こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本の社会主義制度について教えてください

日本の社会主義制度について教えてください。
福祉その他の制度は戦後、ロシアの社会主義を手本に導入されたと聞きました。
実際にどのような経緯や方法をたどったのか詳しく知りたいので教えてください。
社会主義活動家の成果ではなく、実際は国家(官僚が導入)導入しただけだとの事です。
詳しく知りたいのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2002-08-22 02:55:42

QNo.340828

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

kitakanjinさんの説明によりますと、どうやら「社会主義制度」という言葉に対しての私の解釈が間違っていたようですね。

私は社会主義というものは一つの政治思想であり、生産手段の公有と人々の経済的平等を求めるものであると思っておりました。従いまして「社会主義制度」とは生産手段の公有を実現するための諸制度と理解しておりましたが、それはどうやら違っているようですね。また、資本家と労働者の対立という視点から社会主義思想が発展してきたことから、経済的平等の中に労働者保護や広い意味での人権の確立も含まれていると思っておりました。ということで「社会福祉制度」または「社会保障制度」のことを「社会主義制度」という言葉で意味されたものであると考えておりました。

しかし、kitakanjinさんの説明によりますと、統制経済を社会主義と捉えたうえで官僚(あるいは国家)による統制が社会主義制度と捉えられているようです。

ここまで書いてきましたが、正直に言いますと、「社会主義制度」という言葉を質問者であるuedaharuoさんがどのようなものとして考えているかを知りたく思います。

投稿日時 - 2002-08-27 18:49:15

ANo.2

日本は社会主義国家では有りませんが、社会主義制度は随所に有ります。
ロシアとか社会主義活動家とは直接関係有りませんが。
世に言う、規制産業、規制業種はほぼ全て社会主義制度にあります。
例えば、あちこちで行われている”官制談合”、”割付”は典型的なもの。
以前有った”大店法”、今もある”酒類販売店規制”も同じ。
医療でも、広告規制、診療報酬の1点10円制(値引きも、上乗せも不可)。
等々、だんだん規制緩和がされてきていますが、まだまだ沢山有ります。
”官は悪い事はしない”、”民は悪い事をする”が根本に有り、
既得権を持つ民(財界、業者)が政・官に規制を頼み、政・官・財のトライアングルが消費者(国民)を搾取・縛る。典型的な社会主義です。
uedaharuoさんの趣旨に沿っていますか?
日頃の思いを書いてみました。

投稿日時 - 2002-08-27 07:56:10

ANo.1

日本は社会主義国家ではありませんし、過去にそうであったこともありません。
ですから日本に「社会主義制度」はありません(存在しないものを教えようがありませんという意味です)。

と答えただけでは冷たすぎますね。
社会福祉制度ならありますし、詳しく知りたいと言うのなら、この語をキーワードとして検索された方がよろしいかと思います。あるいはuedaharuoさんの質問文であれば社会主義的制度と書き換えるべきでしょう。

日本の福祉その他の制度は第二次大戦後にロシア(当時はソビエト連邦です)を手本としたのではなく、アメリカの占領政策の一貫として、憲法に組み込まれたり、実施されたものが多いですね。

基本的にいうと19世紀中頃から資本主義に対するものとして社会主義(資本家の存在を認めず、労働者を主体とし、社会の経済的平等をめざす)という考え方が現れてきて、労働者の懐柔という視点から疾病保険・失業保険・養老年金などの制度が必要であるという考え方が資本主義側にも生じます。これがいわゆる福祉制度の端緒で、これは社会主義思想の影響を受けたことも事実ですし、日本でも同じことです。そういう意味で社会主義活動家の成果と言いにくい部分もありますが、戦後55年体制の中で社会党や共産党が一定の支持を得てそれなりの政治勢力となったからこそ、国家や自民党政府が導入したことも事実です。

本当に詳しいことを知りたいのであれば、このようなサイトで質問するのではなく「社会主義運動史」とか「労働運動史」のような本を読むことを勧めます。

投稿日時 - 2002-08-25 17:00:41

あなたにオススメの質問