こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

退職者の年末調整

10/20付で退職する社員がいます。
私はこの社員の退職に関する手続きを担当いたします。

所得税について教えてください。

(1)この社員が退職する際に私は、この社員の「年末調整」を
 するのでしょうか。
(「年末」前に退職するのだから「年末」調整はしなくていい?)

(2)この社員が年末調整の「対象外」であった場合・・・・
 では、私は何をすればいいでしょうか?
 
 ただ単に「源泉徴収票」を作成すればいいのですか

(この場合の「源泉徴収税票」に記入する金額は、
 年末「調整」していない金額でいいですか。
 つまり、今年1月~10月給料に源泉徴収された所得税の総額を
 「調整」しないで記入する、という意味)

源泉徴収票の
「支払い金額」「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計額」
「源泉徴収税額」の各欄に記入する金額を
どうしたらよいのか、がわからず困惑しています。

(3)この社員は、勤続10年、退職金200万、のため、
退職所得には所得税が発生しない、と私は判断しております。
したがって、「退職所得の受給に関する申告書」の提出は不要、
と判断いたしました。
が、間違っていませんか。


 

投稿日時 - 2007-10-05 06:50:31

QNo.3402405

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>(「年末」前に退職するのだから「年末」調整はしなくて…

「しなくていい」でなはく『してはいけない』です。

>では、私は何をすればいいでしょうか…

『源泉徴収票』を発行するだけです。

>年末「調整」していない金額でいいですか…

当然です。

>「支払い金額」「給与所得控除後の金額」…
>「源泉徴収税額」の各欄に…

そのままの金額です。

>「所得控除の額の合計額」…

所得控除は、大晦日現在の状況で判定されます。
現時点では白紙です。

>したがって、「退職所得の受給に関する申告書」の提出は不要…

「退職所得の受給に関する申告書」を提出しない場合は、20%を源泉徴収し、受取人が確定申告をすることになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2007-10-05 07:21:14

お礼

的確なご回答に感謝しております。
ありがとうございます。

混乱していたところが、おかげさまですっきりしてきました。

が、未だまだ混乱している部分があります。
それは「退職金」と「退職所得の受給に関する申告書」の関係に
ついてです。

「退職所得の受給に関する申告書」はどのような場合に必要なのか、
がわからなくなりました。

改めて投稿致したいと思っております。

投稿日時 - 2007-10-05 07:55:06

あなたにオススメの質問