こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

フォアハンド、サーブの打ち方

僕は、テニス歴2ヶ月の初心者です。スクールに通い、ストローク・ボレー・サーブなどを一通り習いました。スクールでは、授業の最後にゲームをするのですが、その時(1)フォアハンドのストロークがオーバーして続かない、(2)サーブのトスが安定しない、の2点で悩んでいます。
コーチからは、(1)については力が入りすぎ、(2)は手首や肘を使わないように、と毎回のようにアドバイスされます。
自分では、力を入れているつもりは無いのに、ボールをスイートスポットで捕らえると、オーバーしてしまい、サーブについても、手首などを使わないようにと気をつけるほどトスがあげにくく、乱れてしまいます。
(1)については、フラットで打つのが悪いような気がします。(2)は、繰り返し練習して慣れるしかないのでしょうか。
アドバイスや練習法について、どなたかご教授お願いいたします。

投稿日時 - 2007-10-10 11:21:29

QNo.3417000

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

フォアハンドのオーバーは、要するに「面が上向き」だからだと思います。
ゲームの時にそうなりがちなのは、おそらく、いつもの練習以上にミスしないように意識してしまうため、動作も小さくなり、当てるだけのスイングになっていないでしょうか。
そうなると、ネットを防ぐため、面が上を向いてしまい、たまたま振りが大きくなったときにオーバーしてしまうのでは...

ゲームのときも、練習のようにスイングができる、というのは、レベルが上がっても難しいものですが、まずは「準備を早くする」というのを意識してみてはどうでしょう。
準備が早くなれば、振り始めにゆとりができます。
すると、スイングにもゆとりができ、打点も安定するので、必要以上に面を上に向けることもなくなってくると思います。
ゲームのときは、どうしても自分が打ったボールの行方が気になってしまうものですが、それをぐっとガマンして、相手が打つボールの方に集中し、準備を早くすることを試してみてください。


トスについては、まずはリリースポイントの意識から始めてみてはいかがでしょうか。
リリースポイントとは、ボールが手から離れる位置です。
これが低いほど、乱れる原因になります。
常に肩より上で離れるようにしましょう。
あとは、手首とか肘を使わないようにと、腕を固くしてしまうと、なかなかトスが高くあがりません。
「固くなった」と思ったら、リラックスして、トスを上げる方の腕の肩をぐるぐる回してみてください。
コーチのおっしゃるように、トスは手首や肘よりも、肩関節の動作がメインです。
トスアップの際、手首や肘を固めようとして、肩関節の動きまで固くならないように注意しましょう。

投稿日時 - 2007-10-12 16:09:52

お礼

ご回答ありがとうございます。詳しくアドバイスしていただき、大変参考になりました。アドバイスを意識して練習をして、早く克服したいです。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-21 12:41:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

http://www.mytennis.tv/contents_list.php?CTGRY=1-5

この動画サイトを繰り返し視聴し、イメージをつかんでください。
イメージトレーニングは大事です。
サーブからフォア、バックと細かく教えてくれます。

投稿日時 - 2007-10-10 11:28:05

お礼

ご回答ありがとうございます。紹介いただいた動画サイトの存在は知りませんでした。拝見しましたが、とても丁寧で、レッスンを受けているようでした。参考になりました。がんばって練習して、身につけたいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-21 12:43:49

あなたにオススメの質問