのようは客観的なデータから診断されるのでしょうか?

投稿日時 - 2007-10-03 20:45:33

QNo.3398608

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

家族(77歳女性)のケースでは 認知症状はありませんでしたが 両目で見ると物が2重に見えることから 眼科受診後→脳神経外科を紹介されました。 
MRIで 脳腫瘍などのないことを確認し(他の認知症の可能性を排除) 実年齢以上(家族の場合は90歳程度)の脳萎縮を確認。
加えて 脳血管シンチグラフィで 部分的に脳血流が悪いことを確認し 痴呆症状がまだ無くてもアルツハイマー病と診断されました。
物忘れ診断や心理テストのようなものは もちろん受けていません。
(現在治療中 今のところ目立った進行は感じません。)

※ 脳血管シンチグラフィは 核医学検査なのでCTやMRIとは別途施設が必要なので 大規模総合病院か 大学病院クラスでしたらあると思います。

投稿日時 - 2007-10-03 21:44:47

お礼

脳血管シンチグラフィ、は初めて聞きました。
実年齢以上の脳萎縮が判断材料のひとつとなることも。
大変参考になりました。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-04 01:15:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

こんばんわ
私の伯母が認知症ではと思い親戚皆で悩み調べた事があります。
MRIでは脳の細胞が収縮している所までわかるそうで診てもらう価値はあると思います。だいぶひどくなってからだと手遅れだそうです。せっかくのお薬の効果もなくなるそうです。

伯母は頑固な夫のせいで診てもらう事もできず手遅れになってしまいました。。。

投稿日時 - 2007-10-03 21:05:44

お礼

なるほど。
やはり客観的な判断材料となるデータがあるのですね。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-04 01:13:35

あなたにオススメの質問